東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

10月の千駄ヶ谷  10月16日(日)

2011/10/17 13:21 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

さて、今月も千駄ヶ谷の将棋会館道場に行ってきました。

参加者はなんと10名。今までで一番多い人数です。

初参加はO.T君(12級)。今回はお母さんも付き添ってくれました。ありがとうございました。

道場では何局かの成績によって級が決まるのですが、
O.T君、なんといきなりの15級スタート。
しかし、そこから本来の実力を出して、
14級、13級と上がって、結果は13級に。

たくさん勝てたので、この方がよかったですね。
楽しんでくれたようです。


K.S君(10級)が9級に上がりました。
9級に上がるには5連勝か8勝2敗なんですが、
4連勝の後惜しくも1敗。
だが、ここで気持ちを落とさずに、
そこから4勝1敗で切りぬけ、8勝2敗で見事昇級しました。
精神的な成長が見られましたね。


あと、絶好調だったのがM.Aさん(14級)
10級までは3連勝で昇級ですが、
立て続けに13級、12級と上がりました。
このところ行事などであまり教室に来れなかったですが、
詰め将棋の本は読んでいたとのこと。
道理で、詰めがうまくなっていました。
初級者の将棋だと、詰めの力が実際に勝敗を分けるんですね。


中級者では、O.S君(5級)が安定して勝ち越せるようになりました。
4級に近くなっています。次回に期待です。
M.A君(6級)は五分に近い成績でした。徐々に中飛車にも慣れてきています。
H.M君(4級)は不調でしたね。

道場のほかの5級くらいの人は、攻めになると強いという人が多いです。見ていますと。
なので、受けるときにしっかり受けないと、連勝するのは難しいですね。

ここでいう「しっかり受ける」とは、
ただ素直に相手の攻めに応じる(駒を交換したり自分の駒が引き下がる)だけではなく、
相手の攻め駒を逆に攻めるような、
力強い反撃ができるといいですね。
そうすると、調子よく攻めている相手が、急に混乱します。面白いように。
このような受けができれば、上級者への道が見えてきます。


さて、史上最多の人数での道場ツアーも、無事に終了しました。

今回から時間は30分延長して、3時半に道場を出て、4時半に浦和駅到着としました。
今後もこのようにしたいと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰