東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第13回中学校将棋団体戦埼玉県大会

2017/06/20 12:55 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

中学生の大会ですが、当教室の卒業生たちが快挙を果たしました。

6月18日にカルタスホールで行われた中学校団体戦埼玉県大会。
同じ中学校から3人組のチームで出場します。
A級とB級に分かれ、A級は3位までが埼玉県代表として、東日本大会に出場します。
参加校はA級が9チーム。B級が16チーム。
IMG_0454.jpg


A級は2つのブロックで予選。それぞれ勝ち上がったチームでトーナメントを行います。
Aブロックには三室中学校(坂本、福井、橋本)。3人とも教室の卒業生です。
予選2回戦で所沢向陽中と対戦。かなりの強豪校で、予選の大一番です。
大将の坂本君は負け、副将の福井君もほぼ必敗形でしたが、
相手が王手を見逃すという強運に恵まれ、奇跡の大逆転勝ち。
三将の橋本君も勝って、なんとか2-1で勝利しました。
これで予選通過。もし負けていたらその後の展開では代表落ちもありえたので、
この一番に勝ったのは大きかった。

Bブロックには埼大附属中。副将の小林君と三将の井上君が教室の卒業生です。
ここも予選2回戦で、戸田新曽中という強豪校を相手に、
小林君が敗勢の局面から粘りに粘って逆転勝ち。
「団体戦男」と勝手に呼んでいますが、このようなプレッシャーのかかる大一番で、
力が発揮できるのは本当にすごいと思います。
これで埼大附属中も予選通過。

本戦トーナメント準決勝では、三室中が所沢上山口中に3-0で勝ち、
決勝進出とともに代表入りが決まりました。
また、埼大附属中も新曽中に再び2-1で勝利し、決勝進出です。

というわけで、決勝で三室中対埼大附属中という、夢のカードが実現しました。
IMG_0457.jpg

結果は、副将は埼大附属中の小林君が勝ちましたが、
三室中は大将の坂本君と三将の橋本君が勝ち、
2-1で優勝となりました。

IMG_0463.jpg

IMG_0464.jpg

7月24日に東京大手町のサンケイビルで東日本大会が行われます。
それまで各自がレベルアップを図れば、十分に全国大会が狙えると思うので、
頑張ってください。


B級では、大谷場中が準優勝しました。
大将の髙田君と三将の上野君が教室の卒業生です。
B級はスイス式で4回戦行い、大谷場中は3勝1敗の成績でした。
正直、髙田君はB級だとレベルが違った感じでしょうか。上野君はよく頑張りました。
IMG_0456.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰