東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第13回小中学校将棋団体戦 東日本大会 7月24日

2017/07/26 02:57 ジャンル: Category:将棋大会
TB(0) | CM(0) Edit

IMG_0497.jpg

今年もやってきました。小中学校将棋団体戦の東日本大会です。
会場は今年も大手町サンケイビル。

IMG_0499.jpg


東日本地区から小学校・中学校それぞれ32校が集まり、
そのうち2校ずつが全国大会に進めます。
予選は8校ずつ4ブロック。3回戦行い3連勝した1チームが決勝進出。
決勝は4チームでトーナメントですが、1回戦で勝った2チームがそのまま全国大会に進めます。
毎度ながらわかりにくいシステムです。

中学の埼玉県代表は、
坂本君・福井君・橋本君の三室中学校や小林君・井上君の埼大附属中など3校。
埼玉県大会の優勝校であり、
その実力から全国大会出場が期待された(私や小島さんなどから)三室中ですが、
予選1回戦で岩手中学校(前回全国出場の強豪)に当たり、惜しくも1-2で敗戦。
たら・ればを言えばきりのない内容でしたが、それも含めて運も実力のうちです。
IMG_0500.jpg

気がつけば、埼玉代表の3校はいずれも初戦負けてそのあと2連勝。
仲良く2勝1敗で予選を終えました。

さて、小学校ですが、埼玉県大会優勝の川口市立戸塚東小学校に、同じく期待が集まりました。
エースのS君やM君(ともにドラの穴)に、東浦和こども将棋教室のH.T君(1級)の3人です。
写真では手前が大将で、S君、H.T君、M君の順です。
IMG_0502.jpg

とにかく3人とも予選から絶好調でした。
1回戦は千葉県の代表に3-0で勝ち、2回戦の山形県代表(山形県は毎年強い)にも2-1で勝ち、
決勝進出をかけた3回戦では、岩手県のチームに3-0と圧勝するという完璧な勝ちっぷり。
H.T君が1回負けただけで(相手はおそらく有段者)、あとは全勝です。

埼玉県の小学校が予選を突破するだけでも久しぶりですが、もうそれだけでは満足しません。
目指すは全国大会、それにはあと1勝です。

決勝はくじ引きで決まり、相手は茨城県代表、つくばみらい市立陽光台小学校。
関東でも有名な強豪兄弟のいるチームで、同じく予選では1局負けただけ。
一番当たりたくない相手でした。
IMG_0510.jpg

一番最初に決着したのは三将で、M君が一気の寄せで勝利。まず1勝。
副将のH.T君は、中盤で相手のミスがあり駒得の優勢に。
あわてて無理攻めに出た相手を、落ち着いて攻め駒を奪いに行き、さらに優勢を拡大。
このあたり、本当に強くなったなと見ていて思いました。
プレッシャーのかかる大一番で、この指し回しは見事です。
完全に駒不足の相手を、最後は慎重に追い詰めて、勝利しました。
これで全国大会出場決定です!すでに全国ベスト4以上は確定です。
最後は、白熱の大将戦をS君が勝ち切り、決勝でも3-0での勝利です。
S君もM君も神がかっていた強さでした。

IMG_0521.jpg

さて、そうなると全国大会ですが、8月8日に場所は同じくサンケイビルで行われます。
私も急きょ休みを取って、応援に駆けつけます。
もちろん、ここまで来たら、目指すは日本一です。
東日本と西日本と2校ずつで、1回戦は必ず西日本と当たります。
なので、どこと当たるかまだわかりませんが、
全力を出し切って悔いのない将棋を指してほしいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。2017年6月から2018年3月までプラザイースト長期休館のため、その間は尾間木公民館に移動の予定。現在のところ、新規会員の募集は行っておりません。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰