東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

10月29日の水曜教室

2014/10/29 22:43 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

10月最後の水曜教室です。
今回の参加者は7人。

すっかり水曜レギュラーになったK.T君(3級)ですが、
今回は弟のK.M君(18級)も来ました。久しぶりですね。
土曜は兄と一緒にフットサルに行っているので、
やはり来れないということです。
K.M君には六枚落ちの指し方を教えましたが、
上級者とやるとまだまだ厳しいです。
また今度挑みに来てください。

今回から、水曜教室の「賞品」が復活しました。
「レッツ将棋クリアファイル」です。
非売品です。数量限定です。あと8枚です。
もらえる方法はただ一つ。私に勝つことです。
落とす駒はある程度決めていいです。

実は初め、詰将棋プリントを全部解いてももらえることにしていましたが、
するとH.Y君(初段)があっという間に9問全部解いてしまいましたので、
これはなしにします。初段くらいなら簡単でしたね。
言った手前、H.Y君にはあげました。

今回、私に勝てたのは、K.H君(4級)が二枚落ちで、だけでした。
どちらも動けないような駒組みから、
私が無理に仕掛けてしまいましたが、
それでも少し間違えたら負けのところを、よく受けきりました。

O.T君(初段)との角落ちは、終盤ぎりぎりのところで、私の勝ち。
飛車取りに飛車を逃げずに、寄せにかかれば、O.T君の明確な勝ちでした。

私が上手を持って指していて、
「あー、ここでこう指されると負けだなー」と思うときは、
かなり多くあります。もちろんそのときは言いませんが。
感想戦では指摘します。
なので、私が自信満々のような顔で指したとしても、
ひるまずに、自分の読みを信じてください。

もちろん、勝っても負けても、そこから手筋を学んでほしいと思います。
そうしないと、指導将棋の意味がありませんので。

11月も水曜教室は毎週あります。第1セミナールームです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰