東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第11回小学校団体戦(Aクラス)

2015/06/01 11:54 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

5月31日、カルタスホールで行われた、第11回小学校団体戦埼玉県大会です。
今年から、Aクラス(県代表を目指す)とBクラス(交流戦)の2つに分かれました。
長いので、2回に分けて書きます。まずはAクラスです。

P1010398(1).jpg


全部で10チームが参加。
そのうち、東浦和こども将棋教室からは、
尾間木小、岸町小、埼大附属小A、芝原小A、三室小の5チーム。

予選はスイス式の4回戦で、通過した4チームでトーナメント。
3位までが埼玉県代表として、東日本大会に出場できます。

まず結果を言いますと、
埼大附属小Aが優勝しました!
S.N君(4級)、K.K君(三段)、I.T君(二段)の3人。K.K君は元生徒です。
昨年は準優勝でしたので、2年連続の代表になります。
S.N君を大将に置く作戦がうまくいったのと、
K.K君やI.T君が勝負どころで確実に勝ったのが勝因です。
I.T君は個人成績で全勝ですね。
予選で新曽北小の3番手の選手(この前の竜王戦では負けている)と当たった時に、
気合十分で攻め込んで、見事にリベンジしたのが印象的でした。

あと、今回一番のサプライズですが、
三室小が3位に入賞しました!
FK.H君(初段)、I.K君(1級)、W.H君(3級)の3人。
特にI.K君とW.H君の活躍がすごかったです。
相手チームは2番手3番手にも強い選手はいたのですが、
見ていても非常に勢いのいい将棋で、破っていきました。
これが、団体戦ならではというか、
チームの勝利のために普段以上の力が出せるということです。
見ていて感動しました。
また、大将のFK.H君も、相手は三、四段がほとんどでしたが、
よく食らいついて、いい内容の将棋でした。

あと、準優勝の川口市立戸塚東小チームですが、
実はH.T君(8級)が3番手として出場していたのです。
H.T君がいないとチームは組めなかったわけで、
大いに貢献したと言っていいでしょう。
対局姿勢も堂々としていて立派なものでした。

この3校が、埼玉県代表として、7月27日に行われる東日本大会に出場します。
あと2か月ほどありますので、さらに練習を積んで、力をつけていきましょう。

そのほかのチームですが、
私の中では代表候補だった芝原小Aは、順番の作戦ミスが響きました。
K.H君(2級)を2番手ではなく、1番手か3番手にすれば、
全然ちがった結果になったのではないかと思います。
尾間木小も、I.G君(7級)が2番手でなく、思い切って1番手なら、
O.A君(初段)K.S君(初段)の力なら、もっと勝てたのでは。

2番手は、他のチームでは初段~3級くらいの子がくることが多く、
そこを確実に勝ち切れるかが、大きなポイントになります。
私はチーム内の順番には口出しできませんが、次回以降の参考に。

今回、Aクラスに強いチームが集まったため、岸町小は大変でした。
Bクラスに入れるには強すぎかと思ったのですが、
実はBのレベルがかなり高く、そんなことなかったでした。
私の判断ミスです。ごめん。
しかし、来年もありますので、Aクラスに慣れておくのもいいことです。
来年は代表を目指します。

P1010404(1).jpg
P1010406(1).jpg
P1010408(1).jpg
P1010409(1).jpg
P1010410(1).jpg
P1010412(1).jpg
P1010417(1).jpg
P1010421(1).jpg
P1010425(1).jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰