東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

1月18日(土)の活動

2014/01/20 01:54 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

かなり寒い日が続いています。
体調をくずしている子も多いですね。
気をつけてください。

前に無料体験で来たU.S君(谷田小4年)が新しく入会しました。
級は20級とします。
序盤の指し方や終盤の詰めを覚えていけば、もっと勝てるようになります。
がんばっていきましょう。


それでは今回の結果です。今回の参加者は29人。

A1(初段~3級)は7人。優勝はM.A君(初段)、準優勝はO.T君(2級)
M.A君強いです。大幅な勝ち越しが当たり前のように続いています。
しかし、二段に上がるには、もう少し様子を見ます。

A2(4級~9級)は7人。優勝はK.T君(4級)、準優勝はM.S君(9級)
K.T君は3級に、M.S君は8級に上がります。
このあたりは、強くなった子の級を上げていかないと、
明らかにとばっちりを食って、負けが込みすぎて調子をくずしている子が出てきています。
べつに、弱くなったわけではありません。

B1(10級~15級)は8人。優勝はT.S君(13級)、準優勝はA.I君(10級)
T.S君は12級に上がります。
長らく不調だったA.I君の調子が戻ってきました。
もう少し様子を見てAクラスに復帰させたいと思います。

B2(17級~26級)は7人。
3勝1敗がT.T君(17級)、SA.K君(17級)、K.M君(21級)の3人で、
勝った相手の勝数の合計から、優勝をK.M君、準優勝をSA.K君とします。
3人とも級は上がります。
T.T君とSA.K君が16級、K.M君は20級になります。
K.M君はBクラス初優勝。確かに強くなっています。
あとは集中力さえつけば、一気に級が上がる可能性を秘めています。

また、今回はH.H君をBクラスに入れてみました。26級で。
2勝2敗で、十分な成績であり、内容的にも問題ないので、
正式にBクラス入りとします。おめでとう。


たびたびくどいようですが、来週25日(土)の教室はお休みです。
2月1日(土)は10時から第4セミナールームです。


あと、前々から気になってはいたのですが、
「2級差で香落ちだと、下の級はほとんど勝てない」という問題があります。
よって、来月から、実験的にですが、
2級差の駒落ちを、左銀落ちに変更します。
それで勝敗のデータをとって、正式に決めるか考えます。
角落ちに近いけれど、角落ちまではいかないくらいのハンデだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰