東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

7月12日(土)の活動

2014/07/13 04:12 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

心配されていた台風ですが、何の影響もなくよかったです。
それもあってか、今回の参加者は33人と多めでした。

先週、体験に来たM.T君(大牧小3年)が正式に入会しました。
Bクラス、25級からのスタートとします。
序盤の形はできているので、あとは中終盤ですね。
がんばっていきましょう。よろしくお願いします。

A1(初段~2級)は8人。優勝はK.S君(2級)、準優勝はO.T君(1級)。
A1クラスに上がったばかりのK.S君が、さっそく6勝2敗で優勝です。
これはすごいです。1級の強者たちにも平手で勝っていますので。

A2(3級~6級)は7人。優勝はA.K君(4級)、準優勝はK.H君(6級)。
A.K君は3級に上がります。久しぶりの昇級ですね。
水曜教室にも来ており、内容的にも強くなっているのはわかっていましたので、
この優勝を機に、という感じです。中盤・終盤の力強さが増しましたね。

A3(9級~10級)は5人。優勝はT.S君(9級)、準優勝はN.Y君(9級)。
T.S君とN.Y君は、ともに8級に上がります。
T.S君の成長がすごいことになっています。
団体戦の歩兵杯のチームも期待しています。

B(12級~26級)は13人。優勝はH.T君(12級)、準優勝はU.S君(17級).
H.T君は12級に、U.S君は16級に上がります。
まだまだ他にもいます。
K.Rちゃん(21級)は20級に上がります。
このところ成績もよく、終盤でちゃんと勝ち切れる将棋になってきました。
M.K君(26級)とI.G君(26級)は、ともに25級に上がります。

現状、Bクラスは、少し級の差が広がりすぎたところがあり、
本当なら、もっと平手の将棋が増えるように、級の差を縮めていきたいのです。
しかし、そうすると、駒落ちで上手が勝ちすぎるという問題があったのですが、
ここ最近の下手のがんばりを見ると、それも大丈夫のような気がします。

まずは、M.K君I.G君M.T君の25級グループで、
がんばって競い合いながら強くなって、S.R君(23級)やK.Rちゃん(20級)と
平手で指せるように追いついてほしいと思います。
もちろん、S.R君やK.Rちゃんもさらに上を目指して、
雪だるま式のように、みんなで強くなって級が上がっていければいいですね。


プラザイーストで午後にやっていた将棋教室が、この日で終了しました。
全部で8回。最後はクラス別に将棋大会を行いました。
初めはなかなか勝てなかった子が、大会では勝てるように強くなっていたりと、
子どもの成長というか、吸収力はすごいですね。
大変でしたが、喜びも十分感じられました。

その午後の教室を一緒に手伝っていた新美さんという方を、
指導者としてこの教室にも呼びたいと考えています。
まずは、来週、教室見学という形で来る予定ですので、
生徒や保護者のみなさん、よろしくお願いします。


21日の将棋教室対抗戦ですが、この前の水曜や今回の教室に来た人には、
参加者全員にお知らせの書類が行き渡っていると思いますが、大丈夫ですね?
もし、まだもらっていないという方は、私まで連絡ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰