東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第1回将棋教室名人戦  4月20日(日)

2014/04/22 06:39 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

「将棋教室名人戦」という名前の個人戦です。

昨年、将棋教室対抗の5対5の団体戦がありましたが、
それと同じく翔風館さん主催の大会です。

場所も同じく、高島平区民館です。

クラスは、学年と級(初段~6級と7級以下)によって細かく分かれます。
予選(2勝で通過、2敗で失格)を抜けると本戦トーナメントです。

東浦和こども将棋教室からは、13人が出場しました。

まず、一番多い、5・6年の初段~6級のクラスでは、
M.T君(二段)とT.Y君(1級)、O.T君(2級)、K.S君(3級)が予選通過。
M.T君がベスト8、他はベスト16という結果に。
見ていて、O.T君の指し回しが強かったという印象でしたが、
本戦で負けた相手も強かった。確か3位に入った子。
終盤惜しいところまでいきましたが、寄せきれずに敗退。

3・4年で初段~6級のクラスでは、A.K君(4級)が予選通過。
初段までいるクラスで、これは見事です。
本戦は1回戦で負けましたが、自信につながったと思います。

1・2年の7級以下のクラスでは、S.N君(7級)とT.R君(9級)が予選通過。
このところ不調だったS.N君も、今日の将棋は見ていて強かったです。

5・6年の7級以下のクラスでは、FK.H君(7級)が予選通過。
しかも、FK.H君、3位に入賞しました。
最近めきめきと強くなっているので、期待はしていましたが、
それでも3位は立派です。
賞品は近藤六段の直筆色紙をもらいました。
よかったですね。

予選落ちした子も本戦で負けた子も、午後からは自由対局でした。
ここぞとばかりにみんな指しまくって、
すごいですね、将棋体力といいますか。
予選落ちしたM.S君(5級)は、午後はほとんど負けなしだったような。

みんないい経験になったと思います。
付き添いの保護者の方、お疲れさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰