東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

9月24日

2011/09/26 12:01 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

このところ、生徒数がまた増えていまして、

9月に生徒名簿を一度作ったのですが、

10月にまた作り直さないとならないですね。

そんな状態です。


今回の無料体験は3人。
H.M君(4級)の妹さんも来てくれました。
今、小学1年生。

思えば、H.M君も1年生のときに来たんですよね。
そのとき、妹さんはまだ赤ん坊で。
時がたつのは、早いものです。


今回、Aクラスではトーナメント戦。
優勝はH.M君。
準優勝はT.T君(10級)でした。
T.T君はAクラスでの準優勝はおそらく初めてですね。
おめでとう。

Bクラスでは、Y.Y君(18級)が前よりも強くなっています。

成績や内容がよければ、次に、
「級が上の人に勝つことができれば昇級」
としていますので、
H.S君(17級)と対戦させてみましたが、
惜しくもあと一歩届きませんでした。
また次回に持ち越しですね。
スポンサーサイト

ジュニアフリー団体戦 9月23日

2011/09/26 11:39 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

ジュニアフリー団体戦という大会が、毎年秋に開催されます。

3人一組の団体戦。学校ごとではなく、道場や将棋教室ごとにメンバーを組むことができます。

今年は、3年生以下のクラスに1チームの参加です。
O.S君、M.A君、K.S君の3人。

去年初めて参加したときは、
3年生以下のクラスは10チーム以上あり、
弱いチームもあったので、
今回、このメンバーなら結構勝てると思ったのですが…

なぜか今年、3年生以下のチームは全部で6チーム。
しかも、強いところばかりでした。
会場が東京の文京区民センターで、
関東一円から強豪チームが集まってきたのもありますが、
予定外でしたね。

総当たりで5回戦行い、
残念ながら全敗でした。
それでも、3人ともよくがんばりました。
個人成績では、O.S君が3勝2敗と、健闘していました。

みんないい経験になったでしょう。
団体戦ならではの、いい緊張感も味わえたと思います。

将棋会館道場 9月18日

2011/09/20 13:51 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

さて、9月の将棋会館道場です。

今回の参加者は7名。
初参加がK.T君(15級)
久しぶりの参加がM.Aさん(14級)になります。

K.T君は、はじめは緊張していたのか、
なかなか勝てませんでしたが、
後半になるとリラックスして、
後半戦だけなら勝ち越しの成績でした。
15級をもらいました。
もっと序盤の形を覚えていくと、
すぐに14級になれるでしょう。

M.Aさんは、得意の中飛車がうまく決まれば、
同じ14級ぐらいの子では、一気に勝てますね。
上の級の子に駒落ちで当たったとき、
中飛車でどう攻めきるかがテーマです。
今回、昇級まであと一歩のところまで行きましたが、惜しかったです。

A.K君(11級)は、勝ったり負けたりのところから、
途中一気に3連勝して、10級に上がりました。おめでとう
見ていると、勝負強いです。
昇級のかかった対局での集中力はすごいですね。

K.S君(10級)は、
はじめ絶好調で、
これは9級になるのは時間の問題だと思っていたら、
後半になって8連敗。
波が大きいですね。
勝つときの将棋だけ見ていたら、9級や8級の力はあるのですが。

M.A君(6級)は、
前日に教えた「角換わり向かい飛車戦法」を、さっそく使っていました。
もともと攻めるのが大好きですから、
これはぴったりの戦法だと思います。
実戦を積んで、使いこなせると、さらに強くなるでしょう。

O.S君(5級)は、
5級でもかなり勝ち越せるようになりました。
相手が長考派のおじいさんのとき、
普通の子どもなら相手のペースにイライラするところを、
負けじと長考して、しっかり指して勝ったのは、さすがです。

O.H君(4級)(道場では5級)は、
勝つときは当たり前のように勝ちますが、
負けるときは、中盤で自分から形を窮屈にしてしまい、
駒の働きが悪くなって負けることが目立ちます。
駒を「さばく」(交換などして形を整理して、動きやすくする)という感覚を身につけるといいでしょう。
それでも、大きく勝ち越し、最後も4連勝で終わりましたので、
次回に期待できます。


今回、みんな収穫もあり、楽しめたと思います。
また次回、10月の中旬に予定しています。

あと、「もっと指したい」「3時に道場を出るのは早い」と言う子が多いですね。
時間をのばせるか、検討してみます。

9月17日

2011/09/20 13:09 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

今回も生徒数が多かったです。

なんと19名。さらに見学者1名。

先週見学に来たN.H君も新しく入会しました。
S.S君(8級)の紹介で入った子です。

まだルールを覚えたてですので、
これから将棋の面白さがわかってくると思います。

途中、W.H君(19級)が、いろいろと教えながら指してくれました。
まだ1年生ですがエライですね。ありがとう。



人数が増えると、
近い級で指せる相手も増えるため、
ライバルができやすいんですね。

これが、強くなるためには、大事なのです。

1つ上の級の子に平手で勝つ、
または、
2つ上の級の子に香落ちで勝つことを
目標にしていくといいでしょう。




今回、Aクラスはリーグ戦。
優勝はO.H君(4級)。
おめでとう。
これだけ勝っていると、この教室の中では3級にしたくなりますね。
2位はO.S君(5級)でした。

Bクラスでは、H.S君(18級)が、また一回り強くなりました。
O.T君(13級)と飛車香落ちで指しても圧勝でしたので、
17級に上がりました。おめでとう。


結局、けっこう忙しく終わってしまいました。
9月からの生徒名簿をまだ受け取っていない方は、私まで。

9月10日

2011/09/12 10:18 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

いきなり、どうしたんだろう?
というくらい、ここ最近、入会者や見学者が多いです。

今回、見学者が4組でした。

S.S君(8級)からの紹介をうけた子もいました。
ご紹介ありがとうございます。

見学者や初心者には、できるだけ私が直接指導する、
ということをモットーにやっていますが、

いやはや、これだけ多いと、なかなか他のことに手が回りませんでした。

たまたま今回、吉永先生がお休みだったんですよ。
大学の合宿ですから仕方ないですが。

そんな中、
Aクラスはトーナメント戦でしたが、
みんな自主的によくやってくれました。

優勝はS.S君(8級)でした。
トーナメント優勝は久しぶりですね。
おめでとう。


今回、新しく生徒名簿を作ったのですが、
最後のほうもドタバタして、
全員にいきわたってないと思います。
もらっていない方は、次回お渡しします。

新入会者続々と  9月3日

2011/09/04 09:08 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

夏休みも終わり、9月最初の活動です。

新入会の生徒が2人来ました。
K.H君(2年)とW.H君(1年)です。
ちなみに、イニシャルは姓→名の順です。

2人とも級はこれから正式に決めていきますが、
18級ぐらいになりますね。
今、18級近辺が6人いて、一大グループになっています。
平手で指せる相手には困りません

そこからまた強くなると、将棋の面白さがさらにわかるようになります。
上の級を目指して、がんばってほしいと思います。


Aクラスはリーグ戦を行い、優勝はH.M君(4級)でした。
夏休み中は塾の夏期講習でなかなか来れなかったですが、
力は落ちてないですね。さすがです。


O.T君(14級)は、今日の対局の内容から、13級に上がりました。
このまま伸びていけば、Aクラス入りも見えてきます。
さらにがんばっていきましょう。


今月のお知らせにもある通り、
千駄ヶ谷の将棋会館道場には18日に行きます。
よろしくお願いします。

千駄ヶ谷将棋会館道場 8月28日

2011/09/02 12:25 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

さて、今月も千駄ヶ谷将棋会館道場に行ってきました。

参加者は5名です。
O.H君(4級)
O.S君(5級)
M.A君(6級)
T.T君(10級)
A.K君(12級)

このところAクラスの将棋をじっくり見ることが少なく、
私も楽しみでした。
はい、じっくり見ることができました。一人ずつ書いていきます。

O.H君は、道場での級は5級ですが、教室では4級です。
実際見ていても、力は少なくとも4級、またはそれ以上ですね。
終盤の読みの力、粘りは他の5級の子とは大違いです。
しかし、中盤であっという間に不利になることがあり、
力が出せないまま負けてしまうことがあります。
中盤でも粘りがほしいですね。
負けるときは、素直に押し切られているような感じです。


O.S君は、前より一段階レベルアップしました。
道場でも、5級で勝ち越せるようになってきました。
4.5級といったところでしょう。
相手も5級くらいになると、一方的なミスで勝負がつくことは少なく、
相撲のような押したり引いたりの感覚になるのです。
そこがわかってきたように思います。
前は、いきなり突撃したりと、将棋が軽かったのですが。


M.A君は、急に四間飛車をやりだしました。
しか、まだ指し方が覚えきれてなく、かなり苦しいです。
この教室の先輩たちもそうだったのですが、
居飛車から四間飛車に戦法を変えても、なかなか勝てないのです。
攻めるのが好きな人は、絶対に居飛車のほうが向いています。
または中飛車もありますが。


T.T君は、今回は8局指すことができました。
今までは、頭が痛くなったりと、長い時間指すことが大変でしたが、
今回よくがんばったと思います。
将棋の内容も悪くないので、
これからも指し続けることができれば、
級はどんどん上がっていくと思います。


A.K君は、今回11級に上がりました。
11級には3連勝すると上がれるのですが、
3連勝目の将棋がすごかったです。
自分の玉に王手がかかっていて、
でも2人とも気がつかずに何手か指し、
そして相手の王に王手をかけ、相手が気がつかずに王を取って勝ち。
後で話を聞くと、
途中から自分の玉に王手がかかっていたのは知っていたが、
相手も知らなかったので、逆に王手をかけて取ったと。

・・・いました、小さな勝負師です。

10級ぐらいまでは、2人ともミスの連続で、逆転逆転また逆転の将棋になることが多く、
そこで勝ちきるのは、何か持っている子なんですね。
期待できます。


というわけで、全体的にみんなよくがんばっています。
この調子で、どんどん強くなっていきたいですね。
また、今回道場に行けなかった子も、次回お待ちしています。

夏休み最後の活動 8月27日

2011/09/02 11:23 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

またしても更新が遅れてすみません。

本業(塾講師)の夏期講習がやっと終わりました。

これからは時間に余裕ができましたので、早めに更新していきます。

さて、子供たちにとっては楽しい夏休みですが、

たくさん将棋指せたかな?
詰将棋の本は読んでいたかな?

しっかりと取り組んでいる子は、
私から見ても、強くなっているのがわかります。

今回の活動には、無料体験の子が3人来てくれました。
さすが夏休みです。

そうなると私は手いっぱいで、頭もいっぱいになってしまいましたが
見たかぎりで書いていきます。


トーナメントはO.H君(4級)が優勝です。
H.M君が来ていないと、勝負を勝ちきる強さでは一人抜け出しているような感じです。
この教室内では3級?


O.T君(14級)はK.S君(10級)に勝ったら13級に上げるという条件をつけましたが、
今回は惜しくも逆転負け。
次回もう一度チャレンジしてもらいます。
終盤になると力の差がまだ出ますね。
そこだけ見ると、K.S君も10級より上の実力なんですが。
2人とも級を上げることもあるかもしれません。


この前新しく入ったO.A君は、前回よりもしっかりした将棋が指せていました。
はじめ19級をつけたのですが、さっそく18級に上げます。
詰みがもっとわかるようになれば、さらに級は上がっていくでしょう。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰