東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

6月の千駄ヶ谷 6月19日(日)

2016/06/20 01:05 ジャンル: Category:道場ツアー
TB(0) | CM(0) Edit

暑くなりそうでしたが、涼しくなって助かりました。
6月の千駄ヶ谷将棋会館道場ツアーです。

参加者は10人。
卒業生で中学1年生のT.SU君(初段)が来てくれました。TA.T君と兄弟で参加です。

そのT.SU君ですが、先週の埼玉県の中学生大会で、B級で優勝しました!
将棋埼玉県連のHPにも写真つきで出ています。
T.SU君は道場では1級。久しぶりに将棋を見ましたが、やはり強いです。
この教室だと二段はありますね。今度日曜教室のときなど、ぜひよろしく

今回の昇級者は2名。
TA.T君(5級)は道場では7級。8勝2敗で6級に上がりました。
教室ではTA.T君は4級に上がります
たまに見当ちがいの悪手もありますが、それがなくなってくれば、
今の3級陣にも平手で勝てるようになるでしょう。

午後から参加のSI.R君(14級)は道場でも14級。
今回、3連勝で13級に上がりました。
教室では不調でしたので、いい自信になtりましたね
教室で13級にするかは、まだこれからとしておきましょう。

昇級者は以上ですが、今回はがんばった生徒が多いです。
H.Y君(三段)は道場の初段で4勝1敗でした。
たった5局ということは、それだけ大熱戦が多かったということ。
終盤のねじり合いに持ち込めば、千駄ヶ谷の初段クラスが相手でも実力は完全に上です。

S.N君(1級)とH.T君(3級)は、勝った将棋はすごく強かったが、
負けた将棋は全然さっぱりという、波がありました。
いいところだけを見ればそれぞれ初段以上と2級以上の内容なんですが
H.T君が寄せの手筋をかなり使えていたので、その点では成長しています。

N.T君(7級)は、ちゃんと考えたときはいい手が出るのですが、
終盤の大事な局面でなぜかノータイムで指してしまうことがあり、
それで詰みを逃したり逆に詰まされることがありました。
大事な局面ほど、あせらずに盤面をよく見て指しましょう。

TI.T君(1級)は道場では5級なので、これは上がらないといけないレベル。
はじめ6連勝しましたが、その後2連敗。
H.T君との平手戦に負けたのが痛かった。
全体的に内容はいいので、次回こそはいけると思います。


次回の千駄ヶ谷は7月17日の予定です。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰