東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

7月19日(土)の活動

2014/07/20 10:12 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

今回の参加者は30人。

体験で1人来ました。T.K君(芝原小2年)です。
プラザイーストの午後の将棋教室に来ていた子で、
回を重ねるたびにどんどん強くなっていった子です。
さっそく入会も決まりました。よろしくお願いします。
級は、7級か8級というところですが、
駒落ち将棋に慣れるためにも、まずは8級にします。
イニシャルは、12級のT.K君とかぶるため、
今後の表記は、T.KE君(8級)とT.KO君(12級)とします。

これで芝原小の2年生は3人目、芝原小全体で7人目です。
すごいですね芝原小。


また、今回は、プラザイーストの将棋教室を一緒に手伝っていました
新美さんが来てくれました。
さっそく、生徒たちと指導将棋をしてもらい、
ていねいな指導に、生徒たちもうれしそうでした。
今後も来ていただく予定です。
みなさん、よろしくお願いします。


それでは、今回の結果です。

A1(初段~2級)は7人。優勝はM.S君(1級)、準優勝はM.A君(初段)
今回はI.T君は休みでしたが、実力的には1級の4人はみんな強くなっています。
だれが初段になってもおかしくありません。
初段になるには、1回ではなく、3~4回ぐらいの総合成績で見ます。
がんばりましょう。

A2(3級~6級)は7人。優勝はFK.H君(4級)、準優勝はI.S君(5級)
FK.H君は3級に上がります。
7勝1敗で、文句なしの昇級です。
I.S君も最近の成績は好調です。4級が見えてきました。

A3(8級~10級)は4人。優勝はT.S君(8級)、準優勝はA.I君(9級)
T.S君は7級に上がります。
T.S君の勢いが止まりません。
内容的には、細かいミスがあっても、かまわず突進する感じです。
しかし、勢いだけでは、A2クラスに入れるにはまだ足りないように思います。

B(12級~25級)は12人。優勝はH.K君(18級)、準優勝はFJ.H君(13級)
H.K君は17級に、FJ.H君は12級に上がります。
H.K君は9勝1敗!目ざましい成長です。16級にしてもいいくらいです。
FJ.H君は7勝1敗。最近の不調がうそのような勝ちっぷりでした。
ライバルが先に昇級すると、急に気合が入るようです。
今回のH.T君(12級)との一戦での、あの終盤の寄せと詰みのときのような気迫を、
ふだんから出してくれれば、絶対もっと強くなります。
また、M.K君(25級)は24級に上がります。
平手の将棋では、圧倒的な強さでした。
23級にしてもいいくらいですが、駒落ちだと負けが多いため、
とりあえず24級とします。


8月17日にはさいたま市小中学校竜王戦が行われます。
詳細は前回の記事にあります。
申込締切が7月31日と、気がつけばけっこう早いですね。
お気をつけください。
参加クラスの基準は、この教室での級とします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰