東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

11月の千駄ヶ谷  11月25日(日)

2012/11/27 13:24 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(-) | CM(0) Edit

いい天気にも恵まれました。
11月の千駄ヶ谷です。

今回の参加者は13名。


まずは昇級者から。

I.T君(8級)が7級に上がりました。
本当に、道場に来るたび級が上がっています。
すごいです。
普段から将棋に向き合っていることがわかります。


KH.T君(6級)は、道場では7級ではじめましたが、
すぐに5連勝して6級に上がりました。
これで、道場でも教室でも文句なしの6級です。


昇級者は以上ですが、
他にも調子のいい子は多くいました。

O.A君(9級)の将棋は一回り強くなったような感じがします。
ミスが減りましたね。

O.T君(5級)は、教室では4級にしてもいいレベルです。
今度考えましょう。

O.S君(2級)は、相手の手をしっかりと読んだ手が指せています。
一方的に負けることはないですね。まさに上級者の将棋です。

その逆に、K.S君(5級)は、勝つときは非常にいい将棋を指すのですが、
ちょっと目をはなしたスキに、いきなり負けになっていたりします。
M.A君(3級)も、そういうところがありますね。
強くはなっていますが、もうちょっと安定して勝てるように。
2人とも攻め好きですが、「ここは守るべきところ」の見きわめが大切です。


あと、道場でなかなか勝てない子は、「駒得」をもっと考えてください。
対局中どちらが有利かの形勢判断は、
駒の働きや玉の堅さなどいろいろな要素がありますが、
級位者の場合、ほとんどが駒の損得で有利か不利かがはっきりします。
駒が成ることや、駒がよくはたらくことも、結局は駒得へとつながります。

駒損しても少ない駒で攻めをつなげるのは、有段者しかも高段者のやることです。
級位者はとにかく駒得と考えましょう。


次回の千駄ヶ谷は、12月9日(日)の予定です。
2週間後ですね。
早いですが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

10周年記念パーティー(2)

2012/11/25 03:07 ジャンル: Category:将棋教室内イベント
TB(-) | CM(0) Edit

前回のブログの続きです。

9時から将棋大会を行いました。
なるべく早い時間で終わるようにということと、
なるべく平手での勝負が多くなるようにと、
かなり細かくクラス分けしました。

各クラスの入賞者。
優勝・準優勝の順です。
(2~4級)O.H君、M.T君
(5~6級)O.T君、KH.T君
(7~8級)A.K君、I.T君
(9~10級)S.S君、O.A君
(11~15級)I.H君、H.Mちゃん
(16~20級)T.K君、F.H君
(初心者)N.H君とI.K君(引き分けにより2人とも優勝)

私が用意した賞品は、
駒キーホルダーと棋士サイン入りタオル・手ぬぐいでしたが、
U.K君のお母さんが駒袋を作っていただいて、
優勝者への賞品に加えさせていただきました。ありがとうございました。

そういえば、将棋大会中の写真がないですね。
私が撮ろうと思っていましたが、すっかり忘れてました。

賞品がいつもより豪華なせいか(?)、
気迫のこもった対局が多く見られました。


また、パーティーでは、ビンゴ大会を行いました。
目玉賞品である「高橋和の将棋かるた」はKB.T君が、
そして「全棋士署名扇子」はN.H君がゲットしました。
DSCF0376.jpg
N.H君うれしそうな顔です。私にはわかります。


他の写真です。
DSCF0382.jpg

DSCF0365.jpg

DSCF0368.jpg

DSCF0369.jpg

DSCF0387.jpg





10周年記念パーティー(1) 

2012/11/24 14:10 ジャンル: Category:将棋教室内イベント
TB(0) | CM(0) Edit

11月23日
東浦和こども将棋教室の10周年記念パーティーを、
みなさまのご協力のもと、
開催させていただきました。

いやー、もう、感謝の気持ちでいっぱいです。

生徒たちからの寄せ書きをいただいたのには、
本当に感動しました。
ビッグサプライズでしたね。
またこれが、みんなの「強くなりたい」という
力強いメッセージにあふれていて、
これからも頑張らなければという励みになります。


パーティー冒頭の私のスピーチですが、
私もともとスピーチ下手でして、
東浦和こども将棋教室の10年の歴史について、
話したいことの多くが頭から飛んでしまいました。あーあ。

現在、奨励会3級でプロを目指している岡井君のことや、
道祖土小や原山小が団体戦の埼玉県代表になったことなど、
話すつもりだったのですが。
だめですねー。


写真は吉永先生がたくさん撮ってくれて、
どれもいい写真なので選ぶのも一苦労です。
なので、ほんの一部を掲載します。

続きはまた次回のブログで。

DSCF0351.jpg


DSCF0366.jpg


DSCF0360.jpg


DSCF0371.jpg


DSCF0377.jpg


DSCF0353.jpg


DSCF0384.jpg


DSCF0389.jpg

JT日本シリーズ子ども大会東京大会 11月18日(日)

2012/11/19 10:03 ジャンル: Category:将棋大会
TB(-) | CM(0) Edit

今年もやってきました。
日本一大きな将棋大会といってもいい、いわゆる「JT」です。
会場は東京ビッグサイト。遠いです。大きいです。
DSCF0332.jpg



低学年の部と高学年の部に分かれ、
参加人数は全部で3000人を超えました。
当然、会場は子どもたちと親御さんたちでぎっしりです。
DSCF0335.jpg


東浦和こども将棋教室からは13名が参加。
予選は3局指して、全勝しないと本戦トーナメントに出られないという厳しさですが、
なんと今回、予選通過者が4人も出ました。
A.K君(7級)、K.S君(5級)、O.T君(5級)、U.K君(4級)です。

いずれも低学年の部です。
高学年のほうは、運悪く有段者と当たってしまったようです。こればかりは運ですね。

本戦では、K.S君が一回戦、二回戦を勝ち、
三回戦で負けましたが、それでもベスト64(たぶん)の大活躍でした。

特に一回戦は、ギャラリーも多く集まる大熱戦に。
手前の緑色の服がK.S君です。
おっと、プロ棋士の勝又六段も見に来ていますね。
DSCF0344.jpg


今回は朝早くからの出発で(去年が大行列に巻き込まれたため)、
保護者の方もずっと付き添いで大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

しかし、子どもたちは元気ですね。

11月17日(土)の活動

2012/11/19 09:51 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(-) | CM(0) Edit

雨が降りそうで、降らずに来ることができました。
帰りは少し降りましたが。

今回の参加者は23名。
加えて、見学に来た子が1名。K.Rちゃん(2年)という女の子です。
しかも、入会が決まりました。
現在、女の子はH.Mちゃんしかいなかったので、
H.Mちゃんも喜ぶことでしょう。
まずはCクラスからのスタートです。がんばっていきましょう。


A1クラスは8人でトーナメント。
優勝はM.T君(4級)、準優勝はK.K君(5級)。

A2クラスは6人でリーグ戦。
優勝はW.H君(9級)、準優勝はO.A君(9級)。
W.H君は8級に上がります。おめでとう。

Bクラスは6人でリーグ戦。
優勝はT.K君(18級)、準優勝はT.H君(17級)。
T.K君は17級に上がります。おめでとう。

Cクラスは3人でリーグ戦。優勝はI.K君。
今回はしっかり指せていました。
これが続くようならBクラスですね。


次回の活動は、いよいよ10周年記念パーティーの日となります。
23日(金・祝)、第7第8セミナールーム。
将棋大会は9時開始です。
よろしくお願いします。

11月10日の活動

2012/11/11 09:36 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(-) | CM(0) Edit

今週は、学校公開日のところが多かったです。
三室小、芝原小、附属小など。

そのため、参加は13人。
先週は久しぶりの大人数でしたが、
今週は逆に久しぶりの少人数でした。


AクラスはA1、A2まとめて6人でリーグ戦。
U.K君(4級)、M.T君(5級)、K.S君(5級)が
3人とも4勝1敗で、直接対決も3すくみ状態のため、
時間もなくじゃんけんで決着へ。
結果、優勝はM.T君(5級)に。
形はどうあれ、M.T君は何か優勝したら4級に上げようと思っていたので、
これで4級に上がります。おめでとう。

準優勝はU.K君(4級)。3級に上げてもよかったのですが、
他の人の将棋を見ているときの態度がよくなかったので、昇級はおあずけとします。
もっと静かに見れるようになりましょう。


BクラスはB1、B2まとめて7人でリーグ戦。
1人だけCクラスのK.M君が余ってしまうため、
K.M君を24級として試しにBクラスに入れてみました。
うーん、まだちょっと厳しいかな。
盤をよく見て駒を取る、または取られないといった基本が身につかないと
何級にしても勝てなさそうです。
優勝はS.N君(15級)、準優勝はM.R君(15級)でした。
S.N君はこれで14級に上がります。おめでとう。


来週の18日は日本シリーズこども大会です。
参加者は朝7時30分に浦和駅集合です。みんなで行きましょう。
去年は遅かったので大行列に並ばされ、席も全然確保できなかったので、
今回は入場開始に間に合うようにしたいと思います。
それでも、行列は覚悟して、席も取れるか不安ですが、
あまり早すぎても大変なので、7時30分としました。
よろしくお願いします。



彩の国小学生名人戦  11月4日

2012/11/06 07:59 ジャンル: Category:将棋大会
TB(-) | CM(0) Edit

11月4日(日)に北浦和のカルタスホールで行われました、彩の国小学生名人戦です。
5回対局して、その成績によって順位をつけます。

各クラスと参加者は以下の通り。
A級(三段以上)
B級(二段~2級) O.H君、O.S君
C1級(3級~5級) U.K君、M.T君、O.T君、K.S君
C2級(6級以下)KH.T君、I.T君、H.Y君、W.H君

全体の参加者は、各クラスとも20名ほど。
写真はC2級の対局風景です。
DSCF0320.jpg



まずB級から。
今回から教室の級を基準にクラス分けすることになり、2人とも初めてのB級に。
そのため、O.H君が1勝4敗、O.S君が0勝5敗という厳しい結果でしたが、
2人とも初段を目指すという目標がある以上、スタートとしてはこれでいいと思います。
内容的には、もう少しで勝てる将棋がいくつもありました。
敗因を次の将棋に生かしてほしいと思います。


C1級はO.T君が4勝1敗で3位に入りました。
また、ともに3勝2敗で、M.T君が6位、U.K君が7位に入賞しました。おめでとう
U.K君はC1級初入賞ですね。
DSCF0328.jpg

また、今回、O.T君の指し回しが見ていて光りました。
いわゆる「押さえ込み」といって、
上から圧力をかけて、相手の駒の働きが窮屈になると、それで形勢をよしとして、
その有利をキープして指していく感覚です。
形勢判断力が必要なので、上級者以上の感覚なのですが、
それが自然と身についているように見えました。
「有利なときはむやみに駒を交換してはダメ」というのもわかっていますね。


C2では、ともに3勝2敗で、W.H君が6位、H.Y君が7位に入賞しました。おめでとう
DSCF0325.jpg
いろいろな生徒の将棋を見て回っていたのですが、
このクラスでは、少し目を離すと、
もう決着がついていたり、必勝(必敗)の局面になっていたりと、まあ忙しいですね。
ここぞという局面で、盤全体をよく見ることができれば、
もっと勝てるようになるはずです。


あと、団体戦原山小チーム大将のS.A君がA級で出ていました。
彼は二段なのでB級でいいのですが、自分からA級で出たいと変更したのです。
すごいですね。強くなる子はこうなのだと、私も教わりました。


まだまだ今月来月と将棋大会は続きますので、
みんながんばっていきましょう。
保護者の方も大変でしょうがご協力よろしくお願いします。

26人  11月3日の活動

2012/11/03 23:48 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(-) | CM(0) Edit

涼しくなってきました。
今まで厚手のシャツだと暑いくらいでしたが、もう朝は寒いくらいですね。

そんな中、よく集まりました。全部で26人。すごい出席率です。

A1クラスは8人でトーナメント。
優勝はO.T君(5級)、準優勝はM.T君(5級)。
2人とも4級かな?
昇級候補なのはまちがいないです。
M.T君はこの前の大宮でも絶好調でしたので。
また次回ですね。


A2クラスは7人でリーグ戦。
優勝はKH.T君(7級)、準優勝はI.T君(8級)。
KH.T君は全勝でした。ここでは圧倒的な強さですね。
なので、文句なしで6級に上がります。
ただし、A1クラス入りはもう少し様子を見ます。
A1とA2の間には実力の差がまだありますので。


BクラスはB1、B2まとめて9人でトーナメント。
Bでトーナメントは久しぶりですね。
いい刺激になったのか、みんな真剣に集中して指していました。
優勝はT.H君(18級)、準優勝はT.K君(17級)。
T.H君は17級に上がります。おめでとう。強くなっています。
T.K君は昇級候補ですね。次回また見てみましょう。


CクラスはI.K君とK.M君の2人だけ。
なので、5番勝負で、3勝したほうが勝ちとしました。
これが思いのほか大熱戦で、
はじめI.K君が2勝した後、K.M君か3連勝で逆転勝ちでした。
内容的には、王手の見逃しによる決着がほとんどで、
まだBクラスに入れるとかわいそうかなというレベルですが、
5局ちゃんと指しきったのは大きいですね。よくがんばりました。


見ていて気になる点が一つ。
対局でのあいさつができている子とできていない子(または声が小さい子)に分かれてしまっています。
あいさつの声が聞こえないときはその場で注意していますが、
何度も言われている子もいますね。

小学生の将棋大会で、有段者のクラスを見ると、みんなあいさつがしっかりしています。
特に、「負けました」がはっきり言えているのが、大きな違いです。
有段者ともなると、大会への意気込みは相当なものですから、
負けるとかなり悔しいのですが、それでも潔く「負けました」と言えるのは、
これはもう、精神的に強いということになるのです。

「あいさつがしっかりとできる子は強くなる」というのは、
私もよく聞く言葉ですが、本当のことだと思います。
もちろん、あいさつは大切なマナーですから、強い弱いとかいう以前の、当然のことですが。

これについては、今後もより口うるさく指導していきますので、
言われている子は、何度も言われないように、
元気ではっきりとしたあいさつができるようになりましょう。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰