東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

7月の千駄ヶ谷  7月14日(日)

2013/07/17 11:07 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(-) | CM(0) Edit

さて、7月の千駄ヶ谷です。
それほど日差しは強くなく、助かりました。
帰りはにわか雨に見舞われたりしましたが。

参加人数は14名。相変わらず盛況です。
初参加はT.Y君(9級)です。

そのT.Y君ですが、
最近の上達ぶりから、もっと上の級がつくかもと思っていましたが、
さっそくの好成績で、道場から7級を認定されました。
よって、教室でも7級とします。
O.A君(5級)やH.Y君(5級)との直接対決では、
さすがに中盤での力の差は感じましたが、
終盤までよく粘っていて、いい将棋でした。


あと、昇級者は、O.H君が道場で2級に上がりました。
団体戦の東日本大会に向けて、調子が非常にいいです。
内容的にも、以前より一段階強くなっていると見ましたので、
教室では1級に上がります。おめでとう。


実は、教室で「級を上げる一歩手前」の生徒が多くいて、
今日はその将棋の内容を見て、昇級を判断しようと思っていました。
最近、Aクラスの将棋が全然見れていないので。


K.K君(2級)とM.A君(2級)も、このところ教室では好調で、
どうしようかと見ていましたが、まだ保留とします。
内容的に、O.H君の安定した勝ち方と比べると、やや下回ると判断しました。
でも、昇級候補には変わりありません。


U.K君は、大宮将棋センターでは、なんと二段に上がりました。
まだ2年生で、これはすごいです。
しかも、この日の道場トーナメント(2級以上参加)で、優勝しました!
千駄ヶ谷では1級なので、そのギャップがあるとはいえ、これはすごいことです。
内容的にも文句なしの強さです。
よって、U.K君を教室でも二段とします。おめでとう。
さすがに、駒落ちのハンデは厳しくなりますが(K.K君やM.A君と角落ち!)、
このくらい厳しいほうが本人のためにもなると判断しました。


M.T君も、団体戦東日本大会に向けて絶好調です。
千駄ヶ谷では2級ですが、いつ1級になってもいいくらいの強さでした。
よって、教室では初段とします。
正式な認定証はありませんが、何か用意したいと思います。おめでとう。


KH.T君(5級)は、久しぶりの道場ではりきりすぎたのか、
指し手が雑になっていました。
落ち着いて、一つ一つ勝っていきましょう。
4級に上げるのはまた今度とします。


あとはS.R君(8級)が、道場で8級でも十分に指せる内容になっていました。
あとは終盤、詰めの力です。
初めに8級に認定されて、そこから負けがこんで苦しい時期もありましたが、
くじけずによく頑張ってこれたと思います。立派ですね。


H.Y君(5級)も好調でしたが、教室で5級、道場で7級と差があるので、
次回、この好成績を引きついで、6級に上がってほしいです。


次回は8月の最終週を予定していますが、
夏休みの間は、行けるときにどんどん道場に行ってかまいません。
4年生ぐらいまでは、保護者の付き添いが必要なので、お手数かかりますが。

上級者なら、大宮将棋センターに行くのもいいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰