東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

11月の千駄ヶ谷

2013/11/26 12:37 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

いい天気でした。
参加者は全部で16名。

好成績の子は多くいたけれど、意外と昇級者は少ない、という回でした。

前にも書きましたが、千駄ヶ谷は昇級の基準が厳しく、強い人たちが星のつぶし合いをしている状態で、そんな中を勝ち上がるのはなかなか大変です。

教室での級が、一般的な基準だと思ったほうがいいですね。
千駄ヶ谷と教室で級がかけ離れている子も多くいます。

それでも、道場でいろんな人と、たくさん対局することは、絶対にいい経験になります。
礼儀やマナーの大切さを知る上でも。


昇級者は、T.H君。9級から8級に上がりました。教室では7級。
教室でも順調に強くなっています。さらに上を目指していきましょう。

あと、T.Y君の弟のT.R君(幼稚園年長)が、一気に12級に上がりました。
急に強くなってましたね。
T.R君、次回の教室から正式に入会します。何級になるのか楽しみです。

昇級者はここまで。
惜しかったのはM.A君(初段)。安定して勝てていますが、昇級の一番を逃してしまいました。
しかし、強くなっています。無茶な手が減って、力が安定して出せるようになりました。

あと、中級から上級になるには、と考えて思ったことが、

「読みの入った手が指せるようになること」

もちろん、3手の読みは当然として、
どれだけ、相手の手をより幅広く、より深く読むことができるかだと思います。
勢いだけで指すのは、強い相手にはなかなか通じないですね。

普段から、詰将棋や次の一手問題などで勉強して、読みの力をきたえるのも大事ですが、
対局のときに、いつもよりじっくりと考えて指すという習慣が第一だと思います。

だからといって、やたらに長考していいわけではありません。
本当に強い人は、短い時間でも、深く幅広く読むことができています。
もちろん、頭の中はフル回転ですが。

やはり、日ごろの習慣づけでしょうね。


12月の千駄ヶ谷は、まだ未定です。15日か22日には行きたいという状態です。

12月の教室の予定は、14日(土)がお休みです。
毎年、12月の第二週は、どこかの吹奏楽のイベントの控室として、全部のセミナールームが使えなくなってしまうのです。すみませんがご了承ください。
また、クリスマス会は21日(土)の予定です。
28日(土)も部屋は使えますが、活動を行うかどうかは、まだ未定とさせてください。


スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰