東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

4月24日の日曜教室

2016/04/25 03:31 ジャンル: Category:将棋教室の活動
TB(0) | CM(0) Edit

今月2回目の日曜教室です。
そういえば、月に2回やるのは久しぶりですね。

P1010815(1).jpg


参加者は6人。
初参加はいませんが、S.N君(1級)が久しぶりの参加になりますか。

そのS.N君ですが、私に飛香落ちで勝ちました。
中盤でS.N君に攻めの好手が出て、一気に優勢になりました。
私も気づかなかったくらいの手筋なので、強くなっています。
寄せはもっと確実に決められましたが。
初段になるならそこがもう一歩の課題でしょうか。

H.T君(3級)は、私に三枚落ちで勝ちました。
これは私の完全なうっかりです。失礼しました、というレベル。
でも、攻めに回ったときは強いですね。
最後も長い手数の詰みを読み切りました。

S.I君(2級)との二枚落ちは、私も全然うっかりすることはなく、
定跡を外すなど工夫して指しましたが、それでも私が負けました。
もう二枚落ちは完全に卒業ですね。強くなっています。
S.I君は1級に上がります。
昨日のリーグ戦の成績を見ても、十分やっていけるでしょう。

KA.Y君(9級)は、S.F君(四段)との六枚落ちで、終盤が大熱戦でした。
普通、10級以上離れていれば、終盤で少しでもミスすると上手に簡単に逆転されるのですが、
S.F君を相手にもう一歩のところまで追いつめました。
最後は惜しくも逆転されましたが、
今日一番の驚きといっていいかもしれません。
9級とは思えない終盤力です。

あと、日曜教室では、詰将棋の練習も行っています。
三手詰や五手詰を出題し、頭の中で読み切って解いてもらいます。
目安として、10級以上なら、三手詰は頭の中でスラスラ解けて、
3級以上なら、五手詰が頭の中でスラスラ解けるレベルです。
…それにしては、スラスラといかない生徒もいますね。
他の生徒も、家で詰将棋をやるときは、
頭の中で詰みを読み切ることにもチャレンジしてほしいと思います。
読みの力がかなりつきますので。
大変すぎるようなら、盤に並べてもいいですが。

次回の日曜教室は、5月8日(日)です。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰