東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第13回中学校将棋団体戦埼玉県大会

2017/06/20 12:55 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

中学生の大会ですが、当教室の卒業生たちが快挙を果たしました。

6月18日にカルタスホールで行われた中学校団体戦埼玉県大会。
同じ中学校から3人組のチームで出場します。
A級とB級に分かれ、A級は3位までが埼玉県代表として、東日本大会に出場します。
参加校はA級が9チーム。B級が16チーム。
IMG_0454.jpg


A級は2つのブロックで予選。それぞれ勝ち上がったチームでトーナメントを行います。
Aブロックには三室中学校(坂本、福井、橋本)。3人とも教室の卒業生です。
予選2回戦で所沢向陽中と対戦。かなりの強豪校で、予選の大一番です。
大将の坂本君は負け、副将の福井君もほぼ必敗形でしたが、
相手が王手を見逃すという強運に恵まれ、奇跡の大逆転勝ち。
三将の橋本君も勝って、なんとか2-1で勝利しました。
これで予選通過。もし負けていたらその後の展開では代表落ちもありえたので、
この一番に勝ったのは大きかった。

Bブロックには埼大附属中。副将の小林君と三将の井上君が教室の卒業生です。
ここも予選2回戦で、戸田新曽中という強豪校を相手に、
小林君が敗勢の局面から粘りに粘って逆転勝ち。
「団体戦男」と勝手に呼んでいますが、このようなプレッシャーのかかる大一番で、
力が発揮できるのは本当にすごいと思います。
これで埼大附属中も予選通過。

本戦トーナメント準決勝では、三室中が所沢上山口中に3-0で勝ち、
決勝進出とともに代表入りが決まりました。
また、埼大附属中も新曽中に再び2-1で勝利し、決勝進出です。

というわけで、決勝で三室中対埼大附属中という、夢のカードが実現しました。
IMG_0457.jpg

結果は、副将は埼大附属中の小林君が勝ちましたが、
三室中は大将の坂本君と三将の橋本君が勝ち、
2-1で優勝となりました。

IMG_0463.jpg

IMG_0464.jpg

7月24日に東京大手町のサンケイビルで東日本大会が行われます。
それまで各自がレベルアップを図れば、十分に全国大会が狙えると思うので、
頑張ってください。


B級では、大谷場中が準優勝しました。
大将の髙田君と三将の上野君が教室の卒業生です。
B級はスイス式で4回戦行い、大谷場中は3勝1敗の成績でした。
正直、髙田君はB級だとレベルが違った感じでしょうか。上野君はよく頑張りました。
IMG_0456.jpg
スポンサーサイト

第13回小学校将棋団体戦埼玉県大会(

2017/06/06 13:00 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit


第13回小学校将棋団体戦埼玉県大会  6月4日(日)

2017/06/05 13:11 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

毎年盛り上がるビッグイベント、小学校団体戦です。
クラスはA(代表を争う)とB(交流戦)に分かれます。
参加チームはAが10校、Bが14校。

まずAクラスから。予選は2つのブロックに分かれ、合わせて上位5校が決勝に。
決勝はトーナメントで3位までが埼玉県代表として、7月27日に行われる東日本大会に出場します。
他の教室との混成チームで、岸町小にTI.T君(二段)、戸塚東小にH.T君(2級)が出場しています。
埼大附属小には元生徒のS.N君(初段)もいます。
この3校を含め、全体的にハイレベルの争いでした。

予選は戸塚東と埼大附属小は2連勝で通過。
初戦で戸塚東のH.T君が勝って2-1で勝ったのが大きかった。
岸町小は埼大附属小に敗れるも、2勝1敗で通過。
TI.T君は1回戦で針ヶ谷小のエースを破る快挙を果たしました。
写真は岸町小と埼大附属小の戦い。
P1020299(1).jpg

本戦は、まず予選2勝1敗の2校でベスト4入りを争います。
岸町小の相手は所沢明峰小で、TI.T君は熱戦を制して勝ったものの、
エースのA君が相手(強豪)に敗れて、チームとしても敗退しました。
小学生名人戦県代表のA君が負けたなら仕方なしといったところです。

戸塚東と埼大附属は準決勝で対戦。
戸塚東のエースS君が一番手、埼大附属のエースN君が2番手と順番がずれたため、
勝負は3番手の戦いになりましたが、大熱戦を戸塚東が制しました。

戸塚東は決勝で熊谷西と対戦。写真は向こう側が戸塚東。
P1020309(1).jpg

2番手のH.T君が、強い相手を破る快挙を果たしました。
大将戦も混戦でしたが、S君が勝ち切り、見事決勝で3-0の完勝です。
今回はH.T君が大活躍でした。内容的にも立派です。
H.T君は教室で1級に上がります

代表をかけた3位決定戦は、埼大附属と所沢明峰の戦い。
P1020308(1).jpg

埼大附属がエースを2番手にもってくるのは、なぜか毎年続く伝統の作戦。
よって勝負は3番手ですが、埼大附属3番手のH君が勝利し、代表に入りました。

埼大附属は3連覇こそ逃しましたが、堂々の3位。
東日本大会でもがんばってください。
もちろん戸塚東も。

P1020313(1).jpg

P1020319(1).jpg


Bクラスについてはまた後で書きます。

第16回小学生倉敷王将戦埼玉県大会  5月21日(日)

2017/05/23 11:35 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

5月21日にカルタスホールで行われた、小学生倉敷王将戦です。
参加者は全部で84人。教室からは14人が参加しました。
P1020280(1).jpg

では上のクラスから順に。

A級は高学年と低学年に分かれ、全国大会行きを争うのですが、教室からの参加者はなし。
来年の出場を目指しましょう。

しかし、ここからがすごいです。

B級(二段~1級)で、S.I君(初段)が優勝しました!
優勝は初めてですね。内容的にも非常に良い将棋でした。
写真は最後の5回戦、勝てば全勝で優勝という一局です。
一進一退の緊迫した中、最後は自分の玉が詰まないことを読み切り、見事に勝利しました。
P1020285(1).jpg

S.I君は教室で二段に上がります
大会のB級で優勝し、千駄ヶ谷の道場で2級、内容的にも申し分なく、
二段の実力は十分にあると見ました。
ただ、あとは教室での成績が安定すれば、さらにいいのですが。
なにせ好不調の波が激しいので。

続いてC1級(2級~5級)では、I.G君(2級)が優勝しました
初めての優勝です。入賞も久しぶりのような。
今まで実力はありながらも、大会でなかなかその力が発揮できなかった印象ですが、
やっと大会にも慣れてきたのか、将棋の内容も良かったです。
写真は4回戦、KA.Y君(3級)との全勝どうしの1局。
P1020283(1).jpg
おたがいの意地もぶつかった力将棋でしたが、
ほぼ入玉しかけた相手の玉を、最後なんとか詰ませ上げました。

5回戦は惜しくも負けて4勝1敗でしたが、
それでも全勝者がなく、得点差で優勝できたのは幸運でした。

他にも入賞者が多数でました。
M.N君(5級)が4勝1敗で4位、KA.Y君(3級)とH.T君(2級)は3勝2敗で5位と6位でした。
M.N君は教室で4級に上がります
教室でも好成績が続いていましたが、今回の内容で決めました。強くなっています。

他にもH.A君(5級)が3勝2敗。2回戦でH.T君(2級)を破る金星をあげました。
次の大会が楽しみです。
C1級に上がったばかりのK.M君(4級)も3勝2敗。
優勢をキープできる指し方ができています。強くなっています。

C2級(6級以下)では、H.K君(6級)が優勝しました!
今まで入賞は何回かありましたが、優勝は初めてです。
H.K君は教室で5級に上がります。
教室でも安定して勝てる力はあるはずなので、さらに上を目指してがんばりましょう。
写真は5回戦。なんとSI.R君(11級)も4勝0敗で、勝った方が優勝という直接対決です。
P1020284(1).jpg
さすがに級の差があり、H.K君の勝ちとなりました。

惜しくも敗れたSI.R君ですが、4勝1敗で4位入賞という成績は立派です。
6級以下のクラスなので、他に強い子もいる中、よく勝ち上がりました。

あと、S.Y君(6級)が3勝2敗で7位に入賞しました。
4回戦でのH.K君との全勝対局は、見ごたえのある大熱戦でした。
おたがいに負けたくないというライバルの意地が見えました。

初参加のO.N君(16級)とIR.Y君(15級)はともに2勝3敗。
十分に立派な成績です。よくがんばりました。

以上です。
出場したみんなが、自信と次の目標を得ることができたと思います。
内容がよかった将棋を自信に変え、悪かった将棋を反省して次に生かしながら、
さらに上のクラスに進めるようにしていきましょう。

P1020290(1).jpg


第29回埼玉県小学生将棋竜王戦  5月3日(水)

2017/05/08 11:00 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

5月3日にカルタスホールで行われた、小学生竜王戦です。
東浦和こども将棋教室からは13人が参加。

B級(二段~1級)とC1級(2級~5級)には合わせて8人が参加。
勝ち越したのがKA.Y君(3級)の3勝2敗だけという、ちょっと厳しい結果になりました。
KA.Y君は強い相手にもしっかりと競り勝っていたので、成長が見られました。
ふだんA1クラスで鍛えられているだけのことはあります。
H.A君(5級)とM.N君(5級)は2人とも2勝3敗。
クラスの一番下の級なので、これは健闘したといえます。
次は勝ち越しと入賞が目標ですね。

C2級(6級以下)では、K.M君(5級)が優勝しました!
5戦全勝です。最後は相手のミスもあって逆転勝ちという強運にも恵まれました。
次からはC1級なので、そこからが勝負です。
他にも入賞者が多く出ました。
4位にN.Y君(7級)、5位にH.K君(6級)、7位にKU.R君(6級)と、
なんと入賞者の半分を東浦和勢が占める結果に。
6級前後の選手層は非常に厚いので、
それがそのままC1級、B級へと集団で上がっていければと思います。
あと、SI.R君(12級)は2勝3敗と、これも大健闘でしょう。

さっそく次は倉敷王将戦が5月21日にあります。
さらに上の順位をねらう生徒も、今回のリベンジを果たす生徒も、参加を待っています。

P1020278(1).jpg

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰