東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

小中学校将棋団体戦  6月26日

2011/06/26 22:27 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

今年も小中学校将棋団体戦の日になりました。

同じ学校の中で3人1チーム。2勝したほうが勝ちの団体戦。
予選を通過して決勝トーナメント。
そこで3位以内に入ると、埼玉県代表として東日本大会に出場できます。

東浦和こども将棋教室からの参加者は、
木崎中チームが卒業生3名。
原山小チームがO.H君(4級)とT.T君(10級)。
道祖土小チームがM.A君(6級)。
他の将棋教室の子との混成チームになります。


予選の結果は、木崎中チームが3勝2敗。
決勝には進めなかったけれど、敢闘賞ということで賞品をゲットしました。
道祖土小チームは2勝2敗。M.A君の個人成績も2勝2敗と頑張りました。

予選から快進撃を見せたのは原山小チーム。
なんと、予選4勝0敗、1位で通過して、決勝トーナメント行きです
O.H君が、ほとんど負けの状態から驚異的な粘りで大逆転した将棋は、すごかったです。


決勝トーナメントは、予選1位のためシードでベスト4から。
いきなり準決勝。
相手は埼大付属小チーム。
見事に勝利して、決勝戦進出。東日本大会行きを決めました

決勝では入間藤沢小チームに負けましたが、準優勝です。立派です。よく頑張りました。

これは決勝戦の様子です。みんな真剣です。
団体戦は、他の個人戦にはない緊張感があり、そこがいいところです。見ていて疲れますが(笑)
DSCF0058.jpg


表彰式の風景です。
DSCF0061.jpg

それぞれ賞状とメダル、賞品をもらいました。
一番の賞品は東日本大会出場ですね。
DSCF0063.jpg



東日本大会は7月28日に東京で行われます。
あと一ヶ月ありますので、さらにパワーアップして、全国大会を目指していきたいですね。
スポンサーサイト

中学生から幼稚園児まで  6月25日

2011/06/26 21:04 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

明日は埼玉県の小中学校将棋団体戦の日です。

なので、調整のため、卒業生が来てくれました。
以前は道祖土小学校チームとして出場した3人が、
今年そのまま木崎中学校チームとして出場します。

私と3面指しで指したのですが、
久しぶりに将棋をやったなという感はあるものの、
3人とも以前の強さは残ってました。

2年前には埼玉県で3位に入り、東日本大会に出場したチームなので、
中学生大会でもどうなるか期待です。




今回は、この前体験で来た幼稚園の子がまた来てくれました。

駒の動かし方は図を見ながらになりますが、
前回よりも指せるようになっていて、成長の早さを感じます。

正式に入会できるかは、しばらく様子を見たあとの判断になりますが、
このまま成長していけば、十分いけそうな気はします。



そんなこんなで、私がけっこう忙しくなってしまい、
今回のリーグ戦の将棋はあまり見られなかったのですが、
Aクラスの優勝はH.M君(4級)。準優勝はK.S君(10級)。
Bクラスの優勝はA.K君(15級)でした。

明日の団体戦には原山小と道祖土小の生徒も出場しますが、
今日は学校公開日でお休み。
明日に期待ですね。

詰将棋について  6月18日(土)

2011/06/20 13:56 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

将棋に強くなるには?

方法はいろいろありますが、
特に大事なことは次の二つですね。

一、将棋をたくさん指すこと。
二、詰将棋をたくさん解くこと。

詰将棋で大事なことは、これも二つあります。

一、できるだけ頭の中で解くこと。
二、少しずつでも毎日解くこと。

これを実行できれば、間違いなく強くなります

頭の中でスラスラと解けるレベルは、
大体10級ぐらいで3手詰、5級ぐらいで5手詰でしょう。
もちろん、難しいと思えば、盤に並べて駒を動かしてもかまいません。


今回の講座も詰将棋がテーマ。おさらいで1問。これは5手詰です。
2011-06-20a.png

答えは、▲3一角成△1二玉▲1三飛△同桂▲2一馬まで。



今日はトーナメント戦でした。
優勝はO.S君(5級)
準優勝はO.S君(9級)
イニシャルが同じですね
2人ともおめでとう。


将棋会館道場 6月12日(日)

2011/06/14 05:46 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

月に一度の、将棋会館道場の日です。

今回の参加者は、H.M君(4級)、O.S君(5級)、M.A君(6級)、T.T君(10級)、K.S君(11級)の5人。
まずまずの参加人数でしょう。
もちろん、まだ道場は初めてという人も、どんどん参加してほしいと思います。
道場については、5月30日の回を参照してください。


今回も、みんなよくがんばりました。
まず、K.S君が、3連勝して10級に上がりました。
これで、T.T君といっしょに、Aクラス入りです。
おめでとう。

T.T君も、10級になって対戦相手も強くなりましたが、十分戦えています。

M.A君は勝ち、負け、勝ち、負け、と交互に勝ち負けが続きましたが、最終的には勝ち越しでした。

O.S君は、久しぶりの道場で、かなり張り切っていました。
途中、連敗もしましたが、最後は好成績で終わりました。
次回につながりますね。

H.M君も後半になって調子が急に上がりました。
中でも、この詰ませ方はファインプレーです。
H.M君が▲8四角と打ち、相手が△7三桂と合駒したところ。5三にあるのは成銀です。
2011-06-14e.png
ここから、▲7三角成△同角▲5二銀△同飛▲同成銀△同玉▲4二飛打
2011-06-14f.png
キレイに詰みました。ここから、玉がどう逃げても詰みます。その後は考えてみてください。


あと思ったことは、参加した人みんな、対局マナーがよいです。
道場には他の小学生もたくさん来ていますが、
正直なところ、マナーはちゃんと教えてもらっているのかなと思う子も多いです。
このことは自信持っていいです。

次回の道場は7月10日(日)を予定しています。
参加お待ちしています。

AクラスとBクラス 6月11日(土)

2011/06/14 04:28 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

東浦和こども将棋教室は、生徒たちの棋力によって、2つのクラスに分かれています。
Aクラスが、1級から10級まで。
Bクラスが、11級から20級まで。

とは言っても、完全に分かれているわけではなく、
AとBの生徒で当たることもよくあります。
なるべく近い棋力の人と多く指せることがクラス分けの目的ですが、
特にBクラスの生徒には、強い人に駒落ちで挑戦することも、自分が強くなるために大切だと思います。


今回の講座は、歩や香の手筋について。
これまで、ブログにのっている問題は、難しめのが多いですが、
実際の講座では、基本的なものも多く取り上げています。

では1問おさらい。持ち駒に歩が3枚で、どう攻めればよいでしょうという問題です。
2011-06-14a.png

正解は▲2四歩△同歩▲2五歩△同歩としたところに、▲2四歩と打ちます。
2011-06-14b.png

こうすると、次に▲2五飛として、▲2三歩成とするのが、後手は受けにくいです。
ちなみに、これは「継ぎ歩にたれ歩」という、有名な手筋です。


今回の対局から一つ。先手O.H君(5級)と後手O.S君(5級)の対局で、
先手のO.H君が▲5二銀と持ち駒の銀を打ったところ。
2011-06-14c.png

これはうまい手です。相手の守りの弱点である、金のナナメ後ろをねらった手です。

そこで後手が△5三金打として、▲4三銀成としましたが、
ここでは▲5一銀成としたほうが、勝負が早く決まっていました。
次の▲5二成銀や▲4一成銀が受けにくいのです。
2011-06-14d.png

その後、後手も粘りましたが、先手が落ち着いて寄せきり、勝ちになりました。


今回はAクラス、Bクラスに分かれてのリーグ戦です。
トーナメントとリーグ戦を交互に行うことが、完全に定着してしまいました。

Aクラスの優勝はH.M君(4級)、2位はO.S君(9級)です。おめでとう
イニシャルにするとO.S君が2人いますね。
ふだんはサッカーの練習でなかなか来れませんが、来たときはがんばって指しているO.S君です。

Bクラスの優勝はT.T君(10級)。
これでもうT.T君は完全にBクラスを卒業、次からはAクラスです。おめでとう。

6月に入りました  6月4日(土)

2011/06/06 03:05 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

6月に入りました。
梅雨前の、ちょうどいい感じの暑さでしょうか。

さて、この前F.Y君が紹介した子の、入会が決まりました。
H.S君(4年)です。これで人数は15人になりました。
これから、いろんな人と指していけるといいですね。

ちなみに、イニシャル表記は姓・名の順です。この前生徒から質問されましたので、改めて。


今回の講座は、と金のつくりかたについてです。
私がみんなの将棋を見ていると、
「もっとと金がつくれるのに」と思うことがあります。

と金づくりのチャンスに気がつくよう、ふだんの将棋から意識することが大切ですね。

それでは、と金づくりの問題から、一問おさらいです。
なにか、端に手をつけたいところ。どうすればよいでしょう。
2011-06-06b.png

正解は▲1三歩です。同桂なら▲1四歩なので、同香ですが、そこで▲1二歩と打ちます。
これで、と金をつくることに成功しました。
2011-06-06c.png



今回、無料体験の子が来てくれました。
幼稚園の年中の子です。
まずは、駒の見分けがつくよう、はじめの並べ方の練習からでした。
今後、将棋を覚えていけるかは、これからの取り組み方によります。
その後はどうぶつしょうぎを行い、これは楽しんでくれました。


今回の活動はトーナメント戦です。
優勝はO.H君(5級)
準優勝はO.S君(5級)でした。
おめでとう
O.H君は、この教室ではもう4級に上げてもいいくらい、強くなってます。
今度、道場で4級昇級のチャンスなので、ここはやはり自分の力で勝ち取ってほしいですね。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰