東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

5月の千駄ヶ谷  5月14日(日)

2017/05/15 12:25 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

5月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。
今回の参加者は12人。

昇級者は2人出ました。

S.K君(4級)は9級から8級に。まあこれは実力的に当然かと。
攻め100%の棋風のため、一つ間違うとボロ負けになってしまうので、
道場で連勝して昇級するには向いてないですが、さすがに実力差がありすぎますね。

SA.R君(13級)は、13級から一気に11級に上がりました。
内容的にも、かなり強くなっています。
教室では13級に上げたばかりですが、もっと上かもしれません。
とりあえず教室では13級で。

あとは、KU.R君(5級)の将棋も強くなっていました。
よく考えて指せています。

S.I君(初段)は道場では2級で3勝2敗の勝ち越し。
これはけっこうすごいことです。
会館道場での2級は教室での二段にあたりますので。

S.Y君(6級)は9級で7.5勝3敗(級のついてない人に勝つと0.5勝)。
なかなかの好成績です。だいぶ自信がついたと思います。

N.Y君(7級)は道場で9級。5.5勝10敗でしたが、最後4連勝で終わりました。
次に勝てば5連勝で昇級です。
私が見ていた将棋では、序盤の駒組みにスキがありました。
そこが課題といえるでしょう。

TA.T君(1級)には、「内容が良ければ教室で初段」と言っていましたが、
逆にプレッシャーになってしまったのか、私が見ているときには悪手が目立ちました。
もちろんいい内容の将棋もありましたが。
早く初段にしてあげたい気持ちもありますが、今回ではまだですね。

次回は6月11日(日)の予定です。
また第2週目になります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

4月の千駄ヶ谷 4月16日(日)

2017/04/24 11:08 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

すっかり春です。この日もいい陽気に恵まれました。
4月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。

参加者は12名。初参加はT.M君(7級)とN.Y君(7級)でした。

T.M君は初め13級に認定されて、そこから12級に上がりました。
10級までは3連勝で上がるので、次来ればまだまだ上がりそうです。
N.Y君は初め10級で、そこから9級に。
今は道場の級は教室の3つ下が基準のようなものなので、これはよくがんばりました。
相手が悪手を指してきたら(初級者なのでけっこう多い)、しっかりととがめることができています。

昇級者は3人。
S.K君(4級)は10級から9級に。
これはむしろ当然で、まだ上がると思います。
KU.R君(6級)は8級から7級に。これはよくがんばりました。
教室の級と道場の級の逆転現象が、いたるところで起きています。
S.I君(初段)は3級から2級に!
これはすごいことです。道場は上の級になると急にレベルが上がりますので。
道場の2級は教室の二段にあたりますので、その力は持っているといっていいでしょう。
あとは教室での成績ですね。

あとはTI.T君(初段、道場で3級)が最後5連勝で終えて、昇級のチャンスを作りました。
前に書いたとおり2級が二段なので、ここはがんばりどころ。次に期待です。
たしかに、終盤の勝ち方がわかってきた感じです。

今、NHKの将棋講座で、「終盤は筋よく指そう」というのがやっていますが、
終盤の筋のよさでは、初段の2人とその下の級では、だいぶ差があるように思います。
「筋がいい」とはあいまいな言葉ですが、寄せにおいては、
相手の囲いの急所(弱点)をいかに鋭く突いていけるかが大事です。
この感覚を身につけるには、実戦での練習が半分、本などでの勉強が半分だと思います。
級位者の人はがんばってください。
もちろん、初段の2人も、まだ上には上がいますよ。

以上です。
次回の千駄ヶ谷は、5月14日の予定です。
第3週が倉敷王将戦なので、第2週にしました。
よろしくお願いします。

3月の千駄ヶ谷

2017/03/23 02:01 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

3月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。参加者は12人。
IMG_0250.jpg



初参加は2人。W.R君(12級)とSA.R君(14級)です。
2人とも初めは15級に認定されましたが、
ともに14級に上がりました。
道場では長い時間に多くの将棋を指すので、
初めての子は体力面が気になるのですが、
2人ともしっかり指せていました。
SA.R君が集中力を切らさず姿勢も良く指せていたのは、
意外と言っては失礼ですが、大きく成長した点だと思います。

今回は他に昇級者は無し。
TI.T君(初段)は道場では4級。9勝3敗、次に勝てば昇級というところで終了。
「教室の初段」が「道場の3級」と同じレベルなので、
実力でいえば上がってほしいところ。
春休みに自分で行ってみるのもいいのでは。
S.I君(初段)は道場で3級で、最後5連勝で終了。昇級の大チャンスです。
TA.T君(1級)は道場の4級、最後6.5勝1敗。これもチャンスです。
やはり、春休みに行ってみるのがいいでしょう。
兄といくのもいいし、教室の生徒どうしでも。

3連休の中日なのに、いやむしろ3連休だからか、道場は超満員で人があふれかえっていました。
なので、あまり生徒たちの将棋の内容は見られませんでした。
それでも、TA.T君やKU.R君など最近昇級した生徒は、
さすが強くなっているというのは感じ取れましたが。

次回は4月16日(日)を予定しています。
よろしくお願いします。

2月の千駄ヶ谷 2月19日(日)

2017/02/22 14:45 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

2月の将棋会館道場ツアーです。
参加者は15人。
初参加はK.H君(4級)。久しぶりの参加がN.S君(4級)とSI.R君(12級)。

K.H君は初め10級に認定されましたが、そこから勝ちまくって8級にまで上がりました。
最近、このパターン多いですね。初めはみんな緊張して力が出ないのでしょうか?

N.S君は道場で10級でしたが、9級に上がりました。実力からいえばまだ上がるでしょう。

SI.R君は、道場ツアーではなく自分で来たときに10級(!)に上がっていました。
すごいですね、というか教室の級を追い越してしまいましたが。
さすがに道場で10級だと相手が強いかな…それでもよくがんばりました。

昇級者は他にも多くいました。
T.Y君(9級)は道場で12級でしたが、今回、一気に10級にあがりました。
将棋の内容もしっかりしていたので、教室ではT.Y君を8級に上げます

TA.T君(2級)とN.T君(2級)はともに道場で5級でしたが、
今回、2人仲良く4級に上がりました。
TA.T君の将棋が、相手の弱点に手が行くようになってきており、
その点では成長が見られました。
急所の攻め、というものです。

あと昇級者は…いないよね?
人数が多いと忘れやすいので。
S.F君(四段)が最後4連勝で終わったので、二段昇段のチャンスにつなげてほしいです。

来月も同じく19日の予定です。よろしくお願いします。


1月の千駄ヶ谷 1月22日(日)

2017/01/23 11:57 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

今年最初の千駄ヶ谷です。好天に恵まれ、それほど寒くはなくて助かりました。

参加者は全部で10人。初参加はT.Y君(9級)。
道場では初めの3~4局の成績で級が決まりますが、
T.Y君はなぜか15級スタートになりました。
しかし、そこから勝ちまくり、あっという間に12級に。
これだけ勝てば、そりゃ楽しいでしょう。終始ご機嫌でした。

もう一人、かなり久しぶりの参加がS.K君(5級)。
前は2年生のとき?そのときたしか11級?
よくわからないので、とりあえず10級ということにしました。
初めは調子よく勝っていましたが、結果は5勝4敗。
本来の実力ならもっと勝てたはず。しかし、長い時間指し続けるのも久しぶりだったかな。
次に来たときは9級に上がりましょう。

今回は他に昇級者はなし。
S.I君(初段、道場で3級)が勝てば昇級の1局をむかえましたが、
惜しくも負けてしまいました。
内容的にはかなり強くなっています。寄せでするどい手が多く見られました。
TA.T君(2級、道場で5級)は7勝5敗でしたが、最後4連勝で終了。
昇級のチャンスを作りました。

あと、見ていて成長を感じたのがKU.R君(8級)です。
午前の勝った将棋では、いい手をたくさん指していました。
あとは、安定してその力を出すことでしょうか。

次回は2月19日(日)の予定です。
またよろしくお願いします。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰