東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

7月23日の水曜教室

2014/07/24 02:46 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

さいたま市の小学校は、今日が一学期の終業式で、
夏休みが始まりました。

それもあってか、今回の参加者は、なんと15人。新記録ですね。
第2セミナールームがほぼいっぱいになるほどの盛況でした。

初参加はT.T君(9級)とT.R君(8級)。

T.T君は、この前千駄ヶ谷で9級に上がったため、
教室でも9級にします。
私とは六枚落ちで対局。たしかに強くなったところは感じましたが、
六枚落ちは端を攻めないとなかなか勝てません。

T.R君とも六枚落ちで。T.R君の場合は、端を攻めようとしましたが、
手順をまちがえてしまったので、正しい手順を教えました。

2人とも、また次の挑戦を待っています。

せっかくT.R君は来たのですが、今回はI.M君(8級)はお休みでした。
同じ1年生どうしで、棋力も合い、指してみると面白いかなとは思いました。

あと、丹野将棋教室に通っているF.K君が、水曜教室に来てくれました。
丹野将棋教室では3級ということで、ここでも3級にしましょう。
さっそく、O.A君(2級)に平手で勝つなど、実力は十分あります。
夏休みの間は来てくれるということですので、よろしくお願いします。

人数が多いためか、二面指しで次々と指導対局をしていきましたが、
みんな強くなっていますね。たくさん負けました。もちろん私が。
けっこう疲れましたが、いやいやそれでも、塾の夏期講習よりは全然楽です。

M.T君は、大宮で三段だと言われたようで。すごいですね。
もちろん、この教室でも三段にします。
そりゃ、角落ちで私が勝てないわけです。ということで銀落ちに。
銀落ちを取り入れたのは私ですが、実はその私が今まで銀落ちを指したことがなく、
これが初めての経験になりました。
銀落ち上手は振り飛車がよさそうだと中飛車にしたのですが、
左銀がないと、やすやすと居飛車穴熊に組まれてしまうことに。なるほど。
途中私が指しやすいかなという局面はあったのですが、
居飛車穴熊は固く、私が先に寄せきられてしまいました。
いやー、強いですね。

H.Y君(1級)とは角落ちで対局。
終盤、私が「詰むかな」と思った手順で詰まず、
逆に私の玉が「逃げきれるかな」と思ったら詰まされてしまったという、
上手として恥ずかしい結果になってしまいましたが、
いや、それだけ、H.Y君の手順が完璧だったということです。
しかし、角落ちでこうなるとは。初段の力はすでにありますね。

O.T君(1級)は、飛車落ちで私に勝ちました。
前回は惜しいところまでいって負けましたが、
その反省を生かして、
上手に受けに持ち駒を使わせて、押さえ込むことに成功しました。
次は角落ちでいきますか?

あと今回、久しぶりに中学生のO.F君が来てくれました。
前回まで6級で、あれから特に将棋はやっていないということでしたが、
いやいや、強くなっています。自由対局でも圧倒的な勝率でした。
なので、5級とします。
部活で忙しいということでしたが、ぜひまた来てください。

他にも、久しぶりに来た子など、みんないろいろとがんばりましたが、
書ききれないのでこのへんで。

次回7月30日(水)は、午後1時から5時まで、第1セミナールームです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰