東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

4月23日(土)の活動

2016/04/25 02:45 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

すでにお知らせしていますが、
来週4月30日(土)はお休みとさせていただきます。
次回の教室は5月7日(土)です。

先週体験に来たK.Y君、K.S君兄弟(岸町小4年、1年)の入会が決まりました。
級はK.Y君が30級、K.S君は級なしになります。
1人だけ級なしの状態はかわいそうなので、早く強くしたいですね。
駒の動かし方にミスがなくなれば、級をつけてリーグ戦に参加させたいです。
そういえば、2人とも、今いる生徒とイニシャルがかぶっていますね。
まず、K.Y君(9級)をKA.Y君にして、兄をKO.Y君にします。
また、K.S君(24級)をKA.S君にして、弟をKO.S君にします。
複雑ですみません。私がミスしそうですが。

それでは今回の結果です。参加者は38人。
P1010813(1).jpg

A1(四段~3級)は10人。優勝はS.F君(四段)、準優勝はS.I君(2級)。
S兄弟のワンツーフィニッシュです。
今まで同じクラスになることが珍しかったので、これが初めてかも?
S.F君とH.Y君の2人は駒落ちのハンデを厳しくするために、
リーグ戦では仮の五段と四段にしているのですが、
それでもよく勝ちますね。
そのうち本当に五段と四段にしないといけないかもしれません。

A2(4級~10級)は9人。優勝はTA.T君(6級)、準優勝はH.A君(9級)。
TA.T君は5級に、H.A君は8級に上がります。
また、N.T君(10級)も9級に上がります
TA.T君は念願の5級ですね。これで5月の小学生竜王戦もC1級で出られます。
Aクラスに入ったばかりの4人が、台風のようにすごい勢いで級を上がっていきます。
実際、見るたびに強くなっていくのがわかります。
それだけ家でもしっかり将棋の本を読んで勉強していますので。
他の級の子も負けてはいられません。

B1(11級~17級)は9人。優勝はK.R君(11級)、準優勝はS.Y君(13級)。
K.R君は10級に上がります。次回はAクラスに参加してみて、
あまり負けこまないようなら、そのままAクラスとします。
S.Y君は12級に上がります。
また、Y.T君(15級)は14級に、S.RE君(16級)は15級に上がります
もちろん、私が見て実力的に判断する面もありますが、
このクラスは特定の生徒がずっと負け続けることが多いので、
少しでも強くなったと見える生徒は級をどんどん上げていきます。

B2(20級~30級)は10人。優勝はM.M君(20級)、準優勝はI.Y君(22級)。
M.M君は19級に、I.Y君は21級に上がります。
2人とも、平手の相手がいなくなりました。さあ、困った。
初めは大変だけどB1クラスに入って、そこで駒落ちの下手に慣れるのが一番よさそうですね。
級が上がれば、平手で指せる相手はいくらでも出てきます。

以上です。

前回のブログにも書きましたが、
毎年恒例の午後のプラザイーストの将棋教室が、
5月21日から行われます。
詳しくは前回のブログをご覧ください。申込締切は4月30日です。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰