東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

8月28日の日曜教室

2016/08/30 10:24 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

夏休みももうすぐ終わりですね…と書こうと思ったら、
さいたま市の小学校は29日から始まるそうで、早いですね。

久しぶりの日曜教室になりました。参加者は6人。

私との指導対局では、私に勝つと賞品がもらえます。
今の時期は、「クリアファイル」と「将棋駒シール」から好きなのが選べます。
みんなの挑戦を待っています。

今回私に勝ったのは、S.F君(四段)とS.I君(初段)の兄弟。

S.F君とは平手。最後、私が王手の逃げ方を間違えて、詰みになってしまいました。
それも、感想戦でやっと不詰だとわかったくらいなので、
秒読み状態では難しかったですが。
いや、中盤から私のほうがずっと苦しかったので、逆転しそこねたという感じです。

S.I君とは飛車落ちで。一瞬攻めが切れたような場面もありましたが、
よくつないで寄せきりました。
攻めをつなぐという点では、以前よりずっと上達しています。

TI.T君(1級)は飛香落ちで惜しいところまで行きました。
最後は私の玉が上に逃げて行きました。
(賞品がかかった真剣勝負では、指導将棋でも平気で入玉したりします
難しいところでしたが、正解は駒損しても玉を下に落とす手でした。
駒不足でつかまえにくそうでも、相手玉を下に落としてしまえば、
結構なんとかなったりします。
寄せの大事な感覚です。

H.T君(2級)は二枚落ちで。ここも終盤惜しかった。
なるべく金銀をぶつけずに、歩・桂・香などの小駒を使った攻めができると、
よりいいでしょう。
相手に金銀をわたす攻めは、その金銀でねばられたりしますが、
小駒では相手も受けに使えず、意外に早く寄せられます。


次回の日曜教室は9月11日(日)の予定です。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

夏のトーナメント戦 8月27日(土)

2016/08/28 10:50 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

雨が降ったりやんだりの天気でしたが、
奇跡的に行き帰りは降らずに助かりました。

今回はトーナメント戦です。
全部で5クラスに分けました。
賞品は優勝が好きな本1冊、準優勝がノートと、
いつもより豪華になっています。

P1010991(1).jpg


A1(四段~2級)は7人。優勝はS.F君(四段)、準優勝はH.T君(2級)。
準決勝のS.F君とH.Y君(三段)の対決が注目でしたが、
今回はS.F君が大一番を制しました。
P1010993(1).jpg
ちなみに、A1クラスの優勝賞品は、谷川浩司九段のサイン入りの棋書です。
貴重品です。大事に読んでください。

A2(3級~7級)は8人。優勝はT.J君(7級)、準優勝はN.S君(4級)。
1回戦のT.J君とI.G君(3級)の将棋が長い一戦になり、
途中からチェスクロックを使うほどの大熱戦になりました。
P1010992(1).jpg
ギリギリの終盤でしたが、これを勝ちきったT.J君が、
その勢いに乗って優勝しました。強くなりましたね。

A3(8級~11級)は6人。優勝はS.RE君(11級)、準優勝はK.R君(9級)。
成長著しい生徒が多いなか、S.RE君が見事優勝しました。

B1(13級~17級)は7人。優勝はH.H君(14級)、準優勝はI.Y君(16級)。
H.H君はここ一番の将棋でしっかりと力が出せていました。
これを機にAクラスを目指していきましょう。

B2(18級~30級)は7人。優勝はN.Y君(23級)、準優勝はS.M君(19級)。
新入会2人の1位2位になりました。
N.Y君がまた強くなっている感じでした。

トーナメントでは、1回負けると敗者戦のトーナメントに回り、
そこでも優勝・準優勝を決めます。
賞品は優勝者には消しゴム、準優勝者にはえんぴつと、
大盤振る舞いです。
敗者戦でも集中を切らさずに指していた子が多かったので、
その点ではよかったと思います。

敗者戦の結果は
A1 優勝S.I君(初段)、準優勝O.A君(初段)
A2 優勝I.G君(3級)、準優勝TA.T君(4級)
A3 優勝K.I君(9級)、準優勝S.Y君(9級)
B1 優勝W.R君(17級)、準優勝O.K君(15級)
B2 優勝I.RI君(25級)、準優勝I.RU君(24級)
になりました。

また秋に(10月後半?)トーナメントをやりたいと思います。
今回惜しくも入賞を逃した子も、また次回がんばりましょう。

詰将棋(8/18出題)の解答

2016/08/26 11:57 ジャンル: Category:詰将棋・手筋
TB(0) | CM(0) Edit

先週の詰将棋の解答です。

3手詰(1)
▲1二飛△同玉▲2三銀

3手詰(2)
▲2三角△同玉▲2二金
初手▲2一角は△4一玉で詰みません

3手詰(3)
▲1四馬△同飛▲2三馬
玉を4一に逃がさないのがポイント

5手詰(1)
▲2二飛成△同香▲3二歩△2一玉▲4一竜
打ち歩詰めの問題。初手が好手でした。

5手詰(2)
▲4四桂△同馬▲2二竜△同玉▲2三金

7手詰
▲2三角△2一玉▲3二金△同金▲1二角成△同玉▲2一角
2手目△同金は▲2一角以下駒あまりの詰めになります。

8月の千駄ヶ谷 8月21日(日)

2016/08/26 11:46 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

8月の千駄ヶ谷将棋会館ツアーです。
暑すぎずちょうどいい気温になりました。

参加者は12人。初参加はY.T君(9級)、S.Y君(10級)、K.R君(9級)の3人。
フレッシュな顔ぶれになりました。
その3人に何級がつくか楽しみでしたが、
まず、Y.T君は8級に認定されました。
これは驚きですね。N.T君(4級)に平手で勝ったのが大きいです。
この日は夏休みということもあり道場はガラガラでしたので、
教室どうしで当たることも多いのです。
8級になってからは相手が強くて大変そうでしたが、最後は勝ちだしましたので、
これでいいと思います。
教室で8級にするかどうかは、もう少し様子を見ます。

S.Y君は9級に認定されました。これもすごいですね。
その後も安定して勝てているので、十分に実力があります。
S.Y君は教室でも9級にします。
内容的に見ても、将棋のつくりがしっかりしてきました。

K.R君は11級に認定されて、その後10級に上がりました。
ふつうは、道場の級は教室よりも下になるので、
スタートとしては十分です。
これだけ多く将棋を指すことはなかなかないので、
いい経験になったと思います。

他に、昇級者は1人。KA.Y君(4級)が9級から8級に上がりました。
まあ、これは実力からいうと、上がらなければという感じです。
7級もすぐ目の前でしょう。

あと、いくら道場では多く指せるといっても、
H.A君(8級)やM.N君(6級)は20局以上も指していて、
それは指しすぎだと思います。
特に子ども同士の対局は、早いんですよ。
せめて、もう少しゆっくり落ち着いて考えることができれば、
もっと勝てるはずです。

次回の千駄ヶ谷は9月18日(日)を予定しています。
よろしくお願いします。

8月20日(土)の活動

2016/08/20 17:37 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

まずは、うれしいニュースからです。

この教室の出身である上田琥珀君が奨励会6級に合格しました。
本格的にプロ棋士への道を歩むことになります。
奨励会員の成績は将棋世界(雑誌)や日本将棋連盟のHPからも見られます。
応援よろしくお願いします。
教室出身の奨励会員は岡井良樹君(奨励会二段)以来2人目になります。

さて、今回の参加者は36人。
夏休みは参加者は減ることが多いのですが、よく集まりました。
体験で1人来ました。T.Hくん(幼稚園児)です。
新美さんのていねいな指導を受けられてよかったですね。
今、初心者大募集といいますか、KO.S君の相手を募集中でしたので、
ぜひよろしくお願いします。

それでは今回の結果です。

A1(四段~4級)は8人。優勝はS.I君(初段)、準優勝はS.F君(四段)。
初段に上がったばかりのS.I君が早くも優勝です。絶好調ですね。

A2(5級~11級)は11人。優勝はN.T君(5級)、準優勝はKA.Y君(5級)。
N.T君もKA.Y君も4級に上がります。
これで4級陣が4人と、すごいことになりました。
また、Y.T君(10級)は9級に上がります
6勝2敗。内容はこの前の団体戦で見ていました。十分です。

B1(14級~20級)は7人。優勝はSI.R君(14級)、準優勝はI.Y君(16級)。
SI.R君は13級に上がります。4勝0敗でした。
前から実力はありましたが、ようやく結果が出てきました。

B2(24級~)は9人。優勝はN.Y君(24級)、準優勝はI.RU君(25級)。
N.Y君は23級に上がります。
途中から、あまりの強さに級を上げたのですが、それでも22級以上あるかもしれません。
今日はKA.S君は休みでしたが、この2人でどうなるか見てみたいです。
I.RU君は24級に上がります。順調に強くなっています。

以上です。

8月のお知らせで、8月16日の誕生日がKO.Y君になっていましたが、
弟のKO.S君の間違いでした。
すみません、訂正します。KO.S君誕生日おめでとう。

来週は夏のトーナメント戦です。場所と時間はいつも通りです。
よろしくお願いします。

さて、では、雨もやんだので、今から埼玉スタジアム(レッズvsフロンターレ)に行ってきます。
途中で大雨になったらどうしよう…ま、勝てばいいか。
(追記)
雨は降らなかったけど、心の中は涙雨です。
明日は千駄ヶ谷なので、ヤケ酒飲んで早く寝るとします(すでに飲んでいますが)


【詰将棋】8/18出題

2016/08/18 01:49 ジャンル: Category:詰将棋・手筋
TB(0) | CM(0) Edit

みなさん、夏休みを楽しんでますか?

私は毎年のように塾の夏期講習というのがありまして、
いや、それでも時間的に詰将棋の出題はできたのですが、
いろいろとあって遅くなってしまいました。

今回も3手詰、5手詰、7手詰です。

3手詰(1)
2014-05-14a.png


3手詰(2)
2014-05-21b.png


3手詰(3)
2014-05-07c.png


5手詰(1)
2014-05-21d.png


5手詰(2)
2014-05-14d.png


7手詰
2014-05-21g.png

最後の7手詰は、玉方の受け方にも注意です。

それではがんばってください。

将棋教室対抗戦 8月11日(木)

2016/08/13 16:06 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

高島平区民館で行われた、将棋教室対抗戦です。
会場は冷房がついていましたが、それでもすごい熱気でした。
P1010913(1).jpg
P1010906(1).jpg


東浦和こども将棋教室からは、
なんとか4チーム出場することができました。
結果から先に書くと、例年にない大活躍です。
4チーム全てが入賞、うち2チームが優勝しました。

<王将杯>東浦和こども将棋教室A 優勝
<玉将杯>東浦和こども将棋教室B 4位
<歩兵杯>東浦和こども将棋教室C 優勝 東浦和こども将棋教室D 3位


まずは王将杯(合計学年28以下)から。
全8チーム。リーグ戦で4チームずつ2つのブロックに分かれ、それぞれ1位どうしで決勝です。
最上位の対抗戦クラスは参加をあきらめたので、
このクラスの優勝を全力で狙いにいきました。
Aチームは中学生のT.S君を大将に、S.F君、K.K君、H.Y君、I.M君の順。
I.M君は以前に水曜教室(日曜教室の前身)によく来ていた子です。
今回は助っ人として呼びました。

2番目にレベルが高いクラスなので、どのチームも強かったですが、
3,4,5番手(K.K君H.Y君I.M君)が全勝したのが大きかったです。
K.K君はさすが団体戦に慣れているというか、しっかり力が出ていました。
H.Y君とI.M君の将棋は通路から遠くてよく見れませんでしたが、
危なげなく勝っていたように見えます。
写真は決勝戦の様子。4-1で勝ちました。
P1010917(1).jpg

賞状の他にも、賞品はプロ棋士の色紙や将棋の本など盛りだくさんでした。
P1010930(1).jpg

続いて玉将杯(学年合計20以下)。参加は全11チーム。
BチームはTA.T君を大将に、I.G君S.N君S.I君TI.T君の順。
なるほど、3番手以降に強い子を集めましたか。
(私は順番決めにはノータッチです)
ここは予選は3勝通過の2敗失格。
予選は1回戦を3-2で勝ち、2回戦は2-3で負け(実は惜しかった…)、
3回戦は5-0で勝ち、なんとか決勝トーナメント進出です。
決勝1回戦(勝てばベスト4)では、2-2になって3番手のS.N君の勝敗による展開に。
両チームみんなが成り行きを見守ります。
P1010919(1).jpg
ここでS.N君が勝ち、4位入賞は確定しました。

惜しくも準決勝と3位決定戦には負けましたが、十分すぎる結果です。
団体戦ならではの喜びを、みんなが感じ取れたのではないでしょうか。
P1010923(1).jpg

P1010938(1).jpg

そして歩兵杯(合計学年15以下、全員7級以下※申込時)
参加は全部で6チーム。去年より少なくなりました。
お盆のこの時期だと初級者は参加を見送るのでしょうか。
しかし、そこは級位者の層の厚さには自信がある東浦和。
大変でしたが、なんとか2チーム出場することができました。

6チームによる総当たりのリーグ戦。
Cチームは大将KA.Y君で、M.N君H.K君H.A君K.R君の順。
これはスキがない。どこからでも勝ちが狙えるメンバーです。
実際、2回戦では大将副将のKA.Y君M.N君が負けましたが、
他の3人がしっかりカバー。5番手のK.R君は5戦全勝でした。

今回一番の驚きだったのが、Dチームの活躍でした。
N.T君を大将に、Y.T君S.Y君K.H君H.Sちゃんの順。
学年を15以下にするために、幼稚園児(学年0)のH.Sちゃんにもお願いしました。
K.H君は日曜教室によく来るK兄弟の弟です。
N.T君は強くても、他のメンバーは正直厳しいかなと思っていたら、
あれよあれよと勝っていきました。
特にY.T君とS.Y君が大活躍。2人とも公式の将棋大会は初めてのはずですが、すごいですね。
2回戦ではなんとH.Sちゃんも勝ちました。写真は勝ったあとの喜びの表情です。
P1010914(1).jpg

そして最終5回戦。ここまで全勝のCチームと、3勝1敗のDチームとの直接対決。
P1010925(1).jpg
注目の大将対決はN.T君が勝ち、3番手ではS.Y君がH.K君に勝つという波乱もあり、
もしかすると、と一瞬思ってしまいましたが、
そこはM.N君H.A君K.R君が無難に勝ち切り、Cチームの優勝になりました。

P1010935(1).jpg
P1010936(1).jpg


チームを組むのは大変でしたが(しつこい)、4チーム出すことができてよかったと思います。
いろいろと将棋を見て回って、生徒たちの成長を肌で感じ取ることができました。
教室の外でいろいろな子と将棋を指す面白さや、
団体戦の面白さに初めて気がついた子もいたと思います。
また次の機会もぜひ。
同伴の保護者の方も暑い中お疲れさまでした。
またよろしくお願いします。

さいたま市小中学校竜王戦 8月7日(日)

2016/08/09 07:27 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

北浦和公民館で行われた、さいたま市小中学校竜王戦です。
丹野孝一さん主催の大会です。

参加者は全部で150人以上。
いつもながら大人数の大会です。
北浦和公民館の全部屋を使いました。
P1010897(1).jpg

まず、一番上の竜王戦クラスですが、
卒業生のT.Y君(中学1年)が5戦全勝で優勝しました!
今までは早指しの将棋は苦手で、時間がなくなると終盤で崩れることもありましたが、
今回は落ち着いた指し回しで、あわてることなく強豪相手にも勝ち切りました。
成長を感じました。おめでとう。
写真は5回戦、優勝がかかった一戦のです。
P1010900(1).jpg

竜王戦クラスには他にS.F君、H.Y君、中学生のT.S君が出場。
3人とも仲良く3勝2敗でしたが、強豪相手には「惜しい」とは違う力の差を感じました。
その壁を打ち破ってほしいものです。
写真は4回戦、H.Y君とT.S君が2勝1敗どうしで当たったとき。
この勝負はH.Y君が制しました。
P1010898(1).jpg

上級者クラス(1級~3級)は、TI.T君が4勝1敗で4位入賞しました。
上級とはいえ、他県から強い子がたくさん来ており、
勝ちあがるのはなかなか大変なクラスです。
TI.T君得意の右四間飛車戦法がうまく決まっていました。
同じく入賞候補のS.I君は惜しくも3勝2敗。
力はあるけれど、初戦からその力を発揮できるかどうかです。

次回の丹野さんの大会は12月(25日?)の予定です。
また次回に向けてがんばりましょう。

P1010902(1).jpg

8月6日(土)の活動

2016/08/07 10:50 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

初めにお知らせです。
来週8月13日の教室はお休みです。
再来週の8月20日は、Aクラスが第5セミナー、Bクラスは第3セミナーになります。
すみませんがご了承ください。

さて、今回から新しく2人が入会がしました。
前に体験で来ていたS.M君(芝原小3年)とN.Y君(大砂土小3年)です。
S.M君は19級でB1クラス、N.Y君は24級でB2クラスとします。
みなさん、よろしくお願いします。

それでは今回の結果です。参加者は34人。
夏休み中でもよく集まりました。

A1(四段~5級)は9人。優勝はS.I君(1級)、準優勝はN.T君(5級)。
S.I君は初段に上がります。通算で13勝4敗なので、十分な成績です。
ここ1~2か月の間に、小学校団体戦や低学年ドラ王座戦など、
いろいろな大会で貴重な経験を積んだことが大きいと思います。
しかし、序盤の定跡にもっと強くなることが条件ですが。
あと、残念なお知らせですが、I.K君(1級)が退会になりました。
入会した当初は級なしの状態で、そこから1級にまで上がったので、間違いなく才能はあるのですが。
昨年の小学校団体戦で県代表を勝ち取ったときの活躍が印象深いです。
今後は日曜教室や他のイベントで会いたいですね。

A2(6級~11級)は10人。優勝はM.N君(7級)、準優勝はS.K君(6級)。
M.N君は6級に上がります。
上の級をゆく3年生たちの活躍がすごいですが、負けずに追いついていきましょう。
S.K君はこのクラスのベテランのようになっていますが、まだ4年生です。
いくらでも強くなれます。昇級は次回の成績を見て決めましょう。
Aクラス初参加のS.RE君(11級)は4勝3敗と大健闘でした。

B1(14級~20級)は8人。優勝はI.Y君(17級)、準優勝はSI.R君(14級)。
I.Y君は16級に上がります。
しかし、もっと上の級の人と自分から当たってほしいところですが。
駒落ち将棋もいい勉強になりますよ。
新入会のS.M君(19級)は、駒落ちにはまだ慣れていませんが、
平手の将棋はさすがの強さです。
駒落ちに慣れていけば、一気に勝てるようになるでしょう。

B2(25級~30級)は7人。優勝はN.Y君(24級)、準優勝はI.R君(26級)。
新入会のN.Y君が優勝です。
I.R君(25級)やKO.Y君(25級)より力は少しだけ上と見たので、24級とします。
次回はKA.S君(今回は休み)と平手で指してみたいですね。
I.R君は25級に上がります。
大砂土小コンビで1位2位ですね。

今回、8月のお知らせとともに、生徒名簿を月謝袋に入れておきました。
疲れと寝不足がたまっていたところでの突貫作業でしたので、
ミスがないか心配です。ミスがありましたらお知らせください。
今回新入会の2人は、日程上名簿には載せられませんでした。

それでは8月のお知らせ(ブログ版)です。

8月13日(土) お休み
8月20日(土) 第3第5セミナールーム
8月27日(土) 第7第8セミナールーム(夏のトーナメント戦)

9月 3日(土) 第7第8セミナールーム
9月10日(土) 第7第8セミナールーム
9月17日(土) 第7第8セミナールーム
9月24日(土) 第7第8セミナールーム

8月27日に夏のトーナメント戦を行います。今回はお菓子やビンゴゲームはありません。
いつもと同じ9時30分開始です。賞品は将棋の本などいろいろと用意します。

8月21日(日)に千駄ヶ谷の将棋会館道場に行きます。
午前8時55分に浦和駅改札前集合です。帰着は午後4時35分ごろになります。 
入場料600円(回数券使用)。低学年の子には、保護者の同伴をお願いしております。
道場に行くと、いろいろな人と将棋を指して、日本将棋連盟の正式な級が認定されます。
参加希望者は私までご連絡ください。

10月23日(日)に日本シリーズこども大会東京大会が行われます。
会場は東京ビッグサイト。昨年は3600人以上が集まった、日本最大の将棋大会です。
申込は始まっており、締切は10月11日です。申込は大会HPから各自お願いします。

★日曜教室のお知らせ

毎月第2・第4日曜日の午後1時から5時まで。
(5週目があれば場合に応じて。)
1回ごとに1000円で、何時に来て何時に帰ってもかまいません。
「初段を目指すための教室」がもともとの目的です。
特に、上級者・中級者の参加をお待ちしています。
もちろん、有段者はさらに上の段位を目指すため、活用してください。

参加資格は原則として15級以上とします。
15級以上の棋力があれば、中学生や外部の生徒も参加できます

 8月28日(日) 第1セミナールーム

 9月11日(日) 第1セミナールーム
 9月25日(日) 第1セミナールーム

以上です。よろしくお願いします。

7月30日(土)の活動

2016/08/01 01:46 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

夏休みの土日なので、生徒数は少なめの29人。

午後のプラザイーストの教室が終わり、そこから体験で2人来ました。
黄色組のY.R君と、青組のS.M君です。
級は、Y.R君が29級、S.M君は19級の見立てでしょうか。
プラザイーストの教室とは、システムも級の基準もちがうので、
初めはとまどうかもしれませんが、よろしくお願いします。
去年はN.S君やKA.Y君S.Y君、一昨年はM.N君と、
プラザイースト出身はここに来てから伸びるというジンクス(?)があります。
過去にはM.T君(四段)やT.Y君(四段)もプラザイースト出身です。

それでは今回の結果です。
A1(四段~5級)は8人。優勝はS.I君(1級)、準優勝はS.F君(四段)。
2人とも4勝2敗で直接対決がなく、そうなると弟のほうを優先にしました。

A2(6級~11級)は9人。優勝はKA.Y君(6級)、準優勝はH.K君(7級)。
KA.Y君は5級に上がります。
5級から上を目指すとなると、そろそろ受けも強くならないといけません。
がんばって下さい。
H.K君は調子の波が大きいので、次回も見て判断します。
あと、Y.T君(11級)は10級に上がります。内容的にも強くなっています。

B(14級~30級)は1クラスにしました。10人。
優勝はO.N君(19級)、準優勝はI.RU君(25級)。
O.N君は18級に上がります
これで17級の人とも平手ですね。

以上です。来週はいつも通り第7第8セミナーです。

あと、夏休みは棋力を上げる大きなチャンスです。
ここでは8月21日に千駄ヶ谷に行きますが、
それ以外の平日でも、道場に行くといいと思います。
ちなみに、私自身は小学6年生のころ、夏休みは15回以上は道場に行き、
1級から二段に一気に上がりました。
上級者は、「北浦和将棋サロン」がいいと思います。
中級者も、千駄ヶ谷なら平日でも子どもは集まり、相手はいると思います。
ぜひ利用してください。

小学校団体戦東日本大会 7月25日

2016/08/01 00:58 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

今年もやってきました。小学校団体戦東日本大会です。
東日本の各県代表32校が集まり、全国大会出場の2校が決まります。
(全国への枠をもっと広げてほしいんですけどね…)

会場は今年も大手町のサンケイホール。
P1010885(1).jpg
P1010877(1).jpg

予選は8チーム×4のブロックで3回戦。
各ブロックから1校しか勝ちぬけないので、実質はトーナメントと同じです。

さて、埼玉県予選1位の埼大附属小と3位の芝原小ですが、
P1010873(1).jpg
P1010875(1).jpg

埼大附属小は1回戦で山梨学院小と対戦。
1勝1敗で副将戦。
附属小のエースK.K君でしたが、相手もかなり強く、中盤からずっと劣勢に。
終盤一瞬だけチャンスがあったが(相手に正確に指されるとまだ苦しいが)、
機を逃してしまい敗退。
しかし、その後2回戦3回戦は勝って、2勝1敗の成績に。
K.K君は今回で卒業ですが、S.N君たちが後をついでいけるかですね。

芝原小は1回戦は仙台市立将監小学校と。
相手の大将がかなり強く、大将のS.F君は負けましたが、
副将H.Y君と三将S.I君が勝って2-1で勝利。
2回戦は東京都杉並区立東田小学校と。
1-1のまま大将戦になり、相手の大将も強かったが、
S.F君が実力を発揮して勝ちました。

東浦和こども将棋教室からは、過去7年も東日本大会に代表校が出ていますが、
予選突破がかかった3回戦に進出したのは初めてです。

その3回戦は茨城県守谷市立黒内小学校と。
大将S.F君が負け、副将H.Y君が勝ち、残るは三将のS.F君に。
P1010882(1).jpg
持ち時間も使ってぎりぎりまで健闘しましたが、
相手の実力が上回ったというところでしょうか。
逆転のチャンスはありましたが、それも含めていい経験になりました。

埼玉県代表は2位の常盤小も2勝1敗でしたので、
結果的には3校とも予選2勝1敗になりました。

午後にはプロ棋士の指導対局もあり、
充実した一日になり、夏のいい思い出になったと思います。
今の五年生以下の世代で、来年また来たいですね。
P1010888(1).jpg

7月24日の日曜教室

2016/08/01 00:08 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

すみませんが、今年も塾の夏期講習が始まって、
多忙のためブログの更新がなかなかできませんでした。

というわけで、一週間前の日曜教室の活動報告です。
今回は12人集まりました。
久しぶりの大盛況です。
これだけ集まると、対戦相手に苦労しなくて助かります。
生徒たちにとっても、いろいろな相手と指せることは、強くなることに役立ちます。

6級以下の生徒には私は六枚落ちで指導するのですが、
序盤の指し方(上手の陣形の破り方)を身につけてからも、
実際に終盤で勝ち切るのはなかなか大変なのです。

「あわてずに力をためて攻める」ことが大事なのですが、
M.N君(7級)とS.Y君(10級)はうまくできていました。
その感覚をこれからも生かしていってください。

あと、S.F君(四段)は私に平手で勝ちました。
翌日の小学校団体戦東日本大会に向けて、気合が入っていましたね。


次回の日曜教室は8月28日、第1セミナールームの予定です。
よろしくお願いします。

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰