東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

小中学校将棋団体戦 東日本大会 7月25日(木)

2013/07/27 04:10 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

前回のブログで、「7月中は土曜以外は全部仕事で埋まっている」と書きましたが、
あれは間違いでした。
7月25日(木)、ちゃんと休みを取って、原山小が出場する東日本大会に、応援に行ってきました。

私のコンディションは最悪でしたが、出場する3人とも元気そうで、期待が持てます。
6年生が2人なので、小学校でこのメンバーでの参加は最後です。
有終の美を飾りたいものです。


会場は東京都の東京スポーツ文化館。毎年同じです。
DSCF0498.jpg

これは開会式の様子。島朗九段による挨拶です。
DSCF0495.jpg

会場全体はこのような風景。小学校、中学校、ともに32チームが参加。
DSCF0497.jpg

小学校は8チームごと4ブロックに分かれて予選です。各ブロックから1校が勝ち上がり。
3回対局できますが、要は1敗もできないトーナメントみたいなものです。

さて、原山小のメンバーは、大将S.A君に、二将O.H君、三将M.T君。
いつものメンバーです。

一回戦の相手は、福島県代表の会津若松市立河東学園小。
会津は私の両親の故郷なので、情がわきますが、そんなこと言ってられません。
DSCF0501.jpg
結果は、2-1で勝利!
S.A君、O.H君ともに危なげない勝利でした。
O.H君は相手玉を仕留めきれないことを悔やんでいましたが、
相手に何もさせない立派な完封勝ちでした。
M.T君の相手はやけに強かったです。これは気にしない。


二回戦の相手は、東京都代表の国立学園小。げっ、ここは強い。
しかも去年負けているところです。
DSCF0503.jpg
結果は、1-2で敗退。リベンジならず。
まず、大将戦は、相手が強すぎ。これはさすがにきつい。
二将戦は、O.H君が見事な指し回しで、熱戦の末に勝ちました。これは見事。
実は一番早く終わったのが三将戦。
相手の横歩取り4五角戦法に、M.T君が見事に引っかかってしまいました。
横歩取りは、定跡を詳しく知らないと、危険です。
ちゃんとした戦型で戦えば、いい勝負になっていたかも?後の祭りですが。


三回戦の相手は、秋田県代表の、秋田市立勝平小。
ここで勝って、勝ち越しで終わりたいものです。
DSCF0505.jpg
結果は、2-1で勝利!
今度は、M.T君はあっという間の勝利でした。勝つのも負けるのも早かったですね。
O.T君は今度は中盤から押し切られ、あっさりと敗北。
大将のS.A君は、さすがでしたね。
相手も強かったはずですが、序盤から中盤で一気にペースを握って、完勝でした。


結果、トータルで2勝1敗。堂々の勝ち越しです。
DSCF0507.jpg

3人とも、埼玉県大会のときよりもレベルアップしていました。
道場に行ったり、3人で集まって練習したりと、
日頃の努力がうかがえる内容でした。
よく頑張ったと思います。

ちなみに、埼玉県代表は、3校とも2勝1敗の結果に。
レベル高かったんですね、埼玉県。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰