東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第12回将棋教室対抗戦 8月11日(金)

2017/08/13 15:36 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

今年も高島平に行ってきました。
翔風館支部主催の、将棋教室対抗戦です。教室ごとの5人組の団体戦です。

東浦和こども将棋教室からは、
王将杯、玉将杯、歩兵杯の3クラスに1チームずつ出場しました。

<王将杯 合計学年28以下>
H.Y君(四段)、S.I君(二段)、S.F君(四段)、TI.T君(二段)、TA.T君(初段)の順。
IMG_0601.jpg

王将杯は昨年度優勝しており、メンバーの実力もそれほど変わってはいないのですが、
予選1勝2敗で敗退という意外な結果に。
これは、相手との巡りあわせが悪かったとしか言いようがないですね。
あとは当日での調子。
予選2回戦で、富山県からわざわざ参加したチームと当たり、一方的に惨敗しましたが、
そのチームも入賞できていなかったので、大会のレベル自体が高かったのは間違いないです。

<玉将杯 合計学年20以下>
H.T君(初段)、O.N君(14級)、N.T君(初段)、S.K君(3級)、H.A君(4級)の順。
あ、写真撮り忘れました。
撮りにくい位置だったので、後で撮ろうとしたら、予選0勝2敗で敗退に。
S.K君とH.A君はともに2勝と頑張りましたが、
このチームはH.T君とN.T君が勝たないと苦しい。
O.N君もよく粘りましたが、これは相手が強すぎた。いい経験にはなったと思います。

<歩兵杯 合計学年15以下、全員7級以下>
N.Y君(6級)、SI.R君(9級)、SA.R君(10級)、IR.Y君(11級)、Y.H君(21級)の順。
7級以下の規定ですが、N.Y君は申込時は7級だったのでセーフ。
このクラスは、予選はなく参加7チームで総当たりのリーグ戦。
IMG_0599.jpg


このクラスも昨年は優勝しており、そのときに比べると今年は苦戦しそうに見えましたが、
結果から言うと、見事準優勝しました
チームとしては4勝2敗でしたが、個人の勝ち数で順位が決まるため、
同じ4勝2敗が3チームある中、一番勝ち数の多いチームになりました。

特に驚いたのが、Y.H君(21級)の活躍でした。5番手ながらも、個人で5勝1敗。
5番手は奥の方なので将棋の内容は見えなかったですが、
対局中は姿勢もよく、集中して指せていました。
IR.Y君(11級)やSA.R君(10級)も5勝1敗で、
この3人で勝ち星が稼げたのは大きかったです。
もちろん、大将副将のN.Y君SI.R君も、強い相手を力でねじ伏せた将棋もあり、
よく頑張りました。
IMG_0603.jpg

午後には指導対局や自由対局もあり、楽しめた一日になったのではないでしょうか。
暑い中、付き添いで来てくださった保護者の方は、お疲れ様でした。

スポンサーサイト

第13回小中学校将棋団体戦 決勝大会 8月8日

2017/08/13 14:50 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

いよいよ全国大会です。
8月8日、会場はまたもや大手町のサンケイビル。
小学校は東日本代表2校、西日本代表2校の4校しかありません。
中学校と合わせても8校です。
それが広い部屋でプロ棋士の先生も見ている前で指すので、なかなか厳かな雰囲気です。

開会のあいさつは森内九段。
IMG_0569.jpg

会場の様子。
IMG_0570.jpg

川口市立戸塚東小のメンバー。
写真奥から大将・副将・三将で、菅原君・原君・三好君です。
IMG_0572.jpg

決勝は4校によるトーナメントです。
準決勝の相手は大分大学付属小学校。
元小学生名人もいる強豪中の強豪です。
大将の菅原君は勝ちましたが、2人が負けて準決勝敗退になりました。
三好君の相手が元小学生名人。原君の相手も強かった。
健闘はしましたが、これは仕方ないところか。

3位決定戦の相手は、愛知県の名古屋市立西味鋺小学校。
何と読むのかわからなかったですが、「にしあじま」と読むそうです。
作戦を変えて、原君を大将、菅原君を副将にして挑みました。
この作戦が功を奏して、原君は負けましたが、菅原君と三好君が勝ち、
見事全国3位に入賞しました!
IMG_0577.jpg

IMG_0582.jpg


表彰式の様子。
IMG_0585.jpg

森内九段にも一緒に写真に写ってもらいました。
IMG_0596.jpg

3人ともよく頑張りました。
決勝大会に行くのは私も初めてだったので、見ているだけでも緊張しました。
埼玉県予選、東日本大会と勝ち抜くだけでも非常に大変ですが、
また来年も来れたらいいなと思ってしまします。

第13回小中学校将棋団体戦 東日本大会 7月24日

2017/07/26 02:57 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

IMG_0497.jpg

今年もやってきました。小中学校将棋団体戦の東日本大会です。
会場は今年も大手町サンケイビル。

IMG_0499.jpg


東日本地区から小学校・中学校それぞれ32校が集まり、
そのうち2校ずつが全国大会に進めます。
予選は8校ずつ4ブロック。3回戦行い3連勝した1チームが決勝進出。
決勝は4チームでトーナメントですが、1回戦で勝った2チームがそのまま全国大会に進めます。
毎度ながらわかりにくいシステムです。

中学の埼玉県代表は、
坂本君・福井君・橋本君の三室中学校や小林君・井上君の埼大附属中など3校。
埼玉県大会の優勝校であり、
その実力から全国大会出場が期待された(私や小島さんなどから)三室中ですが、
予選1回戦で岩手中学校(前回全国出場の強豪)に当たり、惜しくも1-2で敗戦。
たら・ればを言えばきりのない内容でしたが、それも含めて運も実力のうちです。
IMG_0500.jpg

気がつけば、埼玉代表の3校はいずれも初戦負けてそのあと2連勝。
仲良く2勝1敗で予選を終えました。

さて、小学校ですが、埼玉県大会優勝の川口市立戸塚東小学校に、同じく期待が集まりました。
エースのS君やM君(ともにドラの穴)に、東浦和こども将棋教室のH.T君(1級)の3人です。
写真では手前が大将で、S君、H.T君、M君の順です。
IMG_0502.jpg

とにかく3人とも予選から絶好調でした。
1回戦は千葉県の代表に3-0で勝ち、2回戦の山形県代表(山形県は毎年強い)にも2-1で勝ち、
決勝進出をかけた3回戦では、岩手県のチームに3-0と圧勝するという完璧な勝ちっぷり。
H.T君が1回負けただけで(相手はおそらく有段者)、あとは全勝です。

埼玉県の小学校が予選を突破するだけでも久しぶりですが、もうそれだけでは満足しません。
目指すは全国大会、それにはあと1勝です。

決勝はくじ引きで決まり、相手は茨城県代表、つくばみらい市立陽光台小学校。
関東でも有名な強豪兄弟のいるチームで、同じく予選では1局負けただけ。
一番当たりたくない相手でした。
IMG_0510.jpg

一番最初に決着したのは三将で、M君が一気の寄せで勝利。まず1勝。
副将のH.T君は、中盤で相手のミスがあり駒得の優勢に。
あわてて無理攻めに出た相手を、落ち着いて攻め駒を奪いに行き、さらに優勢を拡大。
このあたり、本当に強くなったなと見ていて思いました。
プレッシャーのかかる大一番で、この指し回しは見事です。
完全に駒不足の相手を、最後は慎重に追い詰めて、勝利しました。
これで全国大会出場決定です!すでに全国ベスト4以上は確定です。
最後は、白熱の大将戦をS君が勝ち切り、決勝でも3-0での勝利です。
S君もM君も神がかっていた強さでした。

IMG_0521.jpg

さて、そうなると全国大会ですが、8月8日に場所は同じくサンケイビルで行われます。
私も急きょ休みを取って、応援に駆けつけます。
もちろん、ここまで来たら、目指すは日本一です。
東日本と西日本と2校ずつで、1回戦は必ず西日本と当たります。
なので、どこと当たるかまだわかりませんが、
全力を出し切って悔いのない将棋を指してほしいと思います。

第13回中学校将棋団体戦埼玉県大会

2017/06/20 12:55 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

中学生の大会ですが、当教室の卒業生たちが快挙を果たしました。

6月18日にカルタスホールで行われた中学校団体戦埼玉県大会。
同じ中学校から3人組のチームで出場します。
A級とB級に分かれ、A級は3位までが埼玉県代表として、東日本大会に出場します。
参加校はA級が9チーム。B級が16チーム。
IMG_0454.jpg


A級は2つのブロックで予選。それぞれ勝ち上がったチームでトーナメントを行います。
Aブロックには三室中学校(坂本、福井、橋本)。3人とも教室の卒業生です。
予選2回戦で所沢向陽中と対戦。かなりの強豪校で、予選の大一番です。
大将の坂本君は負け、副将の福井君もほぼ必敗形でしたが、
相手が王手を見逃すという強運に恵まれ、奇跡の大逆転勝ち。
三将の橋本君も勝って、なんとか2-1で勝利しました。
これで予選通過。もし負けていたらその後の展開では代表落ちもありえたので、
この一番に勝ったのは大きかった。

Bブロックには埼大附属中。副将の小林君と三将の井上君が教室の卒業生です。
ここも予選2回戦で、戸田新曽中という強豪校を相手に、
小林君が敗勢の局面から粘りに粘って逆転勝ち。
「団体戦男」と勝手に呼んでいますが、このようなプレッシャーのかかる大一番で、
力が発揮できるのは本当にすごいと思います。
これで埼大附属中も予選通過。

本戦トーナメント準決勝では、三室中が所沢上山口中に3-0で勝ち、
決勝進出とともに代表入りが決まりました。
また、埼大附属中も新曽中に再び2-1で勝利し、決勝進出です。

というわけで、決勝で三室中対埼大附属中という、夢のカードが実現しました。
IMG_0457.jpg

結果は、副将は埼大附属中の小林君が勝ちましたが、
三室中は大将の坂本君と三将の橋本君が勝ち、
2-1で優勝となりました。

IMG_0463.jpg

IMG_0464.jpg

7月24日に東京大手町のサンケイビルで東日本大会が行われます。
それまで各自がレベルアップを図れば、十分に全国大会が狙えると思うので、
頑張ってください。


B級では、大谷場中が準優勝しました。
大将の髙田君と三将の上野君が教室の卒業生です。
B級はスイス式で4回戦行い、大谷場中は3勝1敗の成績でした。
正直、髙田君はB級だとレベルが違った感じでしょうか。上野君はよく頑張りました。
IMG_0456.jpg

第13回小学校将棋団体戦埼玉県大会(

2017/06/06 13:00 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit


プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰