東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第12回小学校将棋団体戦埼玉県大会   6月26日(日)

2016/06/28 14:39 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

今年も小学校団体戦の日がやってきました。
会場は与野本町コミュニティセンター。
P1010830(1).jpg

全部でA級11チーム。B級7チーム。昨年と比べると少なめの参加になりました。
P1010831(1).jpg

東浦和こども将棋教室からは、
他の教室との混合チームを含めると7チームが参加。

A級は予選4回戦を行い、上位4チームで決勝トーナメント。
3位までが埼玉県代表として7月25日の東日本大会に出場します。

まずは芝原小。
S.F君(四段)、H.Y君(三段)、S.I君(1級)の3人で、
優勝候補と言われていたチームです。

予選は4勝0敗でしたが、内容的には危ない将棋ばかりでした。
プレッシャーで固くなっていたのもありましたが。
それが響いてか、本戦1回戦では常盤小に1-2で敗退。
なんとか3位決定戦で越谷大沢小に勝ち、3位で代表になりました。
勝たなければ、というプレッシャーがかかる中、
実際に勝ち切るのは精神的にも大変なことです。よくがんばりました。
しかし、東日本大会に向けては、もっとパワーアップしないといけません。
P1010854(1).jpg


優勝は埼大附属中。2年連続の優勝です。
S.N君(1級)、K.K君(三段)と丹野教室のN.K君の混合チームです。
副将にエースのK.K君を持ってくるのは例年通りの作戦。
K.K君は個人的にも3年連続の代表。すごく安定した指し回しでした。
また、N.K君は大会で見るたびに強くなっている印象です。
東日本大会も期待できますね。
P1010852(1).jpg


A級では他に岸町小や三室小という有力なチームも出場しましたが、
惜しくも本戦入りならず。
昨年は代表になった三室小ですが、今年は相手も強かったか。

B級は7チームによる総当たり戦。
昨年もそうでしたが、B級なのにレベルが高いという、不思議なところです。
教室からは芝原小Bと中尾小、あと混合チームで本太小も出ましたが、
残念ながら壁は厚かった。
それぞれの生徒は、普段の教室のときよりも集中できており、力は発揮できていました。
特に芝原小のH.H君(15級)は、やればかなりできる印象でした。

B級の芝原小と中尾小は、そのまま来年も組めます。
また、今回出場を見送ったチームもありましたが、
来年はB級に出したいと思います。
それを目標に、がんばっていきましょう。

あと、代表の2チームは、さらに練習ですね。

P1010832(1).jpg
P1010833(1).jpg
P1010834(1).jpg
P1010839(1).jpg
P1010835(1).jpg
P1010836(1).jpg
P1010846(1).jpg
P1010847(1).jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰