東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

5月の千駄ヶ谷 5月18日

2014/05/21 03:33 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

いい天気でした。絶好の行楽日和ですね。

今回の参加者は14名。

初参加はN.Y君(10級)とT.T君(12級)。

まずN.Y君は11級に認定されてから、あっという間に3連勝で10級に。
その後も5勝3敗と好調でした。
T.T君ははじめ14級で、その後勝ちまくって一気に12級に。
教室と同じ級が目標でしたので、2人とも目標達成になります。

他に昇級者は、FK.H君(5級)が9級から7級に、
M.S君(3級)が6級から5級に。
まだまだ、教室の級とは差があるので、次回も期待しています。

教室の級と近い子では、
M.A君(初段)が1級で8勝4敗。
A.K君(4級)が5級で10勝7敗。
I.T君(1級)が2級で7勝4敗。
H.Y君(2級)が3級で8勝5敗。
と、好調な子が多くいました。
昇級のチャンスもあっただけに、そこは勝負強さが必要なところ。

数多く対局するのはいいことですが、
疲れが出るのか、午後からは雑な将棋が目立ちました。
とはいっても、早めにやめてしまうのはもったいないので、
ほどほどに休けいをとりながら指すのがいいと思います。

あと今回、将棋を見ていて、実戦の詰将棋になっている局面が、かなり多くありました。
非常に珍しいです。もちろん喜んで採集しました。
一応、ちゃんとした詰将棋になるように、形は少し変えて出題します。
まだ答えは書きません。要望があれば後日書きます。

まず一つ目。7手詰。これは簡単なほう。
2014-05-21a.png

続いて5手詰。入玉形だが、解きやすいほうかも。
2014-05-21g.png

これは7手詰。少し変えましたが、似たような手順でM.A君は詰ましました。
手順前後に注意してください。
2014-05-21c.png

9手詰。
昔から有名な手筋ですが、まさか本当に現れるとは。
初手3一銀だと、1二玉と逃げられて詰みません。
2014-05-20g.png


11手詰。余分な持ち駒をなくしただけで、なんと実際にこの形でした。
2014-05-21d.png

次は持ち駒が余るので不完全作ですが、これも実際の形から。
最長で13手詰。玉方の粘りにも注意してください。
2014-05-21f.png

最後は19手詰。余詰(正解以外の詰め筋)を消すために形は変えましたが、
詰み筋はほぼ実際の形のと同じです。
打ち歩詰め回避の手筋って、実際の将棋にあったんですね。
詰ませたらかなりの腕前です。
19.png



来月の千駄ヶ谷は、団体戦の前の調整という意味でも、
6月15日(日)に行きたいですが、
私の仕事の都合をどうにかしないといけないので、未定とさせてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰