東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

2月の千駄ヶ谷 2月22日(日)

2015/02/24 06:47 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

雨が降りそうな天気でしたが、行き帰りは降らずに助かりました。

今回の参加者は、途中参加も含めて18人。

昇級・昇段者がたくさん出ました。
みんなの成長ぶりには感心させられます。

T.Y君(初段)とH.Y君(初段)が1級から初段に上がりました。
よって、2人とも教室では二段に上がります

千駄ヶ谷の初段はかなりレベルが高く、
初段になるのが日本一難しい道場だとも言われているのです。
なので、教室で二段になるのに十分な実績といっていいでしょう。

O.T君(初段)は2級から1級に上がりました。
O.T君の実力も二段にかなり近いので、
次に何らかの実績を残せれば、となります。

N.Y君(初段)は4級から3級に上がりました。
まあ、実力からしたらまだまだ上がります。

H.T君(9級)とT.K君(11級)は11級から10級に上がりました。
勝ち方がわかってきて、ますます将棋が面白くなってくるころです。
しかし相手も強くなるので、ここからが勝負です。

昇級昇段者はここまで。

他はS.F君(二段)が最後4連勝、S.I君(4級)が最後5連勝と、
次回へのチャンスを作りました。
S.I君は調子に波がありますが、強いときはやはり強いです。

A.K君(2級)、T.SU君(4級)、I.H君(4級)も好成績でしたが、
教室と道場の級が3つはなれている人は、
相手のレベルから見ても、級を上がってほしいと思います。
勝ち越すのは当然として、まずは昇級のチャンスをつくりましょう。

あと、見ていて思うのは、
終盤の勝負どころでちゃんと考えて指している人は強い、ということです。
まあ、当たり前のことですが。

ちなみに、ほとんど負けの局面になって、指す手がなくて迷っているのは、
考えているとは言わないです。
その前にさかのぼって、勝負が決まるポイントのところでしっかり考えて、
たとえ正解手ではなかったとしても、
自分の中で最善手を決めて指せるようになると、間違いなく強くなります。

今回の参加者に限らず、思い当たる人は、このことを心がけていきましょう。

次回の千駄ヶ谷は3月15日(日)の予定です。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰