東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

5月31日(土)の活動

2014/05/31 23:57 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

暑かったですね。夏のような暑さでした。

この日は道祖土小、中尾小、岸町小など多くの学校で運動会でしたが、
暑さは大丈夫でしたでしょうか。
そんなわけで、参加者は少なく、22人でした。

A1(1級~5級)は10人。優勝はH.Y君(2級)、準優勝はM.S君(3級)。
H.Y君は6勝0敗。上の級に休みが多いとはいえ、すごいですね。
次回、上位陣との成績によっては、1級もありえます。

A2(7級~10級)は5人。優勝はS.I君(7級)、準優勝はK.H君(8級)。
K.H君は7級に上がります。
この前の水曜教室でも、強くなっていることは十分にわかりましたので。
S.I君とN.Y君(10級)も上げてもいいかなとは思いましたが、
次回、人数がもっと多いときの成績で決めます。

B(13級~28級)は6人。Bクラスにしては珍しいくらいの少人数でした。
優勝はH.T君(13級)、準優勝はT.J君(17級)。
2人とも、同じくらいの級の子がいなかったので、昇級の参考にはなりません。

このクラスでは、駒落ちはどうしても上手(うわて)有利になりやすいですね。
(もちろん、Aクラスでも上手有利ですが、特にBクラスという意味で)
K.Rちゃん(21級)やS.R君(24級)も中盤までは強くなってはいるのですが、
詰めが甘いと上手にはなかなか勝てません。
寄せというより詰めですね。

逆にいうと、詰めの力がつけば驚くほど急に勝ち上がれるのがBクラスです。
やはり、毎日少しずつでも、家で詰将棋をやってほしいです。
まずは1手詰、できれば簡単な3手詰で練習するといいでしょう。

あと、Bクラスでは、I.G君を28級として、正式にBクラス入りとします。
M.K君(28級)と同じくらいの力があると見ていいでしょう。
2人で競い合って、上の級の子に近づいてほしいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰