東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

将棋キッズ団体戦  11月23日(月)

2015/11/26 12:48 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

将棋キッズ団体戦という大会が、
11月23日に東京のマイナビルームで行われました。
3人組の団体戦です。

クラス分けがないため、有段者のみでチームを組んで参加しました。
(有段者の子の弟だけでチームが組めるので、一緒に参加しましたが)

東浦和こども将棋教室からのチームは、
Aチーム T.Y君(四段)、S.F君(四段)、H.Y君(三段)
Bチーム M.S君(四段)、O.T君(二段)、N.Y君(二段)
Cチーム O.A君(初段)、A.K君(初段)、I.K君(初段)
Dチーム S.I君(2級)、T.R君(4級)、H.A君(16級)

あと、I.T君(三段)はK.K君たちと埼大附属小チームとして参加しました。

参加チームは全部で39チーム。
津田沼や江古田、棋友館といった有名な大教室からのチームも多く、
どこも強そうです。
会場の熱気もすごいですね。
P1010660(1).jpg

予選は3回戦で、2勝で通過。
Aチームは1回戦を1-2で落としましたが、
その後は危なげなく2勝して予選通過。
Bチームは初戦から2連勝で通過。
大将のM.S君がさすがの強さです。
P1010659(1).jpg
P1010662(1).jpg



Cチームは惜しくも予選敗退。
参加チームのレベルが高いですね。
強豪チームもごろごろいるので、どこと当たるかの運もあります。

弟チームは、2回戦は運よく不戦勝でしたが、
1回戦と3回戦で負けて予選敗退。
2回戦のときには、女流プロの指導対局を受けることができました。
P1010663(1).jpg

あと、埼大附属小チームがまさかの予選敗退。
本当にハイレベルな大会です。

本戦トーナメントでは、Bチームが1回戦で新浜・美浜小チームに勝ちましたが、
2回戦で蒲田LGミニに1-2で惜しくも敗退。
O.T君が途中までは有利でしたが、
相手の終盤力がまさったというところでしょうか。

Aチームは1回戦シードで、2回戦から。
初戦は基将会Bと。
相手は予選で戸塚Aに勝っている強豪チームでしたが、2-1で勝利。
予選1回戦では頓死(うっかりの逆転負け)してしまったS.F君が、
ここでは時間を最後まで使って慎重に寄せていたのが印象的でした。
準々決勝では、棋友館飛龍チームと。
1-1で迎えた大将戦は、T.Y君に終盤逆転のチャンスもありましたが、
惜しくも逃してしまい、敗退。ベスト8になりました。

相手の棋友館飛龍チームはその勢いで優勝。強かったですね。
トーナメント

負けた選手は自由対局で、たくさん将棋を指していました。
中には15局も指した子もいて、大満足の一日だったと思います。

あと、本戦前のときに「しょうぎたいそう」という謎のコーナーがあり、
主催のLPSAの人が作ったらしいですが、
歌と踊りを披露しても選手たちはまったく無関心で、
なんともいえない空間になっていました。
P1010665(1).jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰