東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

12月の千駄ヶ谷  12月21日(日)

2014/12/22 10:56 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

今年最後の千駄ヶ谷将棋会館ツアーです。

今回の参加者は10人。
同じ日にU-18将棋スタジアムという将棋大会があり、
そちらに行った人も多かったです。

昇級者は、T.SU君(7級)。道場では9級から8級に上がりました。
大きなミスがなく、初級者相手には自然に勝てる将棋になっています。
しかし、ちょうどS.N君(4級)と角落ちで当たりましたが、
そのときは中盤でS.N君の力技に押し込まれていました。
より上を目指すなら、それをはね返す力でしょうか。

I.H君(4級)は久しぶりの参加。
教室では4級ですが、道場ではまだ7級でした。
7勝5敗でしたが、7級ならもっと勝てるかなというところ。
攻めの手筋がだいぶ使えるようになっていて、
内容的には強くなっていますので、
次は6級に上がりたいです。

FJ.H君(10級)も久しぶりの参加。
T.KO君(11級)とのコンビで楽しそうでした。
しかし成績は、FJ.H君が5勝8敗、T.KO君が4勝11敗と大きく負け越し。
FJ.H君は中盤まではよく、するどい手も指し、考えて指していることはわかります。
しかし、終盤でのうっかりミスが多かった。王手の見落としもありましたし。
T.KO君は、負けが込むと、将棋の内容的に勢いがなくなります。
攻めか守りかはっきりしない手を指すことがあるので(有段者では高等戦術ですが)、
指す手の目的をしっかり持つことが大事です。

M.S君(二段)は道場では1級。
前回から引き継いだ昇段へのチャンスは逃してしまいましたが、
11勝4敗の好成績。次回2連勝すれば初段です。
この日は相振り飛車が多かったです。
相振り飛車は私は専門外なので、あまり何とも言えませんが、
決まった形の定跡が少なく、駒組みのセンスが大事なのです。
そんな私から見ても、駒組みでやや作戦負け(指しにくい)かなと思うことがありました。
このあたりは実戦で経験を積むことでしょうか。


次回の千駄ヶ谷は、1月18日か25日のどちらかで考えています。
決まり次第お知らせします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰