東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

11月の千駄ヶ谷  11月25日(日)

2012/11/27 13:24 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(-) | CM(0) Edit

いい天気にも恵まれました。
11月の千駄ヶ谷です。

今回の参加者は13名。


まずは昇級者から。

I.T君(8級)が7級に上がりました。
本当に、道場に来るたび級が上がっています。
すごいです。
普段から将棋に向き合っていることがわかります。


KH.T君(6級)は、道場では7級ではじめましたが、
すぐに5連勝して6級に上がりました。
これで、道場でも教室でも文句なしの6級です。


昇級者は以上ですが、
他にも調子のいい子は多くいました。

O.A君(9級)の将棋は一回り強くなったような感じがします。
ミスが減りましたね。

O.T君(5級)は、教室では4級にしてもいいレベルです。
今度考えましょう。

O.S君(2級)は、相手の手をしっかりと読んだ手が指せています。
一方的に負けることはないですね。まさに上級者の将棋です。

その逆に、K.S君(5級)は、勝つときは非常にいい将棋を指すのですが、
ちょっと目をはなしたスキに、いきなり負けになっていたりします。
M.A君(3級)も、そういうところがありますね。
強くはなっていますが、もうちょっと安定して勝てるように。
2人とも攻め好きですが、「ここは守るべきところ」の見きわめが大切です。


あと、道場でなかなか勝てない子は、「駒得」をもっと考えてください。
対局中どちらが有利かの形勢判断は、
駒の働きや玉の堅さなどいろいろな要素がありますが、
級位者の場合、ほとんどが駒の損得で有利か不利かがはっきりします。
駒が成ることや、駒がよくはたらくことも、結局は駒得へとつながります。

駒損しても少ない駒で攻めをつなげるのは、有段者しかも高段者のやることです。
級位者はとにかく駒得と考えましょう。


次回の千駄ヶ谷は、12月9日(日)の予定です。
2週間後ですね。
早いですが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰