東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第13回中学校将棋団体戦埼玉県大会

2017/06/20 12:55 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

中学生の大会ですが、当教室の卒業生たちが快挙を果たしました。

6月18日にカルタスホールで行われた中学校団体戦埼玉県大会。
同じ中学校から3人組のチームで出場します。
A級とB級に分かれ、A級は3位までが埼玉県代表として、東日本大会に出場します。
参加校はA級が9チーム。B級が16チーム。
IMG_0454.jpg


A級は2つのブロックで予選。それぞれ勝ち上がったチームでトーナメントを行います。
Aブロックには三室中学校(坂本、福井、橋本)。3人とも教室の卒業生です。
予選2回戦で所沢向陽中と対戦。かなりの強豪校で、予選の大一番です。
大将の坂本君は負け、副将の福井君もほぼ必敗形でしたが、
相手が王手を見逃すという強運に恵まれ、奇跡の大逆転勝ち。
三将の橋本君も勝って、なんとか2-1で勝利しました。
これで予選通過。もし負けていたらその後の展開では代表落ちもありえたので、
この一番に勝ったのは大きかった。

Bブロックには埼大附属中。副将の小林君と三将の井上君が教室の卒業生です。
ここも予選2回戦で、戸田新曽中という強豪校を相手に、
小林君が敗勢の局面から粘りに粘って逆転勝ち。
「団体戦男」と勝手に呼んでいますが、このようなプレッシャーのかかる大一番で、
力が発揮できるのは本当にすごいと思います。
これで埼大附属中も予選通過。

本戦トーナメント準決勝では、三室中が所沢上山口中に3-0で勝ち、
決勝進出とともに代表入りが決まりました。
また、埼大附属中も新曽中に再び2-1で勝利し、決勝進出です。

というわけで、決勝で三室中対埼大附属中という、夢のカードが実現しました。
IMG_0457.jpg

結果は、副将は埼大附属中の小林君が勝ちましたが、
三室中は大将の坂本君と三将の橋本君が勝ち、
2-1で優勝となりました。

IMG_0463.jpg

IMG_0464.jpg

7月24日に東京大手町のサンケイビルで東日本大会が行われます。
それまで各自がレベルアップを図れば、十分に全国大会が狙えると思うので、
頑張ってください。


B級では、大谷場中が準優勝しました。
大将の髙田君と三将の上野君が教室の卒業生です。
B級はスイス式で4回戦行い、大谷場中は3勝1敗の成績でした。
正直、髙田君はB級だとレベルが違った感じでしょうか。上野君はよく頑張りました。
IMG_0456.jpg
スポンサーサイト

【お知らせ】第12回将棋教室対抗戦のお知らせ

2017/06/19 12:36 ジャンル: Category:お知らせ
TB(0) | CM(0) Edit

毎年おなじみの、高島平での教室ごとの5人組の団体戦です。
日程がお盆に近いため、チームが組みにくい面もありますが、
できるだけ多くのチームを出場させたいと考えていますので、
ご協力よろしくお願いします。

以下、日本将棋連盟HPより転載

第12回将棋教室対抗戦(公益社団法人 日本将棋連盟委託事業)

日時
2017年8月11日(金・祝) 9時45分受付開始
会場
「高島平区民館ホール」(都営地下鉄三田線高島平駅下車5分)

参加費
1チーム5名編成=6000円
サブ登録1名追加で1チーム6名編成=7200円
(サブ登録は申し込み時での申請が必要です、支払いは当日受付にて。全員に参加賞あり)
リーグ参加条件
「教室対抗戦」=5人の学年合計に制限のない教室ナンバーワン決定戦
「教室交流戦 王将杯」=5人の学年合計が「28以下」のチーム
「教室交流戦 玉将杯」=5人の学年合計が「20以下」のチーム
「教室交流戦 歩兵杯」=5人の学年合計が「15以下」でかつメンバー全員の認定棋力が7級以下のチーム(認定棋力につきましては教室や道場で認定されている一番上の級でご判断くださいませ)

※学年合計の計算の仕方
・中学生は1年~3年まで、すべて「7」で計上
・小学生はその学年で計上
・未就学児は、すべて「0」で計上
・+1人のサブメンバー登録の場合学年の高い5人を計算してカテゴリを決定
・チームメンバーの並びは予選、決勝を通じて固定。サブメンバーがいるチームは大将から六将まで登録し、抜け番以外のメンバーが上から順番に出場する
・各チームにキャプテンを必ず設定してください。当日チームが呼ばれたらキャプテンだけが受付にお越しください

申し込み締め切り
8月7日(月)とします

[試合形式]
「教室対抗戦」原則予選2~3対局を実施し、予選通過チームによる本戦トーナメント実施
「教室交流戦(王将杯、玉将杯、歩兵杯とも)」原則予選2~5対局を実施し、予選通過チームによる本戦トーナメント実施

・予選対局数、予選通過チーム数につきましては参加チーム数によって変動します
・教室対抗戦及び教室交流戦王将杯につきましては原則対局時計を用いた持ち時間制(秒読み付)とします。教室交流玉将杯は一定時間経過後秒読みを実施します(時間につきましては参加チーム数によって変動します)
・予選敗退チームにも慰安戦および来場棋士による指導対局があります
[入賞]
各リーグ三位までを入賞とし、表彰を行います。
慰安戦上位チームにも賞品があります。

[その他]
・空調には配慮いたしますが、当日会場内では相当の暑さが予想されます。熱中症には充分お気をつけた準備をお願いいたします
・当日昼食はついておりません、各自にてご対応ください
・昨年の将棋教室対抗戦同様、引率者の方のために「集会室」を準備しておりますが手狭な状況が予想されますのでご了承くださいませ(代表の方が引率を兼ねていただけるのであればお願いできると幸甚に存じます)
・会場裏に駐車場(有料)がありますのでお車でご来場の方はこちらをご利用くださいませ
・会場は公共施設です、ゴミのお持ち帰りにご協力宜しくお願いいたします
・終了時間は16時を予定しております

6月17日(土)の活動 

2017/06/19 11:35 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

今回の参加者は31人。戸塚東小や安行小で学校公開日でした。
学校行事があると、参加者は少なくなりますね。
今、入会の問い合わせが非常に多く(おそらく藤井四段の影響)、
新規に募集したいところなのですが、
現在の生徒数が部屋の定員ちょうどで、出席率は週によってちがうので、
もうしばらく考えさせてください。

それでは今回の結果です。

A1(二段~3級)は6人。優勝はKA.Y君(3級)、準優勝はM.N君(3級)。
KA.Y君は3勝0敗。その下は3勝3敗が3人いるという大混戦。
勝ち点を計算して、M.N君が準優勝になりました。
はじめM.N君はA1クラスで実力的にどうなるか心配でしたが、
十分やっていけそうです。

A2(4級~7級)は8人。優勝はK.H君(4級)、準優勝はN.S君(4級)。
K.H君は6勝0敗。級を上げるかどうか迷いましたが、通算で10勝4敗なので、来週また見てみます。
5級から上はおよそ3勝1敗ペースが昇級の基準になります。
他にも、この前の千駄ヶ谷で見たところ、S.Y君(6級)やT.M君(7級)も内容的には十分でしたので、
次回は昇級ラッシュになるかもしれません。

B1(10級~16級)は8人。優勝はSA.R君(11級)、準優勝はIR.Y君(13級)。
SA.R君は10級に、IR.Y君は13級に上がります。
SA.R君は内容的に10級の2人に並んだと見ました。
しかし、AクラスとBクラスの間にはまだ高い壁がありますので、
これからが大変です。がんばってください。

B2(17級~30級)は9人。優勝はKO.Y君(19級)、準優勝はI.RY君(25級)。
KO.Y君は18級に、I.RY君は24級に上がります
16級から18級で1グループできたような感じでしょうか。
しかし、実力はO.N君(16級)やT.H君(17級)のほうが上なので、
がんばって食らいついてほしいと思います。
あと、T.Yちゃん(27級)は26級に上がります
おそらく、H.Sちゃん(25級)と平手でもいい将棋になるでしょう。

以上です。
次回もよろしくお願いします。

6月の千駄ヶ谷  6月11日(日)

2017/06/15 02:00 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

6月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。参加者は10人。
かなり久しぶりに、保護者の付き添いがなく私一人で引率しました。
参加者はみんな初めてではないので、その点は大丈夫でした。

おどろいたのは、道場がものすごく混んでいたこと。
私も通算100回以上は引率で来ていますが、おそらく過去最高の混雑ぶり。
満席どころか人があふれかえって、午後から入場制限がかかるくらいでした。

これも藤井四段の快進撃による効果なのでしょうか。
たしかに、テレビのニュースや情報番組で毎日のように取り上げられて、
将棋の宣伝効果はすごいものがあります。
実は、東浦和こども将棋教室にも新規入会の問い合わせはかなりの数で来ています。
すでに生徒数が部屋の定員を超えているので、断らなければならないのが残念ですが。

さて、道場がそんな状態なので、私も中にはほとんど入れず、あまり将棋は見れませんでした。
生徒たちも大変だったと思います。
それでも昇級者は2人出ました。
T.M君(7級)は道場で11級から10級に上がりました。
まだ上にあがる力はありますよ。
S.Y君(6級)は9級から8級に上がりました。
内容的にも強くなっています。教室で5級も近いですね。

以上です。
次回の千駄ヶ谷は7月16日(日)の予定です。よろしくお願いします。

6月10日(土)の活動

2017/06/13 11:43 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

尾間木公民館は、西側から来る人にとっては坂の上にあるため、来るのが大変だと思います。
そういう私もその一人ですが。
なにせ自転車なので、荷物を軽くしないといけないので、
教室に持っていける将棋の本を減らさなければならない状態が続いています。
屋根付きのオート三輪で後ろに大きな荷台がついているのを買おうと、真剣に検討中です。
ペーパードライバー歴20年以上で、今まで原付は乗ったことがないですが。
すみませんがもう少しお待ちください。

今回の参加者は30人。美園小や在家小で学校公開日でした。
それでは今回の結果です。

A1(二段~3級)は5人。優勝はI.G君(2級)、準優勝はTI.T君(二段)。

A2(4級~7級)は9人。優勝はM.N君(4級)、準優勝はKU.R君(5級)。
M.N君は3級に上がります。
しかし、3級からは大変ですよ。今まで以上にがんばってください。

B1(10級~17級)は6人。優勝はW.R君(10級)、準優勝はM.M君(15級)。
M.M君は14級に上がります
この前の団体戦での内容から見ても、十分に強くなっています。

B2(19級~30級)は10人。優勝はKA.R君(19級)、準優勝はA.A君(22級)。
KA.R君は18級に、A.A君は22級に上がります
あと、T.Yちゃん(28級)は27級に上がります
T.Yちゃんは、相手の駒を取るのが上手になりました。
あとは、その取った駒をいかに上手に使えるかです。
なぜか女の子は、持ち駒をためこんで使おうとしない子が多いのです。
コレクションしたがる気持ちもわかりますが。

以上です。また次回よろしくお願いします。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰