東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第2回さいたま市小中学生将棋王将戦 4月9日

2017/04/20 13:53 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

4月9日(日)に北浦和公民館で行われた、さいたま市小中学生王将戦です。
参加者は全部で194人。今回も多いですね。初級者・初心者の参加が多いです。

東浦和こども将棋教室からは、新中1も入れて17人。
うーん、もっと来てもいいかな。
慰安戦や抽選会もあるので、将棋好きな子なら棋力を問わず楽しめると思います。

私は王将戦・上級・中級・親睦Aクラスの審判を務めました。いわゆる2階の担当です。
みんな礼儀正しく指せており、全く問題ありませんでした。
P1020274(1).jpg

それでは上のクラスから。
最上位の王将戦は、新中一のS.F君とH.Y君が参加。結果は2人仲良く3勝2敗。
優勝は岸町小のA君。この前の小学生名人戦の代表であり、この大会でも本命でした。
3局目、S.F君がA君に勝てそうなチャンスはあったのですが、
終盤一手間違えると完全に逆転されました。A君の終盤力はさすがです。

有段者クラス(初段~二段)では、新中一のO.A君(二段)が優勝しました
他県から強い子が多く集まる中、この優勝は立派です。
4勝1敗で勝ち点差での優勝なので、運もありましたが。
それだけ、強い相手にも勝っていたということです。

上級(1~3級)はN.T君(1級)、I.G君(2級)が参加し、ともに2勝3敗。
他県の子が強いですが、見たところ有段者という感じでもないので、
2人とも力が出し切れずにいた印象です。これもいい勉強では。

中級(4~6級)には教室からは最多の5人が出たものの、入賞者はなし。
大会初参加のK.M君(6級)が3勝2敗と健闘しました。
お父様が後ろでずっと対局を見ていたのが印象的です。熱心ですね。

初級(7~9級)では、K.H君(4級)が4勝1敗で準優勝しました
さすがにクラス違いかなという気はしますが
むしろ1敗したのが驚きです。このクラスでK.H君に勝てる子がいたんですね。
次は中級で、いや、教室で級が上がれば上級になるので、それを目指しましょう。

親睦A(10級~12級)は教室からの参加者は無し。

親睦B(13級以下)では、O.N君(16級)が3位に入りました
5勝0敗です。しかし全勝が3人いて、勝ち点の差で3位に。
うーん、私が1階を担当していたら、3人で優勝決定戦までやるのですが。時間もありましたし。
本人は不満そうでしたが、それでも全勝は立派です。自信を持っていいです。
あとはその勝負強さを教室でも発揮してください。

P1020277(1).jpg


本戦が終われば慰安戦で、これまたたくさん将棋を指し、表彰式と抽選会(賞品多数!)をやって終了しました。
抽選会では、賞品が当たったのに帰っていた子がけっこういました。惜しい。
実はこの教室からも数名。なんで帰ると当たりやすいのか?
まあ、でも、無事に終わりました。みなさんお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰