FC2ブログ

東浦和こども将棋教室ブログ

「考える力をつける」をモットーに、楽しく活動しています。教室の活動内容をブログで紹介していきます。

第1回親子ペア将棋大会  8月26日(日)

2018/09/01 13:58 ジャンル: Category:将棋教室内イベント
TB(0) | CM(0) Edit

8月26日に行われた、第1回親子ペア将棋大会の開催報告です。
もちろん初めての試みです。
参加者は9組も集まってくれました。

基本ルールは、親子が交互に指して相手ペアと対局する。それだけです。
ハンデとして、子供の級が3級差ごとに、交代カードが1枚使えます。
交代カードを使うと。私が代わりに1手指すことができる、という微妙なハンデです。
スイス式トーナメント4回戦。5位まで入賞。

まず初めに言っておきますと、ペア将棋というのは難しいのです。
対局中は会話することは禁止なので、二人の息が合ってないといけません。
将棋というのは相手の指す手を読んで考えますが、この場合、味方の指す手の意味や狙いも考えなくてはいけないので、かなり大変です。

それでも、見ていますと、予想以上といえば失礼ですが、親子の息がとてもよく合っており、攻めや守りといった方針も、連係が取れて一貫していました。このあたりは、さすが親子ですね。
なお、交代カードは、効果的な局面でズバリ使えたペアや、最後まで温存していたペアなど、さまざまでした。

それでは優勝者から順に、入賞者の発表です。

優勝はI.Y君(1級)ペアでした。4戦全勝の完全な優勝です。
とにかくI.Y君の攻めが強く、父親も攻めの勢いを落とさずに一緒に攻めることができました。

準優勝はO.N君(6級)ペア。3勝1敗でした。
初戦でI.Y君親子に敗れたものの、そこから3連勝で巻き返しました。
父親も将棋が大好きで、保護者会でも飲みながらよく他の方と指しており、そこでの練習の成果(?)が実ったというところですか。

3位から5位は2勝2敗ですが、勝ち点の差で順位が決まりました。

3位はK.M君(12級)ペア。Bクラスから唯一の参加です。
しかし、K.M君の指し手がするどくて、見ていて驚きました。
父親との連係もうまく取れていました。

4位はW.R君(3級)ペア。唯一、母親の参加です。なんでも主人が急用で来れなくなったそうで。
それでも、お母様が強いので驚きました。
2回戦のSA.Rペアとの対局では、2人で協力して長い手数の詰めを詰ましました。
ペア将棋でしっかり詰ませ上げることはなかなか難しいのです。

5位はH.K君(2級)ペア。
H.K君はもちろん、父親も本格的な将棋で、しっかりと狙いのある手を指していました。
内容的にはかなり強かったです。
1回戦でK.M君ペアに終盤の逆転負けを食らったのが残念でしたね。


賞状も楯も出せないので、その分賞品は豪華にしました。
たとえば、優勝賞品は扇子2本セット(加藤一二三先生、森内俊之先生)。親子で使えます。
大事に使ってください。

初めはどうなるかと思いましたが、大会後にいただいたメールによると好評だったようで、ほっとしています。
手探りで始めた企画なので、改善点などありましたら何でも言ってください。
第2回は、時期はわかりませんが、行います。
半年後で来年2月ごろでしょうか。
またよろしくお願いします。


IMG_1406.jpg
IMG_1379.jpg
IMG_1402.jpg
IMG_1393.jpg
IMG_1385.jpg
IMG_1381.jpg
IMG_1387.jpg
IMG_1396.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)

Author:田中直人(日本将棋連盟公認将棋普及指導員)
小学生対象の将棋教室です。
さいたま市のプラザイーストで、毎週土曜日午前9時30分から午前11時30分まで。現在は新規入会者を募集中です。初回は無料体験になっております。入会金4000円月謝3000円。

おすすめの将棋マンガ1
おすすめの将棋マンガ2
将棋のルールはこれ1冊でOK
棒銀戦法がよくわかる初心者向けの本
序盤の形がよくわかる本
中盤のいろいろな手筋や考え方
終盤の手筋をまとめた本
初級者・中級者はやっておくべき問題集
やさしい3手詰めの入門書
実戦形のやさしい5手詰