東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

5月31日(土)の活動

2014/05/31 23:57 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

暑かったですね。夏のような暑さでした。

この日は道祖土小、中尾小、岸町小など多くの学校で運動会でしたが、
暑さは大丈夫でしたでしょうか。
そんなわけで、参加者は少なく、22人でした。

A1(1級~5級)は10人。優勝はH.Y君(2級)、準優勝はM.S君(3級)。
H.Y君は6勝0敗。上の級に休みが多いとはいえ、すごいですね。
次回、上位陣との成績によっては、1級もありえます。

A2(7級~10級)は5人。優勝はS.I君(7級)、準優勝はK.H君(8級)。
K.H君は7級に上がります。
この前の水曜教室でも、強くなっていることは十分にわかりましたので。
S.I君とN.Y君(10級)も上げてもいいかなとは思いましたが、
次回、人数がもっと多いときの成績で決めます。

B(13級~28級)は6人。Bクラスにしては珍しいくらいの少人数でした。
優勝はH.T君(13級)、準優勝はT.J君(17級)。
2人とも、同じくらいの級の子がいなかったので、昇級の参考にはなりません。

このクラスでは、駒落ちはどうしても上手(うわて)有利になりやすいですね。
(もちろん、Aクラスでも上手有利ですが、特にBクラスという意味で)
K.Rちゃん(21級)やS.R君(24級)も中盤までは強くなってはいるのですが、
詰めが甘いと上手にはなかなか勝てません。
寄せというより詰めですね。

逆にいうと、詰めの力がつけば驚くほど急に勝ち上がれるのがBクラスです。
やはり、毎日少しずつでも、家で詰将棋をやってほしいです。
まずは1手詰、できれば簡単な3手詰で練習するといいでしょう。

あと、Bクラスでは、I.G君を28級として、正式にBクラス入りとします。
M.K君(28級)と同じくらいの力があると見ていいでしょう。
2人で競い合って、上の級の子に近づいてほしいと思います。


スポンサーサイト

5月28日の水曜教室

2014/05/29 04:37 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

ブログの更新時刻が、深夜どころか朝方近くになることが多く、
「大丈夫ですか」とよく聞かれます。

原因は二つありまして、
1、塾の仕事で、書類などを家で作成する作業を優先するとき。
2、帰宅してすぐ寝てしまい、夜中に起きだしてブログにとりかかるとき。

今回は2のパターンです。

1のときは、2~3日遅れることもあります。
家だと、だらだらと作業してしまい、なかなか進まないのですが。

それでは、今回の水曜教室です。参加者は9人。

初参加はK.H君(8級)。
一応私とは12級差になるので六枚落ちで指しましたが、
じっくりと駒組みされた上に端を攻められて、私は何もできずに完敗でした。
次からは四枚落ちですね。

先週に続いて、I.M君(水曜だけ参加の一年生)が来てくれました。
そろそろ、級を決めないとですね。
水曜だと、平手で指せる子が誰もいないので難しいところですが、
12級ぐらいだと思います。
六枚落ちで、H.Y君S.F君O.A君には負けましたが、O.T君には勝ったので、
力は十分にあります。
上級者に六枚落ちで勝っていくことが目標になるでしょう。

そのO.T君(1級)ですが、私に飛車落ちで勝ちました。
本来、飛車落ちでは、上手から仕掛けると無理攻めになりやすいのですが、
攻め切れるだろうと私が楽観していたのが敗因です。
それにしても、よく受けきりました。お見事です。

M.T君(二段)との角落ちは、私がリベンジしました。
こちらは、私の無理攻めがなんとか通ってしまったという展開です。
感想戦では、正しい受けの手順を発見できました。
もう次からは、この攻め筋は通用しませんね。


6月の水曜教室の日程です。
 4日 第1セミナールーム 4時~9時
11日 第1セミナールーム 4時~9時
18日 第2セミナールーム 4時~9時
25日 第1セミナールーム 4時~9時

まだまだ人数が増えても大丈夫です。参加者全員に指導対局できます。
よろしくお願いします。

野口杯ジュニア交流戦の結果 5月25日(日)

2014/05/26 11:49 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

5月25日に、東京の練馬で行われた、
第1回野口杯ジュニア交流戦の結果です。

参加したのはFK.H君(5級)とT.H君(7級)の2人で、
5級~9級のクラスで、
FK.H君が優勝、T.H君が4位に入りました。
おめでとうございます。
よく頑張りました。

5月24日(土)の活動

2014/05/26 11:42 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

いい天気でした。運動会にはちょうどいいですね。

この日は多くの小学校で運動会があり、参加者は少なめの24人。

前回、体験で来てくれたH.K君(川口市立安行小1年)が、正式に入会しました。
Bクラスで、20級からのスタートとします。
頑張っていきましょう。

それでは、今回の結果です。

A1(初段~2級)は6人。優勝はT.Y君(1級)、準優勝はM.A君(初段)。
T.Y君は初段に上がります。
十分に初段の力はありますね。あとは千駄ヶ谷で初段を目指しましょう。

A2は今回、4級から10級まで。8人。
優勝はFK.H君(5級)、準優勝はI.K君(4級)。
やはり上の級のほうに勝ち星が集まりますね。駒落ちとは言っても。
今回は3級が全員休みだったので、昇級は次回また見てみます。

B(12級~30級)は8人。優勝はK.I君(19級)、準優勝はT.T君(12級).
K.I君は8勝0敗の完全優勝でした。18級に上がります。
あと、M.K君(30級)も強くなっており、28級として、正式にBクラスに入ります。

Bクラスを見ていて思うのは、
対局のときのあいさつがまだ不十分というか、聞こえてこないことが多いです。
「おねがいします」「ありがとうございました」は当たり前として、
負けたときの「負けました」がなかなか聞こえてきません。
本人に聞くと「いや、言ったよ」とはいっても、
私がとなりにいて聞こえないようでは、まだまだダメです。
もう一度、あいさつのキャンペーンというか、
はっきりと言えるように、みんなで心がけていきましょう。

5月21日の水曜教室

2014/05/23 04:11 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

雨でしたね。今回の参加者は7人。

水曜教室だけに新しく小学生が来てくれました。小学生は初ですね。
イニシャルでI.M君。1年生です。
土曜に来てくれれば、Bクラス上位はありそうです。
3手詰はまだやっていないということでしたが、
本を渡すとものすごいスピードで解き進めていました。素質はありますね。

K.T君(3級)は先週に続いての参加。
今回はH.Y君(2級)に勝つなど3勝0敗で、絶好調でした。

M.T君(二段)は私に角落ちで勝ちました。
ほとんど一面指しでしたから、実力で勝ったといえます。
中盤私に痛いミスがありましたね。
端攻めを軽視していたのも敗因といえば敗因。
勉強になりました。またよろしくお願いします。

5月の千駄ヶ谷 5月18日

2014/05/21 03:33 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

いい天気でした。絶好の行楽日和ですね。

今回の参加者は14名。

初参加はN.Y君(10級)とT.T君(12級)。

まずN.Y君は11級に認定されてから、あっという間に3連勝で10級に。
その後も5勝3敗と好調でした。
T.T君ははじめ14級で、その後勝ちまくって一気に12級に。
教室と同じ級が目標でしたので、2人とも目標達成になります。

他に昇級者は、FK.H君(5級)が9級から7級に、
M.S君(3級)が6級から5級に。
まだまだ、教室の級とは差があるので、次回も期待しています。

教室の級と近い子では、
M.A君(初段)が1級で8勝4敗。
A.K君(4級)が5級で10勝7敗。
I.T君(1級)が2級で7勝4敗。
H.Y君(2級)が3級で8勝5敗。
と、好調な子が多くいました。
昇級のチャンスもあっただけに、そこは勝負強さが必要なところ。

数多く対局するのはいいことですが、
疲れが出るのか、午後からは雑な将棋が目立ちました。
とはいっても、早めにやめてしまうのはもったいないので、
ほどほどに休けいをとりながら指すのがいいと思います。

あと今回、将棋を見ていて、実戦の詰将棋になっている局面が、かなり多くありました。
非常に珍しいです。もちろん喜んで採集しました。
一応、ちゃんとした詰将棋になるように、形は少し変えて出題します。
まだ答えは書きません。要望があれば後日書きます。

まず一つ目。7手詰。これは簡単なほう。
2014-05-21a.png

続いて5手詰。入玉形だが、解きやすいほうかも。
2014-05-21g.png

これは7手詰。少し変えましたが、似たような手順でM.A君は詰ましました。
手順前後に注意してください。
2014-05-21c.png

9手詰。
昔から有名な手筋ですが、まさか本当に現れるとは。
初手3一銀だと、1二玉と逃げられて詰みません。
2014-05-20g.png


11手詰。余分な持ち駒をなくしただけで、なんと実際にこの形でした。
2014-05-21d.png

次は持ち駒が余るので不完全作ですが、これも実際の形から。
最長で13手詰。玉方の粘りにも注意してください。
2014-05-21f.png

最後は19手詰。余詰(正解以外の詰め筋)を消すために形は変えましたが、
詰み筋はほぼ実際の形のと同じです。
打ち歩詰め回避の手筋って、実際の将棋にあったんですね。
詰ませたらかなりの腕前です。
19.png



来月の千駄ヶ谷は、団体戦の前の調整という意味でも、
6月15日(日)に行きたいですが、
私の仕事の都合をどうにかしないといけないので、未定とさせてください。

5月14日の水曜教室

2014/05/15 00:06 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

今回の参加者は8人。

初参加はK.T君(3級)。
今後、フットサルを始めたいということで土曜の教室には来れなくなりますが、
その分、水曜の教室のほうで頑張ってください。

M.S君(3級)は久しぶりの参加。
「自分の玉を固めてから攻める」ことが今回のテーマでした。
今までは、玉が薄くても勝ってしまうことが多いM.S君でしたが、
これから上級者との対戦が多くなるので、
玉を固めることが大切になってきます。

私の指導対局は、2面指しですが、かなり真剣にやっています。
私に勝てたら、一つ上のハンデとしていますので。
今回は、H.Y君(2級)とO.T君(1級)が私に飛香落ちで勝って、
次からは飛車落ちになります。
2人とも見事な内容でした。
H.Y君の寄せが予想以上にするどくなっていたので、驚きました。

M.T君(二段)との角落ちは、ぎりぎりで私が勝ちました。
感想戦も含めて、私がいい勉強になっている感じです。

【お知らせ】第9回将棋教室対抗戦

2014/05/11 15:15 ジャンル: Category:お知らせ
TB(0) | CM(0) Edit

この前のお知らせで、7月の団体戦の日を20日(日)と書きましたが、
正しくは21日(月・祝)でした。すみません。

正式に告知が来ました。

5人のチーム戦です。学年の合計が前回と違っていますね。

以下、日本将棋連盟のHPから転載



日時
2014年7月21日(月・祝)10時集合
会場
「高島平区民館ホール」(都営地下鉄三田線高島平駅下車5分)
参考(外部リンク)
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/048/attached/attach_48790_1.jpg
参加資格
将棋会館・棋士・女流棋士・指導棋士・将棋指導員・支部会員が開講している将棋教室に通う小/中学生でチーム編成。チーム名は○○教室、○○スクールで登録してください(複数チームをエントリーされる教室におかれましてはチーム名の後アルファベットにて区分を願います)。高校生は出場できません。
審判長
飯塚祐紀七段
参加費
1チーム5名編成=6,000円
サブ登録1名追加で1チーム6名編成=7,200円
(サブ登録は申し込み時での申請が必要です、支払いは当日受付にて。全員に参加賞あり)
リーグ参加条件
「教室対抗戦」=5人の学年合計に制限のない教室ナンバーワン決定戦
「教室交流戦 王将杯」=5人の学年合計が「28以下」のチーム
「教室交流戦 玉将杯」=5人の学年合計が「18以下」のチーム
「教室交流戦 歩兵杯」=5人の学年合計が「15以下」でかつ、メンバー全員の認定棋力が7級以下のチーム
※学年合計の計算の仕方
・中学生は1年~3年まで、すべて「7」で計上
・小学生はその学年で計上
・未就学児は、すべて「0」で計上
・+1人のサブメンバー登録の場合学年の高い5人を計算してカテゴリを決定
・チームメンバーの並びは予選、決勝を通じて固定。サブメンバーがいるチームは大将から六将まで登録し、抜け番以外のメンバーが上から順番に出場する
申込方法
教室名・参加チーム数・参加希望リーグ・各チームの出場選手及び学年、キャプテン者・代表者・連絡担当者(代表者以外の方を担当とされる場合)を記載しメールにて送信願います。当方の返信を持って受付完了といたします(行き違い防止のためです、送信後5日以内に返信がない場合はお問い合わせください)
申し込み先メール=tls_syoufuukan_rob@hotmail.com 
FAX=03-3934-1107 翔風館 鈴木


・各チームにキャプテンを必ず設定してください。当日チームが呼ばれたらキャプテンだけが受付にお越しください
申込み締め切り
7月14日(月)必着
お問い合わせ
上記メール、FAXもしくは090-1554-2066 鈴木まで
備考
[エントリーチーム数について]
各リーグへの参加チーム数の上限はございません。ただし「教室交流戦 王将杯」に2チーム以上のエントリーを希望される場合「教室対抗戦」に1チーム以上チームエントリーしていることを条件といたします

[試合形式]
「教室対抗戦」原則予選2~3対局を実施し、予選通過チームによる本戦トーナメント実施
「教室交流戦(王将杯、玉将杯、歩兵杯とも)」原則予選2~5対局を実施し、予選通過チームによる本戦トーナメント実施

・予選対局数、予選通過チーム数につきましては参加チーム数によって変動します
・教室対抗戦及び教室交流戦王将杯につきましては原則対局時計を用いた持ち時間制(秒読み付)とします。教室交流玉将杯は一定時間経過後秒読みを実施します(時間につきましては参加チーム数によって変動します)
・予選敗退チームにも慰安戦および来場棋士による指導対局があります
[入賞]
各リーグ三位までを入賞とし、表彰を行います。
また、教室対抗戦の優勝チームには株式会社富士通様提供のタブレットを「富士通賞」として授与します。
慰安戦上位チームにも賞品があります。

[その他]
・当日昼食はついておりません、各自にてご対応ください
・昨年の第8回将棋教室対抗戦と比較し、引率者の方のために「集会室」を準備しておりますが手狭な状況が予想されますのでご了承ください
・会場裏に駐車場(有料)がありますのでお車でご来場の方はこちらをご利用ください
・会場は公共施設です、ゴミのお持ち帰りにご協力宜しくお願いいたします
・終了時間は17時を予定しております

主催:将棋教室対抗戦実行委員会
後援:公益社団法人 日本将棋連盟/日本アマチュア将棋連盟
協賛:富士通株式会社/平井碁盤店/甲南開発株式会社/蒲田将棋クラブ
主管:翔風館



5月10日(土)の活動

2014/05/11 14:45 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

この前、左目にものもらいができましたが、痛みはおさまりました。

5月ですが、けっこう暑かったですね。

今回の参加者は30人。無料体験で2人来ました。
1年生のH.K君は、さっそくBクラスの子たちと指してみましたが、
けっこう指せます。19級の力があります。
2年生のK.R君は、他の教室にも通っていたので、すでに4級ぐらいの力です。
序盤・中盤の筋はいいので、
終盤の力をもっと鍛えれば、すぐに上がっていくでしょう。

A1(初段~2級)は5人。優勝はM.A君(初段)、準優勝はI.T君(1級)。
M.A君は4勝0敗の完全優勝でした。
 
A2(3級~5級)は6人。
なんと、3勝2敗が4人という大混戦に。
勝った相手の勝数を計算し、優勝はI.K君(4級)、準優勝はM.S君(3級)に。

A3(7級~10級)は7人。優勝はK.H君(8級)、準優勝はT.R君(9級)。
T.R君は8級に上がります。
K.H君は次回の成績を見て決めます。
みんな2勝以上していて、ここも混戦のクラスだといえるでしょう。

B(13級~30級)は12人。
優勝はT.T君(13級)、準優勝はS.K君(14級)。
T.T君は12級に上がります。
13級グループの中から一歩抜け出しました。
ここから先はAクラスが見えています。


来週、5月17日(土)の教室はお休みになります。


翌18日は千駄ヶ谷の将棋会館道場に行きます。

よろしくお願いします。

5月7日の水曜教室

2014/05/08 01:28 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

連休も明けて、やっと普通の日々に戻ります。

ところが、左目にものもらいができまして、
初めてかかったのですが、
結構痛いものですね。

治るまで一週間以上はかかるとか。しばらくは辛抱です。

ま、それでも将棋はできますので。

今日の参加者は6人。
私の体調からも2面指しは無理だったので、
1対1でじっくりと指導将棋を行いました。

初参加はT.S君(10級)。遠いところよく来てくれました。
駒落ちでは六枚落ちの指し方と、
平手では中飛車の戦法のコツについて指導しました。

中飛車は、定跡を丸暗記しなくても、
攻め方の手筋や、反撃の手筋をいくつか知っているだけでも、
かなり指せる戦法です。
その意味では、級位者にはもってこいです。
もちろん、知っているだけではなく、実際に使えることが大事ですが。

来週も第4セミナールームです。よろしくお願いします。

【7月の将棋大会】低学年ドラ王座戦と教室対抗団体戦

2014/05/04 23:37 ジャンル: Category:お知らせ
TB(0) | CM(1) Edit

7月の将棋大会のお知らせです。

まずは一つ目。7月13日(日)に、第4回低学年ドラ王座戦があります。

小学3年生以下が出場できます。

カルタスホール10時30分開始。
申込は7月9日まで、小島さん宛てですが、
合計80人で締切です。
詳しくはまた後でお知らせします。



二つ目は、正式発表はまだですが、教室対抗団体戦が7月21日(月・祝)に行われる予定です。

去年9月、あの暑かった高島平の、将棋教室ごとの5人の団体戦です。

7月で大丈夫かなという気がしますが。

正式発表がまだなのは、おそらくそれが理由かもしれません。


あともう一つ告知です。指導員の丹野さんからですが、
6月29日(日)に、北浦和公民館で、プロ棋士2名を呼んで指導対局を行う予定です。
午前9時から開始です。

プロ棋士に勝てば、直筆の証明書がもらえるそうです。

東浦和の子もぜひ、ということでした。



小学校団体戦について

2014/05/04 23:18 ジャンル: Category:お知らせ
TB(0) | CM(0) Edit

今(日曜の夜)、テレビで世界卓球の試合を見ながら書いています。
国別対抗の団体戦です。

試合展開もさることながら、チームワークというか絆というか、素晴らしいですね。

さて、今月のお知らせに、小学校団体戦のチームをできるだけ出したいと書きましたが、
これには一つ理由があります。

埼玉県は、東日本大会に進める代表枠が3つあります。
つまり、3位に入れば、埼玉県代表になれるのです。

しかし、県ごとの代表枠は、参加するチーム数によって変わります。
埼玉県全体で、参加チーム数が少ないと、来年の代表枠が減ってしまうかもしれません。
これは大きな違いです。

なので、できるだけご協力をお願いします。
初級者・初心者でもかまいません。
出ることに意義があり、団体戦ならではの緊張した空気に触れることは、いい経験になります。
よろしくお願いします。

あ、今、世界卓球の試合が終わりました。日本女子勝ちました。
お互いを信じるというか、素晴らしいチームワークでした。

埼玉県小学生竜王戦 5月4日(日)

2014/05/04 22:18 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

久しぶりのカルタスホールの大会です。

ゴールデンウィークの最中でしたが、参加者は多かったです。
盛り上がりました。
P1010141.jpg

P1010142.jpg

まずはB級(初段~2級)から。
T.Y君(1級)が4位、M.A君(初段)が5位。2人とも4勝1敗です。
S.F君(2級)は3勝2敗で、8位に入賞しました。

C1級(3級~5級)は、M.S君(3級)が4位、I.K君(4級)が5位。
2人とも4勝1敗。M.S君の終盤の粘り強さが目立ちました。
このクラスだと、粘りが相手のミスを生むというのが多いです。
K.S君(3級)は3勝2敗でしたが、惜しくも入賞には勝ち点1つ足りず。

C2級(6級以下)は赤組、青組に分かれ、
赤組ではS.I君(7級)、青組ではS.N君(7級)が、
ともに4勝1敗で3位に入りました。
今までは早指しでミスの多かったS.N君が、
今日は落ち着いてよく考えて指すことができていて、
それが好成績につながったと思います。

ちなみにA級(二段以上)では、M.T君(二段)が3勝2敗でした。
入賞には届きませんでしたが、四段五段がざらにいるA級で、
勝ち越すのは大変なことなのです。初の勝ち越しですね。

他の子も熱戦ばかりで、見ていてかなり面白い大会でした。

次のカルタスホールの大会は6月8日の小学生倉敷王将戦です。
さらに上に行けるよう、期待したいですね。
今回、これだけ4勝1敗が出て、すごいことなのですが、
なんといっても、目指すは5勝です。

P1010144.jpg

P1010146.jpg

P1010152.jpg


5月3日(土)の活動

2014/05/03 14:09 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

世間では大型連休ですね。

そのため、人数はやや少なめで、28人。

それでは、今回の結果です。

A1(初段~2級)は6人。
優勝はT.Y君(1級)で、4勝0敗。初段が見えてきました。
3勝1敗が2人いて、M.A君(初段)とH.Y君(2級)。
点数も同点なので、じゃんけんの結果、たしかH.Y君が2位ですね。

A2(4級~7級)は7人。優勝はM.S君(4級)、準優勝はFK.H君(6級)。
M.S君は6戦全勝。3級に上がります。
FK.H君も5級に上がります。

A3(8級~10級)は7人。4勝1敗が2人いますが、直接対決の差で、
優勝はT.R君(9級)、準優勝はS.I君(8級)になります。
S.I君は7級に上がります。前回は全勝でしたので。

B(13級~30級)は7人。
優勝はT.J君(18級)、準優勝はS.K君(15級).
T.J君は17級、S.K君は14級に上がります。


今回、久しぶりに講座を行いました。A2・A3クラス向けに、受けの手筋の講座です。
やはり、みんなよく聞いてくれますね。やる気を感じます。
まだいろいろな手筋はありますので、次回もやりたいと思います。


5月・6月の予定です。

5月 3日(土) 第7第8セミナールーム
5月10日(土) 第7第8セミナールーム
5月17日(土) お休み
5月24日(土) 第7第8セミナールーム
5月31日(土) 第7第8セミナールーム

6月 7日(土) 第7第8セミナールーム
6月14日(土) 第7第8セミナールーム
6月21日(土) 第7第8セミナールーム
6月28日(土) 第7第8セミナールーム

申し訳ありませんが、5月17日はお休みとさせていただきます。

5月4日(日)に「埼玉県小学生竜王戦」が行われます。
カルタスホール 午前10時~10時30分当日申込受付 参加費800円。      

5月18日(日)に千駄ヶ谷将棋会館道場に行く予定です。
午前9時に浦和駅改札前集合です。帰着は午後4時35分ごろになります。 
入場料600円。低学年の子には、保護者の同伴をお願いしております。

5月25日(日)に「第1回野口杯ジュニア交流戦」という、翔風館主催の将棋大会が行われます。
場所は北町アートプラザ(練馬)。申込締切は5月21日(水)。詳しくはブログの「将棋大会のおしらせ」に書いてあります。

6月8日(日)に小学生倉敷王将戦埼玉県大会が行われます。場所はカルタスホール。
午前10時~10時30分当日申込受付。参加費800円。
詳しくはhttp://www14.plala.or.jp/kenren/SHOGI/event/kurashiki2014.htm

6月22日(日)に小学校団体戦が行われます。同じ小学校から、3人1組でチームを組みます。
申込締切が6月18日。できるだけ多くのチームを出場させたいと考えています。
詳しくはhttp://www14.plala.or.jp/kenren/SHOGI/event/shochudantai2014.htm

★水曜教室の日程
5月 7日(水) 第4セミナールーム 午後4時~
5月14日(水) 第4セミナールーム 午後4時~
5月21日(水) 第7セミナールーム 午後4時~
5月28日(水) 第4セミナールーム 午後4時~

6月 4日(水) 第1セミナールーム 午後4時~
6月11日(水) 第1セミナールーム 午後4時~
6月18日(水) 第2セミナールーム 午後4時~
6月25日(水) 第1セミナールーム 午後4時~

★プラザイーストの「子ども将棋教室」

毎年行われている、プラザイーストの将棋教室です。私も将棋指導員として協力しています。
内容は、初級者向けです。Aクラスの生徒は参加しないほうがいいと思います。
不明な点は私またはプラザイースト事務局までお問い合わせください。

日 程: 5/24~7/12までの毎週土曜日 全8回
時 間: 各日とも14時~16時
場 所: プラザイースト 第7・8セミナールーム
対 象: 市内在住・在学の小学1年生~6年生
定 員: 80名
費 用: 4,000円(教材費等)  
監修:田丸昇九段 講師:中村桃子女流初段、野田澤彩乃女流一級
  ≪申込み≫
往復はがき(1名様につき1通)に講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、小学校(学年も)、電話番号を記入し、5月10日(土)【必着】までに
〒336-0932 さいたま市緑区中尾1440-8 (公財)さいたま市文化振興事業団
プラザイースト「子ども将棋教室」係へ。応募多数の場合は抽選となります


4月30日の水曜教室

2014/05/01 02:03 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

雨が降っている中、今日は10人が来ました。

O.A君(3級)が水曜初参加。
私と対局するのも久しぶりでしたね。
楽しんでくれたようで、よかったです。

中学生になったO.H君(初段)も、やっと来てくれました。
とはいっても、私とは対局せずに、
水曜特製の詰将棋プリントにはまっていました。
同じく中学生のO.F君と一緒に、
あれこれ相談しながらも、
全9問解きあげていたのはさすがです。


水曜教室を始めて、
私も真剣に駒落ち将棋を指すことが多くなり、
今さらながら、駒落ちの上手が少しうまくなった気がします。
何年普及指導員やってるんだという話になりますが。

そこで、駒落ちで下手(したて)が勝つためのコツといいますか、
鉄則のようなものを書いていきます。

1、玉を囲わずに勝てるのは、六枚落ちまで。
  四枚落ちから先は、玉を囲わないと、まず勝てない。

  上手から攻めることはまずありえないので、
  あわてて攻めなくてもいいんです。
  必ず、玉を囲ってから攻めましょう。

2、よほどのことがない限り、中盤で飛車を取られると負け。

  当然のように、上手は下手の飛車を取ろうとしてきます。
  飛車が安全かどうか、気をつけながら指しましょう。
  
  角については、微妙なところでして、
  角を切っても、代わりに飛車が成れるなど、
  目的があれば、角と金や銀との交換もいいと思います。

3、上手の玉を上に逃がしてはだめ。

  当たり前ですが、上手と下手では、終盤の力にかなりの差があります。
  玉を五段目より上に行かせては、よほどの力がないとつかまりません。
  平手でもそうですが、相手の玉は下に落とすように、
  上から押しつぶすような寄せを心がけましょう。
   
  
次回の水曜教室は、5月7日、第4セミナールームです。
よろしくお願いします。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰