東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

将棋会館道場(5月29日)

2011/05/31 06:19 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

東浦和こども将棋教室では、
およそ月に一回のペースで、
千駄ヶ谷にある将棋会館道場に生徒たちを連れて行ってます。

将棋会館といえば、プロ棋士が対局したりする、
将棋界の中心といえる場所ですが、
そこの2階に、アマチュアの人でも入れる道場があります。
日曜日になれば、各地から小学生が集まる道場として有名です。
特に、級位者はほとんどが小学生だと言ってもいいでしょう。
そこでいろんな子と対局して、成績によって級が認定されます。

今回は3人が参加しました。O.H君(5級)とK.S君(12級)とT.T君(12級)です。
T.T君は初めての参加です。かなり緊張していたようですね。

それがよかったのか、T.T君、かなり集中して、ミスも少なく、順調に勝っていきます。
はじめは11級を認定されましたが、その後3連勝して、10級に上がりました。
とてもうれしそうでしたよかったですね。

今回は他の2人も調子よく、
K.S君も3連勝して11級に上がりました
O.H君は最後5連勝して、次回は昇級のチャンスです


これは、K.S君の将棋から。
馬の頭に歩を打たれて、ふつうなら馬を逃げたいと思うところですが、
なんと、ここから詰ませてしまいます。11手詰めです。
2011-06-01a.png

▲2四桂△同歩▲2三銀△4二玉▲3二金△5一玉▲3三馬△4二桂▲6二銀△同金▲4二馬まで。

2011-06-01b.png

馬を逃げずに、2四桂がまさにこの一手です。これは、私も見ていて驚きました。すごいです。



今回は、参加人数は少なかったですが、みんな楽しく指すことができたと思います。
残念ながら都合により参加できなかった子も、次回はぜひ行きましょう。

スポンサーサイト

友人紹介

2011/05/29 03:37 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

5月28日、雨

今日は、F.Y君が、お友達を教室に連れてきてくれました。
私との指導将棋や、F.Y君との対局、どうぶつしょうぎなどで、楽しんでくれたようです。
このように、お友達を教室に誘ってくれると、
私としても非常にうれしいです
F.Y君、ありがとう。



今日の講座は、「駒のはたらきについて」。
たとえば、
2011-05-29a.png

先手は、5二の金と7ニの金のどちらかが桂馬で取ることができますが、
どちらを取ったほうがいいでしょうか?

この場合、相手の玉に近いほうの金を取ったほうが、
玉の守りが弱くなりますね。
このように、同じ金でも、駒のはたらきというのが、ちがうのです。


また、自分のところでも、
2011-05-29d.png
のように、金が2七にいる形よりも、
2011-05-29e.png
のように、6七に金がいるほうが、しっかりとまとまった形になります。

野球やサッカーでいうと、一つ一つの駒が選手で、自分は監督になるわけなので、
選手がしっかりと仕事ができるように、いろいろな駒に指示をあたえていくことが大切なのです。



今日の名プレーは、私とT.T君(12級)との指導将棋から。
2011-05-29j.png
先手番がT.T君。自分の玉もピンチになっており、とにかく早く勝負を決めたいところ。
ここで▲4三飛成△同銀に、取れる銀を取らずに▲4二竜としたのがうまい手。
2011-05-29k.png

以下、△3二金▲3一銀△1二玉▲3二竜△同銀▲2二金で、詰みになりました。
駒得よりも、とにかくスピードですね。



今日は、学校の用事などで休んだ生徒も多く、
AクラスBクラス全員混ぜての総当たりリーグ戦を行いました。
優勝はH.M君(4級)
準優勝はS.S君(8級)でした。
おめでとう


♪ ブログはじめました ♪

2011/05/23 05:18 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(2) Edit

「東浦和こども将棋教室」の田中直人です。
生徒のみなさん、保護者の方、こんにちは。
初めての方は、はじめまして。

まだ、ブログ初心者ですので、
手探りの状態ですが、なんとか続けていきたいと思います。

この将棋教室も、今度の7月で十年目になりますね。
意外と歴史は古いんですよ。
一年目の初めての生徒だった吉永君も、今や大学生になって、指導を手伝ってくれています。
月日のたつのは早いものですね。
ということで、現在、2人で指導しています。

では、5月21日の活動から。
ちなみに、生徒名はイニシャル表記(姓、名)です。

まず講座のおさらい。(初めの30分は大盤を使った授業形式の講座をやっています)
今回は必至のかけかたについて。その中から1問。5手必至。

2011-05-23a.png

答えは最後に。

指導対局では、私とO.Tくん(15級)の対局から。
O.Tくんがうまく攻めることができて、
最後は詰将棋のような形になりました。ここから5手詰めです。

2011-05-23b.png

ヒントをもらいながらでしたが、
最後は自分で詰ますことができました。
これも答えは最後に。

今回は全員でトーナメント戦を行い、
優勝はO.Sくん(5級)、準優勝はA.Kくん(16級)でした。おめでとう
A.Kくんは、これによって15級に上がりました。どんどん強くなっています。
O.Sくんは久しぶりの優勝かな?
優勝商品は「SHOちゃんノート」でした。



必至問題の答え ▲3二歩成△5一玉▲5二銀成△同金▲7二と
詰将棋の答え  ▲3一銀△3三玉▲4四金△同金▲4二馬




プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰