東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

10月1日の水曜教室

2014/10/02 11:51 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

10月になりました。第1セミナールームでの水曜教室です。

今回の参加者は3人。うーん、少ないかな。
K.H君(4級)、H.Y君(初段)、T.H君(7級)です。

K.H君には二枚落ちの定跡を教え、
ふつうの定跡形なら、上手がどうしようが勝てるようになりました。
途中で上手が変化すると、はじめはとまどっていましたが、
「上手が動いたところには必ずスキができる」ということを指導し、
勝てるようになりました。

H.Y君(初段)は、
二面指しの私と銀落ちなら勝てますが、
一面指しの私が相手だと、まだまだ私が有利かなというところです。
それでも、攻めのするどさはさすが初段といったところでしょう。

T.H君(7級)は、私と四枚落ちで。
途中、飛車が成りこむところまでは優勢で、
そこからもたついている間に逆転されました。
このようなときは、
遅いようでも、と金を作って攻めることが、意外と早くて確実です。
と金攻めが使えるようになれば、もう負けないでしょう。


それでは、水曜教室、参加者ぜひお待ちしています。
将棋が強くなるように、がんばって指導していきますので。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰