東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

11月の千駄ヶ谷  11月13日(日)

2011/11/14 11:19 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

さて、11月の道場ツアーです。参加者は8人。

今回、すごいのは、昇級者がたくさん出ました。
一気にお知らせします。
M.A君 6級→5級
K.S君 9級→8級
O.T君 12級→10級
M.Aさん 12級→11級
K.T君  15級→14級

なお、O.T君とM.Aさんは、Aクラスに入ることになりました。
これで、10級前後の層が、一気に厚くなりましたね。


ちなみに、千駄ヶ谷の道場には、「9級の壁」と「4級の壁」があります。
なぜかと言うと、この級を境に、上がる条件が厳しくなるからです。

そうなるとどうなるか。他の子も、10級と5級に集まりやすいのです。
ふきだまりのようになっているのですね。

A.K君(10級)は、今、この壁でもまれている状態ですね。
今回は調子が悪く、大きく負け越してしまいましたが。
次回に期待です。

O.H君(4級)とO.S君(5級)も、条件の厳しさに苦しんでいます。
特に5級には、攻めだけならやたら強い子もいて、
そのような相手にきっちりと勝てるかが昇級のカギです。
それでも、
O.H君は今回も昇級のチャンスは何回かありましたし、
O.S君も安定して勝ち越せています。


昇級者では、M.A君の中飛車の指しまわしが急にうまくなりました。
強い人が相手でも、押し込まれずに飛車交換などに持ち込めています。
イニシャルが同じのM.Aさんは、一点突破型の「攻める中飛車」。
初級者でこれを受けきれる子は少ないはずです。
K.T君の中飛車もかなり形になってきました。あとは終盤の力ですね。

こう書くと、「中飛車戦法」が絶好調ですね。

O.T君は本格派の矢倉戦法。
押し相撲のように、上から押しつぶす攻めができるので、
これも初級者では受けきれないはず。

K.S君はいろいろな戦法を指し、
終盤になると力を発揮するタイプです。
今日、さらに終盤力が上がったように見えますね。


あと、全員に言えるのが、集中力と盤に向かう姿勢がすごくいいです。
次回も同じようにがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰