東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

4月の千駄ヶ谷  4月28日(日)

2013/04/30 14:24 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

さて、4月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。
この日もいい天気でした。

今回の参加者は12名。
そろそろ、道場で級が上がってくれないと、という子もいます。
いや、けっこういます。

連休中だから道場はすいているだろうと思ったら、
全くその逆で、今までになく混んでいました。
席は満杯で、立って待つ人であふれかえるほど。
いやはや、大変でした。


先に言うと、今回の昇級者は無し。
調子の悪い子が多かったです。

そんな中でも、良かったのがK.K君。道場では4級。
今までは攻めだけが強かった印象ですが、
全体的に強くなっています。
しっかり勉強しているのがわかります。

U.K君(1級)も良かったのですが、
中盤で優勢になり、私が「これは勝ったな」と思い、
他のところに行って、また戻ってくると、
互角だったり逆転されたりするのが多いのですが。
相手も初段近くになると、逆転を狙った指し方ができるので、
どうも素直に相手の攻め筋に乗ってしまうのではないかと。

このところ教室では不調だったKH.T君(5級)も、
久しぶりの道場で、いい将棋を指していました。
特に、1局目でI.T君とあたった将棋は、
得意の粘りが出て、最後に勝ちきりました。
ライバル対決の意地がでましたね。

A.K君は、教室では4級ですが、道場では7級だったんですね。
だいぶ開きが出ましたね。
成績はたしか6勝3敗?ぐらいだったと思いますが、
もっと勝ててもいいと思います。
4級の力はありますので。
負けた将棋では、慎重になりすぎて押さえ込まれたかな、というのがありました。


今回調子の悪かった人は、
負けた将棋から学んでいってほしいと思います。
前から言っていることですが、
敗着の一手が自分でわかるようになれば、強くなります。


今回は以上です。
ちなみにこの日は、私の誕生日でした。
42歳ですね。いわゆる厄年です。
体には気をつけたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰