東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

ジュニアフリー団体戦 9月17日

2012/09/18 12:06 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

さて、団体戦の日がやってきました。
場所は文京区民センター。
生徒15人を連れての大移動でした。
ご同行の保護者の方、ありがとうございました。

3人のチーム戦で、5回戦での成績で順位を決めます。
各クラスで5位までが入賞。

東浦和こども将棋教室からは、AチームからEチームまで5チームが参加。
1番手、2番手、3番手の順番は各チームの話し合いでまかせました。
大体、1番手には強い子がきますが、そこが作戦のたてどころです。


まず、と金杯A(1級~5級)のクラスから。
全部で20チーム以上が参加しました。

Aチーム(M.A君、O.H君、O.S君)は3勝2敗で4位入賞。

1番手になったM.A君は苦戦が予想されましたが、
それでも個人の成績で3勝2敗は立派です。
攻め将棋が一気に決まったという将棋もありました。
O.H君は2番手で全勝。これはお見事です。
O.S君もよくがんばりました。3勝2敗。4回戦での入玉の将棋は惜しかった。
DSCF0252.jpg
DSCF0272.jpg


Bチーム(U.K君、K.S君、H.M君)も3勝2敗で、勝った対局数の差で5位入賞。

U.K君は1番手で2勝3敗。立派な成績です。
上級者が相手でも十分にやっていける内容でした。
2番手のK.S君はよく粘った将棋もありました。2勝3敗。
3番手に中学生のH.M君を回す作戦ですか。なるほど。5戦全勝。
助っ人としての仕事を見事に果たしましたね。
DSCF0269.jpg


続いて、と金杯B(6級以下)のクラス。
全部で20チーム近くが参加しました。

Cチーム(K.K君、M.T君、O.T君)が5戦全勝で優勝!おめでとう!
実力的にも優勝を狙ったチームでしたが、
それでも本当に優勝できるのは、すごいことなんです。よくやりました。

1番手のK.K君はさすがに強い子と当たって3勝2敗でしたが、
M.T君とO.T君の2人は全勝でした。
O.T君は初戦が危なかったですが、粘って最後逆転できました。
それが2回戦以降にもつながったと思います。
M.T君はまさに完勝。級は6級ですが、レベルが違うといった感じでした。
DSCF0264.jpg


Dチーム(A.K君、KB.T君、KH.T君)は1勝4敗。

同じイニシャルの子が2人いるんですね。
なのでKBとKHに分けました。
けっこう期待していましたが、
チームとして1勝4敗は不本意な成績でしょうか。
中では2番手のKB.T君が健闘していました。
勝った将棋は、強い相手にもうまく指せていた印象です。
DSCF0244.jpg


Eチーム(I.T君、W.H君、H.Y君)は3勝2敗。

5位入賞はならなかったですが、大健闘といっていいでしょう。
2番手のW.H君は4勝1敗の見事な成績です。
よく集中して指せていました。
このクラスは、一番手に強い子を持ってきたチームが多く、
I.T君は力を出せずに終わった将棋もありました。
これもいい経験でしょう。
DSCF0251.jpg


というわけで、みんな本当によくがんばりました。
私の感想としては、この東浦和こども将棋教室は、
上~中級者の層の厚さやレベルでは、
他の有名な将棋教室に比べても、
決して引けをとらないのではと感じました。

そうなると、来年は有段者のクラスにも参加できるといいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰