東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

3月9日(土)

2013/03/09 20:56 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

急に暖かくなりました。
しかし、花粉症がひどいことになってます。
花粉飛びすぎですね。

そのため、花粉よけのゴーグルがないと外出できないのですが、
どう見ても違和感があるというか…どうなんでしょう。


今回の参加者は23人。いつもよりは少なめでした。

AクラスはA1、A2に分けてトーナメント。

A1の優勝はO.H君(2級)、準優勝はO.S君(2級)
やはり2人とも強いですね。早く初段になってほしいものです。

A2の優勝はA.K君(6級)、準優勝はI.S君(8級)
これでA.K君は5級に上がります。
また、I.S君も7級に上がります。

2人ともおめでとう。

今、A2には9~10級で4人いて、見たところ平手でいい勝負になっています。
だからI.K君、Bクラスに戻りたいなんて言わないで。


Bクラスはリーグ戦。
優勝はT.H君(15級)。
全勝優勝です。文句なしに14級に上がります。
準優勝はS.N君(14級)。
13級になるかどうかは次回また見てみます。

あと、BクラスにF.H君(20級)がもどってきました。
将棋は久しぶりと言っていましたが、
見たところ、前より強くなっているような気がします。
お友達のT.K君が16級になっていますので、
彼に追いつくことが目標ですね。

また、CクラスのH.T君がBクラスに上がります。
級は21級からのスタートです。

さっそく、終盤の詰めがうまくなっていました。
成長度からいって、これから期待できそうです。

今回、CクラスはK.Rちゃんだけでした。
U.K君のお母さんに相手をしてもらいました。
見ますと、取れる駒がちゃんと取れており、
その点では成長しています。



今、吉永先生のほうで、詰将棋をプリントにして、
Aクラスの生徒に宿題として出しています。
これがけっこうみんな夢中になって解いています。

それで、吉永先生が、詰将棋の効果があって
みんな詰めの力が上がっていると言っていました。
やはり、やれば力はつきますね。


明日10日(日)はアイル杯将棋大会ですが、
私は仕事のためいけません。
出場する子はがんばってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰