東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

5月の千駄ヶ谷

2013/05/20 12:28 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

この日もいい天気でした。5月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。

参加者は9名。

初参加はT.H君(11級)です。
道場では初めの数局の成績で級が決まりますが、
それを言ったのがプレッシャーになったのか、
緊張して思うように力が出せず、
14級からのスタートになりました。
しかし、慣れてきたらさすがといいますか、
その後は勝ちまくって、一気に12級まで上がりました。
また次回が楽しみです。

他には昇級者はいなかったですが、好成績の子が多くいました。

M.T君が8勝2敗。
M.A君が9勝3敗。
I.T君が10勝6敗。
K.S君が9勝5敗。

4人とも、教室での級が道場の級よりも上です。
やはり、そのくらいの力はあります。
次回は昇級のチャンスですね。
特にM.T君とM.A君は、次回いきなり2連勝で上がるはずです。



今回は局面からの問題を出します。
いずれも惜しかった将棋から。

まずはM.A君。
終盤優勢のところから相手に反撃されて、4六桂を打たれたところ。

2013-05-20a.png
手数は長いですが、詰みます。
詰将棋のように、1通りだけではありません。
M.A君は本当に惜しいところまで行ったのですが。
上級者向けです。
あえて答えは書きません。考えてみてください。



次はO.A君の局面。
2013-05-20b.png
6五角から5二銀とうまく寄せたところで、
相手が2二香と打って王手をかけたところ。
その後詰まされてしまいましたが、
実は詰みを逃れる方法があります。
これも考えてみてください。
中級者向き?
上級者ならすぐわかると思います。

ちなみに、2六金だと詰みます。
そのときの詰み筋も考えてみましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰